青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
私の理数系・技術系の不得意さについては、時々このブログでも書いている通りひどいものなのですが、英語もできなくて(というか、そもそも得意教科がない…)、少しでもできるようになりたい、と毎日英語のフレーズやイディオムが届くメルマガ、アメリカ英語中心のと、イギリス英語中心のと2種類登録しているのですが、生来の怠け癖でたまる一方。こういう性格が一番語学に不向きなんですね。
ある日意を決して通勤のバスの中でスマホでメルマガを読んでいたら、"bus"という単語を使った、ちょっと目を引くイディオムがありましたので、ご紹介いたします。

"throw someone under the bus"

someoneのところには基本的に人称代名詞の目的格や、人名がきます。受け身の方が私なりに例文を作りやすいので、メルマガと違う例文を作ってみます。

John was thrown under the bus by his wife.

直訳すると、「ジョンは奥さんに、バスの下に投げられた」なのですが、これでは何のことやら分かりません。「バスの下に投げる」…バスの下?最近、低床のバスが多いので、狭いですよ。こんなんですよ。怖いですね。

IMG_4031_201406281647072a0.jpg

IMG_4030_20140628165159f02.jpg

実はこれはアメリカ英語で「裏切る」の慣用句的表現なので、

「ジョンは、奥さんに裏切られた」

と訳すのが正解ということになります。

迫力が違いますね。読みながら震え上がっている男性諸君、大丈夫ですか?

今のがどちらかというとアメリカ式の言い回しだったので、次はイギリス英語でよく用いられる表現。
Mary looks like the back end of a bus.

直訳すると、「メアリーはバスのリアみたいだ」。これもこのままでは何のことやらわかりません。ここで問題です。メアリーは一体、どんな風だという例えなのでしょうか?以下の1から3の中から1つ選んでください。

1.beautiful (メアリーは美人だ!)
2.intelligent(メアリーは知的だ!)
3.ugly    (メアリーは不細工だ!)


答えは…
まあだいたい分かりますね。3の不細工です。バスのリア…↓

IMG_4038.jpg

"Am I ugly?"(私って不細工?)

IMG_4037.jpg

"Am I ugly?"(私って不細工?)

IMG_4040.jpg

"Hey!Am I ugly?(ねえ!私ってブッ細工?)

IMG_4035.jpg

…………………………………

「busだけに、不細工じゃないけど『ブス』」
とかいうしょーもないオチにしようかと思ったけど、ブーイングしてきそうなあの顔この顔が浮かぶのでやめておきます(汗

それにしてもひどい言いぐさですね。
バスの運転手さんが読んでいたら、怒りそうです。いや、「バスのリアは美しい!」。そういう熱い反論もお待ちしていますwww

何かもうちょっときれいなことばはないのか?と思われた方もいらっしゃると思います。探しました。ありませんでした(爆)。

アメリカ英語、イギリス英語ときましたが、何なら訛りとスラングの宝庫オーストラリア英語にはもっと強烈なことばが。

He drove the big white bus last night.

He drove the porcelain bus last night.


上下とも同じ意味です。"porcelain"は「磁器」です。英語をカタカナで書くのは大嫌いなのですが、発音記号が出せないので、しいて言うなら「ポース(セ)レイン」です。

「彼は夕べ大きな白いバスを運転した」「磁器のバスを運転した」
一体これは何でしょう?

同じ英語でも、字幕がないとアメリカ人には理解できないこともあるという訛りのきつさと、オーストラリアらしい豪快さを考えて、関西弁に訳します。

「アイツ、夕べムッチャ飲みたおして、トイレでゲロ吐きおってんや!」

…お茶を飲んで寛ぎながらこれを読まれている方、申し訳ありませんでした。

バスに酔って吐くイメージと重なっているのかと思ったのですが、調べてみると、porcelainを便器の意味で使うこと自体がオーストラリア英語の特徴のようで、その便器をバスのハンドルに見立てて、便器の縁を抱えてえづいている、ということのようです。ひどいですね…(苦笑)。オーストラリアらしいなんて言ったら怒られるのか、逆にお上品ぶらない気さくで豪快なのがいいんだと胸を張られるのか。

Googleで「"driving the porcelain bus" site:au」 (site:auを半角空けて後ろに続けることで、オーストラリアのサイトに限定できます)と検索すると約15,000件もヒットするのに対し、site:uk(イギリス限定)で約1,500件、site:us(アメリカ限定)ではなんとたった47件しかヒットしません。
オーストラリアは人口2000万人ちょっとで、イギリスの3分の1、アメリカと比べるとたった7%ほどしかいない計算です。人口を考えればオーストラリアのヒット数はもう圧倒的のダントツで、いかにオーストラリア独特の表現であるのか、ということが分かります。

話がそれますが、私の友人がオーストラリアでホームステイした時、
"Your English is American! In Australia, we say ○○○○"
(アンタの英語はアメリカ弁や!オーストラリアではこう言うねん!)
と、事あるごとに訂正しにかかられて、閉口したと言っていましたが、同じ英語なので障壁なく入ってきてしまうアメリカの圧倒的な情報量に負けてたまるものか!というこだわりが、こういう独特な表現を生み出して維持する原動力なのでしょうか。

↓"driving the porcelain bus"はありませんでしたが、オーストラリア英語のyou tubeを見つけました。



このお兄さん、説明しているそばからphrase(フレーズ)という単語が、既に「フライズ」と訛っていますw

このブログをお読みの、現役の運転手さんがどの程度いらっしゃるのか分かりませんが、くれぐれも「磁器のバス」は運転しないで、安全運転でお願い致します。

Drive safely!! Good-bye!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
京阪バスのJバスのリアはコアラに見える…。何人かが言うてます。
2014/06/29(日) 23:57:55 | HAL | #-[ 編集]
Re: Re: タイトルなし
HAL様、久々のコメントありがとうございます。

こういう「商売」やっておきながら何ですが、まず、車両をほとんどやっていないのでJバスの何たるかがよく分からず、調べるところから始めました。
コアラ……どうでしょうかね?こうなるともうロールシャッハテスト(インクのシミみたいなものが描かれたカードを見せて、何に見えるかを質問し、その回答で性格傾向や精神状態について診断するテスト)みたいな感じで、見るひとの感性がものを言いそうですね。

ただ、オーストラリアでは、

Koalas look like the back end of a bus.

なんて、わざわざ言わない方がいいかもしれないですねw  

※backs、busesと複数にする方がいいのか、ずいぶん迷ったのですが、この場合はたくさんあるバスの中の1つと、コアラという動物の種を対比する、ということでこうかな…と思いました)

2014/06/30(月) 23:25:22 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/966-563f3a9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック