FC2ブログ

青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
三条京阪 さんじょうけいはん
所在地:京都市東山区五軒町
開設年月日:不明
改称年月日:1981(昭和56)年1月17日 「京阪三条」→「三条京阪」 
付近:京阪三条駅 京都市営地下鉄東西線三条京阪駅 京阪バス三条案内所 三条大橋 京都三条大橋郵便局 檀王(だんのう)法林寺 だん王保育園 三条市営住宅 京都市教委体育健康教育室(旧京都市立有済(ゆうさい)小学校)


京都比叡山線における「三条京阪」バス停は、一部の便が起終点となる拠点の1つです。
バス停そのものについては、京津国道線や京都比叡平線の項でかなり書き尽くしましたので、ここでは三条京阪とその付近でT.F.様とまんたろう様が撮影された、京都比叡山線の懐かしい写真をUPさせて頂きたいと思います。
なお、京津国道線としての三条京阪バス停は、三条京阪【京津国道線20-1】などを、京都比叡平線としては三条京阪【京都比叡平線開通30周年記念特集24】をご覧下さい。

まずT.F.様の写真から。

↓B-1406 京22か1953 1978(昭和53)年式MP117M

京22か1953④

恐らく三条京阪ですが、背景を見ても今一つどこでどういうアングルで撮影されているのか分かりません。三条京阪は京津線の廃止の前と後で大きく様子が変わってしまいました。

↓B-1407 京22か1969 1978(昭和53)年式MP117M

京22か1969

三条案内所の前でしょう。

↓B-1454 京22か2296 1979(昭和54)年式MP117M 

京22か2296②

車体が呉羽なので、型式は同じでもB-1407とは雰囲気が全く違います。この時代から、大型幕になります。
乗り場から出発するところでしょうか。結構な数の乗客がいそうです。

↓こちらは稀少な6号経路の写真 横川(よかわ)行きです。B-1455 京22か2297 1979(昭和54)年式MP117M

京22か2297

UP日時点で私が知る限り、横川行きの6号経路の写真というのはこの1枚しかネット上にないと思います。
京都駅発着が基本で、三条京阪発着の区間便もある7号経路と違って、6号経路は全て三条京阪発着でした。

↓B-1453 京22か2295 1979(昭和54)年式MP117M

京22か2295

前から思っていたのですが、京都側からはあっさりした「比叡山」という行き先なのに、どうして大津比叡山線は「四明嶽」なんて分かりにくい表示なんでしょうか?同じ会社で同じバス停の呼び方が違う、というのは、少なくとも京阪バスでは他にないケースだと思います。

↓まんたろう様も1988(昭和63)年8月8日に同じ車を撮影していました。廃車直前です。

S63.8.8 三条京阪2

背後に写っている「大西ビル」というのが、今はないのですが、この当時は現在の三条市営住宅第22号棟付近に確かに存在しましたので三条案内所前だろうと思われます。

よく見るとエムブレムがメーカーのそれから現行と同じ「京阪」になっています。

↓同じ日にまんたろう様が撮影。B-1588 京22か3305 1983(昭和58)年式K-MP518M

S63.8.8 三条京阪

ブルドッグですが、フロントガラスの左側がこのように斜めにカットされて、左側の確認がしやすくなっています。

これはその後、エアロスターKや中型のエアロミディにも通じるデザインです。

T.F.様、まんたろう様、貴重な写真のご提供ありがとうございました。

次は、京阪出町柳【京都比叡山線新線】です/東山三条【京都比叡山線旧線・京都比叡平線・京津国道線他】です。

※旧線区間においては、東山三条と熊野神社前に停車していたことが明らかですが、いずれも新規に記述する事項はありませんので、これらについては京都比叡平線の当該ページをご覧下さい。
 本シリーズとしては次回は京阪出町柳に進みます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/902-0d2897dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック