青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
間に別の話題を挟みながら、ゆっくりゆっくり、それこそ旧道をジリジリ走るバスのように、半年以上もかけて、9月、旧大津市内線の特集を終えました。

「取材」は実は4、5年前、まだこのブログがないような時からスタートして、ブログを初めてから、写真が足りないところや納得のいくような写りでないところを、場所によってはそれこそ更新の直前までかけて撮影したり、記事をチェックしたりしておりました(それでも誤字脱字をする情けなさ…)。

石山駅から北、湖岸道路と国道1号線に挟まれた、京阪電車沿線の地域は、私の頭の中では全くの白地図状態でしたが、今回の取材で、膳所の古い街並みを楽しみながら歩くことができ、大変有意義でした。

最近、1964(昭和39)年1月6日現在の路線図を入手したため、それによって判明したバス停名の変更等はできるだけ本編中でも反映させましたが、この路線図によって判明したキロ程は、あとから付け加えるとややこしくなるので、ここで総括します。

↓バス停名の新旧名称対照と、キロ程を以下のようにまとめました。

s-CCI20141013_00002.jpg

長等公園下【旧大津市内線2】の回で、

ただとにかく、どうもここを「三井寺下」と呼んでいた時期があったのは確かなようで、1970(昭和45)年版の都市地図では、ここが「三井寺下」で、旧大津市内線でもともと「三井寺」と呼んでいた位置、つまり前回の記事のバス停の位置にはバス停はありません。何らかの事情で短縮されたのかと思われます。



と書きましたが、やはり1964(昭和39)年1月6日の時点ではもう当初の起点の「三井寺下」はなくなっていて、長等公園まで短縮されていたのでしょう。

そもそもこの旧大津市内線が、いつ廃止されたのか、その後どうなったのかという部分について、『京阪自動車五十年史』(1972)でも断片的なことしかわかりません。

ただ、比較的有力な情報が1967(昭和42)年11月12日付滋賀日日新聞に掲載されていました。

京阪バスはこれまで旧国道を通っていたが、道路幅が六メートルと狭く、バスの離合が困難なうえ交通事故も多いため、さる五月初め湖岸道路を通る路線に変更した。



一方で、「京阪自動車五十年史」には、1968(昭和43)年6月17日に「大津市内線7.9キロ廃止許可」という記述があり、これほどの規模だと旧大津市内線としか考えられないのですが、湖岸道路経由の路線の開通よりも日付が後ろというのがよく分かりません。暫く休止扱いにした上で廃止にしたのでしょうか。

なお、廃止された有楽座前-県立病院前(現・衛生科学センター前)間、東レ前-中ノ庄間、膳所公園前-膳所駅-大津署前間の距離の総和が6.5キロ、これに、現在は路線がない京町通の札の辻から有楽座前にかけてや、県庁前-島の関間1.4キロを加算すると、7.9キロになることはなります。
しかし、路線の免許というのはバス停からバス停で距離を計算するとは限らず、例えば現在の晴嵐交差点から県病院前にかけては路線が廃止されていないので、こうした部分は本当は省かなければなりません。そういうことを考えると、どこが廃止されたのか、区間がはっきりしないのが非常に残念です。


ただ、別の回でご紹介する予定ですが、先述の1967(昭和42)年11月12日付の新聞記事の内容から旧大津市内線を継承したのは、湖岸道路経由の系統だということは間違いないと考えられます。

次回からは、旧大津市内線を継承した路線としての、現在の湖岸系統を中心に取り上げていきたいと思います。

別に旧大津市内線の「打上げ」じゃないんですが京町通-大津駅間にある「下田屋」さん、よその地方の友人に、どうせなら滋賀県のものを食べてもらいたいと思って行きました。湖魚を比較的安価で食べられるところ、ということで探したのです。旧大津市内線の記事のスタートである、昨年12月17日付拙稿旧大津市内線生誕60周年が、朝食の話で始まったので、最後はおばんざいで締めたいと思います。

IMG_2320.jpg

IMG_1860_20140302230535611.jpg

↓なかなかホンモロコなんてそこら辺で売ってないですよね。

IMG_1863_20140302230533f41.jpg

↓ビワマスのお造りと…

IMG_1864.jpg

↓鮒ずし

IMG_1862.jpg

滋賀県民を長年やっておきながら、生まれて初めての挑戦…。魚なのに漬物みたい、とどこかに感想が載っていましたが、正にそれですね。もっと臭いのかと思いましたが、そんなことはありませんでした。

おいしいものを食べて、次回からは湖岸道路の旅です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/994-7f1ae688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック