青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
前回に引き続き、三保ヶ崎です。

ssIMG_3675.jpg

現在、堅田・近江今津方面のバス停に停車する、京阪バスの定期路線バスは1本もありませんが、比較的最近(2011年3月18日)まで、大津比叡平線が停車していました。

↓山科営業所管轄だったため、地下鉄連絡券に関する説明が貼り付けられています。

ssIMG_3773.jpg

↓橋としては珍しくカーブしている尾花川橋を渡って行きます。
ssIMG_3801.jpg

今となっては到底信じられませんが、1962(昭和37)年12月21日付朝日新聞滋賀版によると、もともとこの橋はなくて、何と一旦現在の観音寺西交差点、曽て江若鉄道の踏切があったところに一旦入ってから、現在一般定期路線バスは片側通行になっている競艇場のバスターミナル裏手の道を通らざるを得なかったことが分かります↓

S37.12.21A 第二疎水架橋工事b

そうです、つまり三保ヶ崎の第1回で取り上げた「路線バス除く」の標識のある道が旧国道161号線で、そこをバスが通っていたから、今も「路線バスを除く」の標識があるのではないかと考えられるのです。
ただ、既に橋が開通した後の、昭和45年大阪人文社版の『奈良県・滋賀県市街地図集』ではその道にまだバス路線が描かれてはいます。

↓回数券共通乗車制度の案内が貼られたままです。

ssIMG_3678.jpg

この制度の利用度はどのくらいなのかな、と思っていたのですが、石山駅以北だと、今でも近江のみならず、帝産の回数券で京阪バスに乗っているひとを見ることがあり、一応それなりに認知はされているのだな、と思います。

↓ベンチの影で非常に見にくかった時刻表

ssIMG_3677.jpg

↓大津比叡平線廃線の案内が掲示されています。

ssIMG_3674.jpg

↓北行きバス停北向き全景

ssIMG_3680.jpg

↓南向き全景

IMG_5459_20141221215251c69.jpg

↓2014(平成26)年、大津比叡平線が通らなくなって3年後に再び訪れると、バス停は新しくなっていました。

IMG_5461_20141221215252e30.jpg

↓新三保ヶ崎橋も、尾花川橋も、疎水に架けられた橋です。こちらは新三保ヶ崎橋、つまり三保ヶ崎バス停に近い方の橋から見た第1疎水の入口です。

ssIMG_3682.jpg

尾花川の街へ入る所に疏水の河口がある。ここから運河が山に入るまでの両側は、枳殻(からたち)が連つてゐるので、秋になると、黄色な実が匂を強く放つて私たちを喜ばせた。運河の山に入る上は三井寺であるが、ここ境内一帯は、また椎の実で溢れたものだ。去年の私は久しぶりに行つてみたが、このあたりだけは、むかしも今も変つてゐない。明治初年の空気のまだそのままに残つてゐる市街は、恐らく関西では大津であり、大津のうちでは疏水の付近だけであらう。(横光利一『琵琶湖』より)



現在の長等小学校、中央小学校に学び、『機械』『春は馬車に乗って』など、日本文学史に欠くことのできない足跡を残した横光利一(りいち 本名はとしかず)(1898-1947)が今のこの景色を見たら……何というでしょう。

↓尾花川橋の、競艇場側のたもとで暮らしていたネコ。

IMG_3805.jpg

IMG_3803.jpg

大津比叡平線の大津京駅以南の廃止時に撮影したのですが、3年半程して通りかかった時には、1匹も見当たりませんでした。どこかで元気にしていてくれるといいのですが…。

浜大津方面のバス停は、大津市内総合線の北行とまとめて、次回取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
子供の頃 京阪電車の最寄り駅は「三井寺」
大津駅方面に行く時のバス停は「三保ヶ崎」 近江神宮方面に行く時のバス停は「大門通」でしたから、なんとも懐かしい記事で見入ってしまいました。

新聞記事の橋は物心つき始めた頃に工事していました。ショベルカーが琵琶湖を掘っていたような記憶があります。
それまでは家から夏の水泳シーズンの混雑が見えたり 自衛隊の戦車が走っている様子が見えたり、でも時にはロバのパンが走っていたり(笑)
そんな場所にいました。

琵琶湖周航の歌の碑があった奥にあった旅館は シシク もしくは 八景館でした。 後ほど 年上の友人に確認してみます。
2017/02/15(水) 17:23:17 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
Re: タイトルなし
> 子供の頃 京阪電車の最寄り駅は「三井寺」
> 大津駅方面に行く時のバス停は「三保ヶ崎」 近江神宮方面に行く時のバス停は「大門通」でしたから、なんとも懐かしい記事で見入ってしまいました。

今日から「大門」の記事を公開しているのですが、「大門通」という名前だったのですね。

> 新聞記事の橋は物心つき始めた頃に工事していました。ショベルカーが琵琶湖を掘っていたような記憶があります。

それはすごいご記憶ですね!でも、当時小中学生、或いはそれ以上の年齢の方もまだまだいらっしゃるのだから、他にも橋がなかった頃のことを覚えている方は結構いるのかもしれませんね。
今となってはそんな不自然な迂回をしていたことなど信じられませんね。
2017/02/17(金) 23:15:47 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/974-75ad4457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック