青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
三保ヶ崎 みほがさき
所在地:(堅田・近江今津方面)大津市浜大津四丁目
    (浜大津方面、大津市内総合線市役所前・滋賀里方面)大津市浜大津三丁目
開設年月日:不明
付近:京阪三井寺駅 大津観音寺郵便局
キロ程:浜大津から0.5キロ


三保ヶ崎【京都今津線72-1】を以て本記事に読み替えますので、ご参照願います。

次は、大門【大津市内総合線】/競艇場前【京都今津線・大津比叡平線・大津市内総合線他】です。
本シリーズとしては競艇場前に進みます。
6年前の昨日、2011(平成23)年3月19日大津比叡平線のうち、大津京駅-浜大津間が廃止されました(最終運行日18日)。早いものです。
ごく短い距離である上、三保ヶ崎や競艇場前は京都今津線の項で、既に大津比叡平線の廃線にも言及しているため、バス停として全く取り上げていないのは尾花川くらいなのですが、16号経路と統合する形で66、66A号経路が延伸して間もなく1年経ちますので、そちらとも併せて数回おつきあい下さい。

浜大津 はまおおつ
所在地:大津市浜大津一丁目
開設年月日:不明
付近:京阪浜大津駅 京阪大津ビル 浜大津港 明日都浜大津 スカイプラザ浜大津 NTT西日本滋賀支店(旧日本電信電話公社大津電話局) 旧大津公会堂 浜大津郵便局
キロ程:


↓大津比叡平線は、湖西方面の扱いで、2番乗場から発車していました。

ssIMG_3770.jpg

末期は1日1.5往復でした。
[浜大津【大津比叡平線 延長と短縮の歴史1】]の続きを読む
大津京駅(西大津駅) おおつきょうえき(にしおおつえき)
所在地:大津市皇子が丘二丁目
開設年月日:1974(昭和49)年7月20日(大津比叡平線としては1982(昭和57)年11月7日)
改称年月日:(バス停の)2008(平成20)年4月21日 西大津駅→大津京駅
付近:JR大津京駅 京阪皇子山駅 イオンシティ西大津 大津市立皇子山中学校 皇子山球場 皇子山総合運動公園
キロ程:山上町から0.7キロ




私にとっては比叡平線や西大津バイパス線の影が濃くて、迷ったのですが、一応大津市内総合線としても取り上げたいと思います。大津比叡平線としての大津京駅については、大津京駅(西大津駅) 【大津比叡平線30周年記念特集1】をご覧下さい。

↓少し遠くて分かりにくいですが、山科のBタイと曽て大津に何台もあったレインボーとの並びです。

IMG_2645_201501101620505eb.jpg

今も大津比叡平線の一部が山科管轄のまま残っていますが、大津比叡平線が全て山科管轄だった時は、ここが大津営業所との「分水嶺」でした。今は文字通りの『分水嶺』が比叡平に上がってしまいました。

↓今や風前の灯火のような西大津バイパス線も、少し前までこんな本数でした。
[大津京駅(西大津駅)【大津市内総合線 大津北地区以北11】]の続きを読む
山上町 やまがみちょう
所在地:(北行き)大津市山上町
    (南行き)大津市御陵(ごりょう)町
開設年月日:不明
付近:県立スポーツ会館 県立皇子山球場
キロ程:市役所前から0.2キロ


地味で影が薄いバス停ですが、地名は江戸時代から続いていて、園城寺(三井寺)領とされてきたということです。もともとは皇子が丘、茶が崎、御陵町、桜野町、松山町、柳が崎、比叡平なども含む広大な地名でしたが、1966(昭和41)年以降住居表示制の施行などで先述のような町が分離(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P705)して、現在の山上町の民家のほとんどは、市役所と皇子が丘公園に挟まれた、県道伊香立浜大津線の西側の一角に集まっているようです。



↓大津京駅より、こここそ京阪電車の皇子山駅の最寄バス停かもしれません。

IMG_5489.jpg

↓ちょうど「日本天台三総本山連絡バス」の大津京駅発大津駅行きが通りかかりました。
[山上町【大津市内総合線 大津北地区以北他10】]の続きを読む
皇子ヶ丘 おうじがおか
所在地:(北行き)大津市皇子が丘一丁目 (南行き)大津市桜野町一丁目
開設年月日:?
付近:皇子が丘市民会館 皇子が丘会館 関西アーバン銀行皇子山支店
キロ程:山上町から0.7キロ 大津京駅(西大津駅)から1.2キロ
改称年月日:不明(漣町→皇子ヶ丘)


皇子ヶ丘【大津比叡平線30周年記念特集2】を以て本記事に読み替えますのでご参照のほどお願い致します。

次は錦織町です。
錦織町 にしこおりちょう
所在地:(北行き)大津市皇子が丘一丁目 (南行き)大津市錦織二丁目
開設年月日:?
付近:京阪近江神宮前駅 京阪電鉄大津列車区・錦織(にしごおり)車庫 大津錦織郵便局 錦織遺跡 
キロ程:皇子ヶ丘から0.2キロ


錦織町【大津比叡平線開通30周年記念特集3】を以て本記事に読み替えますのでご参照のほどお願い致します。

次は 近江神宮前です。
近江神宮前 おうみじんぐうまえ
所在地:大津市神宮町
開設年月日:1940(昭和15)年11月7日?
付近:近江神宮 近江神宮附属近江時計眼鏡宝飾専門学校 柳川一丁目自治会館 大津自動車教習所
キロ程:錦織町から0.5キロ


近江神宮前【大津比叡平線開通30周年記念特集4‐1】及び近江神宮前【大津比叡平線開通30周年記念特集4‐2】を以て本記事に読み替えますのでご参照のほどお願い致します。

次は榧尾【大津比叡平線他】/神宮住宅前【大津市内総合線】/二本松住宅前【大津市内総合線】/柳ケ崎【大津比叡山線】です。

※本シリーズとしては「二本松住宅前」に進みます。
市役所前 しやくしょまえ
所在地:大津市御陵町
開設年月日:不明
付近:大津市役所 大津市消防局 滋賀銀行市役所出張所 大津市役所内郵便局 滋賀県立大津商業高等学校 皇子山陸上競技場 滋賀県警察学校 滋賀県警察本部機動隊庁舎 (現在ないもの)財務省近畿財務局大津財務事務所
キロ程:別所から0.3キロ

 


京阪バスに2か所ある「市役所前」バス停の1つです。(もう1つは高槻の「市役所前」)
公式サイトでも区別するため、大津市、高槻市の記載があります。

↓南向き全景。右に見えるのが市役所本庁舎です。

IMG_5505.jpg

↓北向き全景
[市役所前【大津市内総合線 大津北地区以北他9】]の続きを読む
別所 べっしょ
所在地:大津市御陵町
開設年月日:不明
付近:滋賀県立大津商業高等学校 大津市歴史博物館 大津市民文化会館 別所合同宿舎 大津市伝統芸能会館(旧大津営林署跡)
キロ程:三井寺から0.3キロ


私も改めて調べて軽い驚きを覚えたのですが、別所というのは現行の正式な行政地名ではありません。大津市内に住んでいると、京阪電車の別所駅がイメージにあるので、町名のように感じてしまっていたのかもしれません。



『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』(1979)には、
「園城寺の別所」(P623)
と書かれていますが、「別所」というのはよくある「○○別院」というのと同じようなもので、寺の分院や離れた領地、というくらいの意味のようです。
もともとは村の名前で、明治22年から昭和初めまでは大津市の大字とされていました。大字が残らずに消えてしまうのは珍しいのではないかと思いますが、1961(昭和36)年に、今の市役所や県立大津商業高校などがある御陵町が成立して、そちらに取り込まれてしまったようです。
[別所【大津市内総合線 大津北地区以北他8】]の続きを読む
三井寺 最終回です。

↓境内ではクジャクと烏骨鶏が飼われています。

IMG_1964.jpg

クジャクは残念ながら羽を広げてくれませんでした。そもそもインド原産の鳥なので、寒がりなのでしょう、行った時は秋でしたし、自分が彼らなら、わざわざ寒いのに体を広げたくなんかないわ、丸くなっておこう、と思うことでしょう。

↓クジャクが飼われているのもちゃんと理由があってのことなんですね。貪る、嗔(いか)る、愚痴るを取り除く…耳が痛いです。

[三井寺【大津市内総合線 大津北地区以北7-3】]の続きを読む