青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
年始のお休みを頂いておりましたが、本日から通常通りの編集を再開致しますので、また宜しくお願い致します。

元日からすごい雪でしたね。
スノボだのスキーだの、寒い時に寒いところに行く人間の気が知れんわ、なんて年寄みたいなことを思いながら(誰だ!年寄りじゃないのか?とか言ったのは!)、録りためたテレビを見ていたので、全然雪に気づきませんでした。

元日の18時時点で、京阪バスは寝屋川、門真辺り以外はほぼ全て止まっていたみたいですね。
翌2日は、大津は一応朝から通常通り、却って山科なんかが「通行止めと、放置車両による通行不能」で昼前くらいまで運休していたようですね。

で、寒い時に寒いところに行くなんて、と言いつついそいそカメラを持って出かけてしまいました。

↓南郷洗堰と遠く雪を頂く比良山系を背景にN-3261

DSC_0005.jpg

ナンバープレートが雪で見えません。

↓私はこれがN-1252だと思っていたのですが、だいぶ後になって、何とB-1230だということに気づきました。

DSC_0007_20150102183623609.jpg

↓更に驚いたことには…私の中では「ご老公様」 B-1939が!

DSC_0008.jpg

暫く青蓮院⇔将軍塚のシャトルに使われていましたが、その前後はほとんど動いていなかったのではないかと思います。
まして、石山駅以南の一般路線など、ほとんどあり得ないと思います。

最後に私がまともに見たのは、去年7月のある土曜、石山駅と石山団地、大石小学校を行ったり来たりしているB-1230と1939の夢の?コラボ↓

IMG_4148.jpg

1998(平成10)年生まれで今年17歳!まだ若い者には負けんぞと言っているようですが、兄弟分ともいえる山科のB-1940、1941ともども、今年あたりそろそろ危ないかな…。

乗車もしたのですが、チェーンがよくないのか異様な音がしていました。運転手さんに教えてあげたらよかったなあ…。要らんことばかり喋るのにいざとなると声が出ないアカンたれ。人見知りするような歳でもなし。
まあ恐らく気づいてはったと思いますが。

この後、立木山に移動。

↓途中、バイパス整備の看板が。

DSC_0009.jpg

平成31年?私、何歳だろう?……いや、恐ろしい!!考えんとこう。

↓凍てつきそうな鹿跳(ししとび)渓谷

DSC_0012.jpg

↓立派な門松と凍り付いた石段。

DSC_0027.jpg

↓N-3261とB-1230が離合。

DSC_0018_20150102183625738.jpg

↓B-1939からはたくさんのお客さんが降りてきました。

DSC_0024.jpg

滑って怖いと思うのですが、参拝客はものともせず登って行きます。
私?私は暖かくなってからにさせて下さい。(ダラシナイ)

末筆ですが、洗堰の撮影時、泥水をひっかけないように、こんな私のためにわざわざ大きく右側に張り出すようにしてよけて下さった運転手さん、どなたか分かりませんがありがとうございました。私は遊んでいるだけなのに、お仕事の邪魔をして申し訳ないです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/933-ea0dacdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック