青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
昨年、旧大津市内線の特集を初めた時からちょうどまる1年経ちました。早いものです。
今年は皆さまにとってどんな1年でしたでしょうか?

私はこのブログに関わることで言うと、よく車内アナウンスの「録音」をしました。
京阪バス各営業所で、ロケーションシステムの導入が進み、徐々に、あの評判の悪い大嫌いなレシップ製の合成音声にすげ替えられていく有様を見て、これは大津もそろそろ危ない、と思って少しずつ録りためました。

アナウンスに運転手さん自身のアナウンスが被ってしまったり、学生が多くて賑やかでとても録音どころでなかったり、いろいろうまくいかないこともありましたが、中には事情を知って協力して下さる運転手さんもいて、本当に助かりました。

IMG_6517_20141228205607ee0.jpg

従来、音声を残すということにそれほど重きを置いていませんでしたが、音というのは紙や写真ほどに安定した情報ではなく、一度失われると再現はほぼ不可能、しかもあの質の悪い合成音声になるのだと思うと怠け者の私も必死になりました。今思えば、唐崎、坂本などの北部路線など録っておけばよかったなと後悔しています。もうデータは残っていないそうです。

現在の音声を聞かれるなら、今のうちではないかと思います。
年に1、2回しか帰省されない方だと、この正月に帰省されて、次にGWや夏に帰省された時には、もう「ツゥギウィハ」(次は)なんて泣きそうなトレモロの入ったアナウンスや、明治時代かと思うような「イシヤマステイシオン」なんて英語にびっくりすることになるかもしれません。
整理するのに時間がかかりますが、いつかYouTubeででもご紹介できればと思います。



ブログ以外のことで言いますと、4月1日に消費税が8%に改定されて、どこからということもなく徐々に生活が苦しくなり、クレジットの請求を見ては資金ショートしやしないかと流行語じゃないけど、「ダメよ~ダメダメ」と、ドキドキハラハラの日々でした。

「日本エレキテル連合」が大ブレークする直前、いつもそんなもの見ないのに、奇抜なメイクが気になってYouTubeで見て、「納豆トースト」みたいに気持ち悪いのに変に癖になるなあと思っていたら、どんどん有名になりだして、ああやっぱりなあ…と思ったものです。

世間は相変わらず、殺した殺された、盗んだ盗まれた、騙した騙された、というようなニュースかそうでなければ恐ろしい災害のニュースばかりで、新聞を読むのもしんどいくらいでした。ついこないだは、師走の衆院選にうんざりさせられました。

STAP細胞が世を騒がせたのも、今年の初めからなんですね。この丸一年一体何だったのか…と一番思っているのは小保方氏なのかもしれませんが。

いくら私が数学ができないと言っても、さすがに公立高校入試レベルなら、答案を見て検算したり、自分でも解いてみたりすればだいたい正しいか間違っているか分かりますが、そんなものと比ぶべくもないこんな高度に専門的な分野で、どうやって正しいか間違っているかを判断するのかも分かりません。

IMG_6516.jpg

一方で同じく自然科学の分野で、ノーベル物理学賞の赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏の快挙は素晴らしかったですね!大江健三郎あたりまでは、日本人ノーベル賞受賞者の数も知れていて、私の脳味噌も悪いなりに若かったから、覚えていられたのですが、そこからはもうだんだん覚えられなくなって…(苦笑)。

IMG_6415.jpg

物理ですよ!物理ですって!世界中で何よりも一番縁遠く感じられます。どんな頭をしてはるのでしょう。
理数系・技術系の苦手なことは始終ここでも書いていますが、物理の苦手さ嫌いさはもうとびっきりの世界最高峰…。

ばねばかり、振り子、そして忘れもしない滑車!いや、問題の解き方を忘れもしないのではありません。

滑車が2つ並んでいて、それを通るようにヒモが掛けられている絵、前提条件がつらつら書かれていて、
「おもりは何g重でしょう?」(グラム重なんてことば、何年ぶりに使っただろう?w)

「知らんわ!」
と思った悪ガキだった私は、「量れば分かる」と答案用紙に書いて、「受かる高校はない!」と先生にこっぴどく叱られました。

…この、年齢を重ねた今となっては自分でも信じられないような、自分が親ならどつきかますだろうなと思うような恥ずかしいアホなエピソードを忘れもしないだけ。

IMG_6504_20141228163150190.jpg
(すべり台で、あそぼかな、よそうかな)

中村修二さんは理論の勉強が好きで、学生時代の指導教官・多田修氏から、

「難しい本を読む時間があったら手を使って物を作れ」

とよく言われたそうです(10月8日付朝日新聞)。

私は、難しい本を読む時間は、理論を現実にどう生かすのか温める時間であって、理論なくただ動けばいいというものではないから、この先生の言うことには反対です。

ちょっと違うかもしれませんが、特別支援学校や大津市なら「やまびこ総合支援センター」などで開かれているような療育教室でやっていることは、素人目には遊んでいるだけのようだけど、実はちゃんと緻密に、背景に理論があって、見学させて頂いた時にそこの先生から、
「理論なくただ遊んでいても仕方ない。人間の生き方全てに関わることだから、ニーチェやカント、キルケゴールなんかの哲学書も読みなさい」
なんて言われたことがあります。一見すると全然縁がないように見えますが、本当にできるひとは、根底から勉強しているのです。

IMG_6418.jpg

もちろん、結果的に中村氏は指導教官の言うことを聞いて正解だったのだからそれでよいのでしょう。何より、やっぱりやってみないと分からない。これは確かです。
さっき書いたことと矛盾するようですが、頭の中で計算するだけ、ひいては受験勉強するだけではなく、実際にその理論を踏まえて確かめることが大事です。
だから、ということもないですし、文系の分野はまたちょっと違うところがあると思いますが、私も、新聞記事を探すだけではなくて、実際にその場所がどうなっているのか、行って確かめよう!という次の段階に進んでいる次第です。

IMG_6408_20141228163151ae3.jpg

来年は、どんな旅が待ち受けているのか、そしてバス停を取り上げ終わったら次は何をしようか…そんなことばかり考えています。

好き勝手なことばかり書いているのに、いつもお読み下さっている方々、ありがとうございます。

あと、現役の運転手さんがどの程度このブログをお読みなのか全く分かりませんが、ひょっとしたら写真撮影でご迷惑をおかけしていないか心配です。この場を借りて深謝申し上げます。気を付けているつもりですが、万一、撮影方法、撮影場所、或いは写真UP時のプライバシー保護等で問題があるようなことがありましたら、ご遠慮なくご指摘ご教示のほどお願い申し上げます。

それでは皆様よいお年をお迎え下さい!年内の更新は今回が最後です。新年も宜しくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/965-1d8d7b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック