青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
前回に続き御殿が浜、今回は浜大津方面などを取り上げます。

↓浜大津方面のポール

IMG_1098.jpg

浜大津方面のポールは、1998(平成10)年版の住宅地図までは、旧大津玉姫殿(現・NIHO)の建物の西北の端、浜大津寄りのこの辺りにありましたが、それ以降現在地に移転したようです。

IMG_1095.jpg

IMG_1109.jpg

そう、御殿ヶ浜と言って忘れてはならないのは、バスのアナウンスでも流れていた、玉姫殿です。

↓先述の通り、現在は「NIHO」として模様替えされています。

IMG_1157.jpg

最近は、「玉姫殿」という名称の式場は少なくなっているようです。今調べて分かったのですが、「玉姫殿」という名前の式場は全国各地にあったものの、別に同じ会社のチェーンということではなく、地域によって運営する母体が異なっているということです。

↓石山駅方面に向かうバスは、現在全て、この写真で奥に見える信号を右折します。

IMG_1096.jpg

↓こちらは衛生科学センター前方面に向かう道

IMG_1088.jpg

↓京阪バスの写真は持っていませんが、私が見ている時にたまたま近江バスが通過していきました。ここで右折です。

IMG_1089.jpg

現在は右折するバスしかありませんが、曽ては直進するまたは直進してくるバスもありました。

本シリーズでは、湖岸道路を直進する方の旧経路を取り上げます。

次は、衛生科学センター前/粟津中学校前です。
(衛生科学センター前回りは、旧大津市内線の記事を以て読み替えますので、本シリーズとしては次回は粟津中学校前に進みます)

IMG_1115.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/979-a874152b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック