青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
2016(平成28)年6月1日付拙稿石山団地50周年で、「現在の31号経路の石山高校前-石山団地口間は、開通の経緯が異なるので別途取り上げます。ご了承のほどお願い申し上げます」と書いて以来約2年経過してしまいました。この中途半端に残った区間、バス停にして4か所だけですが、全て大津営業所移転25周年の節目に誕生した、ということで取り上げていきたいと思います。

国分一丁目 こくぶいっちょうめ
所在地:大津市国分一丁目
開設年月日:1993(平成5)年6月20日
付近:
キロ程:石山高校前から0.3キロ



現在の大津車庫での営業が開始される前から、いわゆる「国分バイパス」の整備が進められ、石山高校前から仏神寺までがまっすぐに通り抜けられるようになったわけですが、その中の中心的なバス停が、この国分一丁目で、石山団地系統は、石山寺経由に対して、このバス停名から「国分一丁目経由」と旅客向け案内されるのが普通です。

しかし、地味なバス停で、私がこの辺りの地理に明るくないということもあり、正直なところ何を書いたものだろうかという感じです。

↓石山駅方面全景

IMG_4092.jpg

↓石山団地方面全景

IMG_4096_20140706220854f99.jpg

↓石山駅方面のポール。向こうに石山団地方面のポールが見えます。

IMG_4097_20140706220853d89.jpg

↓ベンチがこの位置だと、ゆっくり座って待っていたらバスが通過してしまいそうです。

IMG_4095.jpg

↓こちらは石山団地方面。大津営業所管内では新しい方のバス停ですが、それでもヘッド部分に年季が入っているな、と思います。

IMG_4091_20140706220805a67.jpg

↓石山団地方面をふと見ると、B-3969らしき回送が…

IMG_4094.jpg

ここはさすがに入出庫の回送の通過が多いです。何なら営業運転より多い??
山手幹線ができてからは、競艇場無料送迎バスの回送は、通常山手幹線が使われているようです。

次は、仏神寺です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/997-222a6cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック