青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
昨年、「京阪バスとしての旧島の関バス停についても別途取り上げます」と書いたまま、いろいろあって結局1年以上経過してしまいました。申し訳ありません。
今年もまたぐるりんバスが走る時期になり、また、西大津バイパス線が一段落しましたので、その隙間で取り上げさせて頂きます。
因みに、今年のぐるりんバスに「島ノ関」のバス停はないようです。

今回は、浜通り側の乗場を取り上げたいと思います。島の関の交差点北側から眺めた県庁前方面↓

IMG_7189_2015081519471247d.jpg

真っ直ぐ県庁に向かう道は、今もバスが走っていておかしくない雰囲気があります。実際、浜通は、比較的最近まで、区間によっては競艇場、競輪場の送迎バスの回送をしていたと思います。

↓浜通り側の乗場は、キロ程から考えると、島の関から県庁に向かう通りと浜通りとの交差点付近にあったようです。

IMG_7284.jpg

IMG_7287.jpg

上の2枚の写真は湖岸方面を望んでいます。

↓下の2枚は県庁前方面を望んでいます。

IMG_7277.jpg

IMG_7280_2015081018593293a.jpg

↓この辺りは『大津百町』としての旧町名では「上堅田町」「下堅田町」と呼ばれていて、今も自治会の名前に名残が残っているようです。

IMG_7278.jpg

IMG_7279.jpg

これは、堅田出身の船頭が移住させられたからだと言われています。自由に引っ越しなどできなかった時代のはずですが、お上の言うことは自由気ままです。

↓一方こちらは交差している浜通りの東向き、甚七町(有楽座前)方面

IMG_7281.jpg

↓同じく浜通り西向き、市役所前方面。

IMG_7282.jpg

どういう路線なのか分かりませんが、浜通りを走行する路線があったことが分かっていますので、こうして撮影したら1964(昭和39)年当時なら、浜通りの方にもバス停が写り込んだのでしょう。
今は大津旧市街の街並みが続いています。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/932-0f36076a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック