青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
将軍塚に行く時は、青蓮院の前庭で数台待機しているバスに乗り込みます。基本的に毎時0分、30分の発車ですが、30分間隔にしては台数が多く見えるので、すぐ続行便を出せるようにしているのでしょう。

青蓮院の前の道は狭く、南行き一方通行なので、将軍塚に向かう時は、知恩院⇒東大路通⇒仁王門通⇒蹴上⇒九条山⇒将軍塚、という結構複雑なルートを取ります。わざわざ仁王門通を通るのは、東山三条では日中、南から東に右折することが禁じられているためです。

久しぶりにA-1962と「再会」しましたが、わざわざ古い運賃箱に挿げ替えられてしかもガムテープで運賃投入口は封じられ、広告は全部取り払われ、運賃表も外され、床もいやに汚く見えて、ついこないだまでこれで通勤していたということが信じられないような無残な姿でした。恐らく教習用になっているのでしょう。

↓将軍塚の降り場は、大日堂の真ん前のロータリーです。乗っていたバスの写真はうまく撮れなかったので、こちらは駐車場との間のシャトルバス。山科のW-3019です。

IMG_6455_201412052237149ce.jpg

↓西側の展望台から見た青龍殿

DSC_0139.jpg

天気の良い、夕日が一番きれいな16時頃です。

↓裏手

DSC_0155.jpg

すぐにゲーム音楽を思い出す自分が嫌なのですが、ふと、ドラクエⅤの「聖(ひじり) saint」「天空城」を思い出しました。



DSC_0142.jpg

↓青龍殿内部。落慶したばかりで、真新しいです。新たな歴史と伝統が切り開かれていくことでしょう。

IMG_6465.jpg

もちろん、青不動を撮影することはできません。皆さんの目で是非ご覧になって下さい。

↓西側の展望台からの眺めもいいですが、やはり青龍殿北側に新たに設けられた舞台からの眺めは更に素晴らしいです。

DSC_0130.jpg

DSC_0196.jpg

DSC_0181.jpg

↓千切れ雲が赤く、風が冷たくなってきました。

DSC_0200.jpg

↓月が東山の向こうから顔を出しています。そろそろ帰りましょう。

DSC_0184.jpg

↓帰りは、あまり関心を持ったことがなかったA‐3798ですが、今となっては懐かしい。

IMG_6466_2014120612303772b.jpg

↓すっかり日が暮れて、さっき、東山の向こうから上がっていた月が、もう主役の座に躍り出たように輝きを増していきます。

IMG_6479.jpg

バスは、ライトアップ見物のひとを乗せるため、まだまだ仕事です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/954-dd89f540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック