青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
今回は交通関係の話題はありませんので、ご興味のない方は次回の記事をお待ち下さい。

7月30日付拙稿真野浜【京都今津線46】で書きましたように、京都市美術館のルネ・マグリット展が一時的に休止となり、ショックを受けておりましたが、何のことはなく結局その直後、8月1日から通常通り開館されることになりました。

仕事や他の用事の都合でなかなか行けなかったのですが、今月上旬、土曜出勤の代わりの平日休みでやっと行くことができました!少し早い芸術の秋を楽しんでまいりましたw

IMG_8267.jpg

ルネ・マグリット(ルネ・フランソワ・ギスラン・マグリット  René François Ghislain Magritte)(1898-1967)は、ベルギー生まれのシュールレアリストを代表する画家です。フランス語っぽい名前だな、と思われると思います。オランダ語系とフランス語系、大きく2つに分かれるベルギー人でもいわゆる「ワロン人」で、フランス語圏側の出身です。

同じくフランス語圏の出身で、シュールレアリストであるポール・デルヴォー(1897-1994)と作品に相通じるところもあります。

ファン・ダイク、ピーテル・ブリューゲル、ヴァン・ダイクなど、有名なベルギー出身の画家はたくさんいますが、たいていアントワープなどオランダ語圏出身者です。『フランダースの犬』で、ネロが一目見たいと願ったアントワープの聖母大聖堂の「キリストの昇架」を描いたルーベンスも地元アントワープの出身で、フランス語が通じてパリで勉強しやすいメリットがありそうなのに、意外にフランス系のひとは少ないです。

晩年のマグリットは、同じシュールレアリストでも奇矯な言動が多く、ある意味で一般人の「期待通り」の「芸術家」だったダリなどと違って、いつもスーツ姿で早寝早起き、サラリーマン以上に小市民的な雰囲気でつましく暮らしていたそうです。しかし、その心の中にいつも影を落としていたのは、恐らく彼が13歳の時の母の入水自殺でしょう。人生の中で、これ以上のショックもそうなかなかないでしょう。彼の絵に、しばしば布をかぶっていて顔が見えない人物が登場するのは、母の遺体に掛けられた布、或いは顔にまとわりついていた衣服の再現だという説があります。

では、不思議な絵の旅へ…

IMG_8557.jpg

今回、130点ほどの作品が出品されています。3時間くらいかけてたっぷり楽しみました。

基本的に年代別に、大きく5つのコーナーに分けられています。年代別に作品を並べるというのは、他の画家でもよくあることですが、特にマグリットの場合は作風の変わったところが如実に出やすいので、その並べ方が一番いいのだろうと思います。

初期や、或いは中期の一時期、本当にマグリットの絵だろうか?と思うようなキュビスムやフォービスムの影響を受けたようなタッチも見られるのですが、だいたい、印象派的なタッチです。シュールレアリストと言っても、彼の絵の中に、現実にない物体は比較的少なく、大抵現実世界に存在する具象物と具象物を積み重ねて、しかし、形而下的な世界には存在し得ないものを描き出しています。

↓記念日

cst083.jpg

そこがエルンストのように形も崩れたりした絵や、ピカソのように視点がずれたりした絵、或いはカンディンスキーのような美術的に本来の意味での抽象画など、私たちのような「一般人」からすると「わけが分からない」絵とは少し違います。何が描かれているのかは分かるのですが、なぜそう描かれるのかが分からない、という感じでしょうか。

この絵はどうでしょう? 岩が異様に大きい、と思うひとが多いと思いますが、ひょっとしたら岩は石で、部屋はシルバニアファミリーの部屋みたいなおもちゃの部屋に過ぎないのかもしれません。



―――でも、そもそも絵って分からなかったらいけないのでしょうか?





↓「人間の条件」

cst055.jpg

これとよく似た作品で、今回は展示されていませんでしたが、「野の鍵」というのがあります。窓ガラスが割れているのですが、その砕けた窓ガラスにも、外の景色が描かれているのです。いや、砕けているのはガラスではなくて景色なのでしょうか?
私たちが見ているものは一体何なのだろうか?本当に存在するのだろうか?と考えさせられる作品です。

このイーゼルの向こう側も、本当はどうなっているのか分かりません。

よく似たシリーズで、「美しい虜」↓

cst051.jpg

美しい田園風景。イーゼルがあるだけなら、ただの画中画ですが、イーゼルの中の絵と外の景色は繋がっています。

イーゼルの向こう側が本当はどうなっているのか?
マグリットは、ひとの顔の真ん前に青リンゴを描いたり、時々こうして、見えてほしいところをわざと描かないことがあります。私たちを考えさせているのか、じらしているのか。

↓「旅の思い出」

cst052.jpg

このライオンは、「郷愁」という別の有名な絵にも登場するものとそっくりです。
ただ、この作品は色がないというのが決定的な違いです。

どう「旅の思い出」なのか、分かったような分からないような。このひとの人生の旅の思い出を示しているのでしょうか?
思い出は、石化するのでしょうか? それは、暖かく心地よい状態で固まったのでしょうか?それとも、石のように冷たく寂しい状態で固まったのでしょうか? 

蠟燭は石化しながらも、光を放っているように見えます。


↓これも大好きな作品、「光の帝国Ⅱ」

cst010.jpg

夜と、昼が同居しています。夜と昼、これもマグリットの重要なテーマの一つです。
単に不思議なだけではなく、私はルネ・マグリットの絵の中でも屈指の美しい作品だと思います。

どこかの静かな住宅街のようで、それこそ左の方から仕事帰りのひとを乗せた、古めかしいバス、特にボンネットバスが走ってきそうな気がして仕方ありません。(なぜか右じゃないですね。左から来る気がします)

似た作品がいくつかあって、元祖は今回の展示にはなかった「光の帝国」↓

cst021.jpg

こちらの方が水の反射の効果もあってもっと好きです。


↓「絶対の探求」

cst060.jpg

私が、「あ、いいな!」と思った絵は、たいてい絵はがきにはなっていなくて、やっぱり私の好みってちょっと変わっているのかな…とがっかりすることがしばしば。絵はがき買ったって、別に誰に出すでもないし、あとから眺めたりするわけでもないのに、どうしても手元に置いておきたくなる。

この絵もその1つでした。

これは木というより、どうやら葉脈だけになった葉っぱのようです。でも、それは私の中ではどちらでもよくて、この、ひとけのない景色の中にすっくと立っている木の、文字通り絶対的な孤独さに息を呑んで、私は会場が空いてから、何度も場内を往復して、特にこの絵を注意深く眺めました。欧米人は太陽を黄色く描くことが多いのですが、これはオレンジです。太陽は夕日でしょうか?



広大無辺な大地。夜になったら、この木はどうなるのでしょう?




↓教科書に出てくることも多いので、一番有名な作品の1つであろう「大家族」

cst082.jpg

陰鬱な雨雲を切り裂いて飛ぶ鳥。このイメージは人気が高くて似たパターンで何度も描かれています。


↓ルーブル美術館展が同時開催中です。

IMG_8269.jpg

やはりマグリットの方がやや通好みなのか、ルーブルの方が混雑は激しいです。

美術館は、朝早くに行くというのも悪くはないと思いますが、人気のある展示であればあるほど、大きい美術館であればあるほど、新しい客がどんどん増えていく一方なので、やはり私は閉館間際が好きです。

がらんとした館内を行ったり来たりしながら、特に気に入った作品をじっくり見たり、壁一面絵しかない空間で静かな空気を堪能したりするのが好きなのです。

名残惜しさを感じながら、ミュージアムショップも見たいので、閉館10分くらい前に退館。

「5時には閉店します。お買い物のお客様はお急ぎ下さい」
うわ、急がせて判断力を失わせて、余計なものを買わせる作戦か???

後で、ミュージアムショップは入館料なしでも入れることが分かりました………。

その点神○市立博物館は、閉館まで中を見て、ミュージアムショップを見る余裕がなかったから、「後日来て買い物だけできますか?」と聞いたら、「入館料が要ります」と言われて、なんて商売っ気のない!とびっくりするやら腹が立つやら…。だいたい、閉館時間とミュージアムショップの営業時間が完全に同じということ自体無理があるんとちゃうやろうか?と思ったり。

ああ、すみません、話が逸れてしまいましたね。

帰り……

『光の帝国』の真似???↓

IMG_8564.jpg

…ヘタクソって叩かれそう…イメージ壊してすみませんでした。今、ネットで検索して見たら、もっとずっと上手に同じようなパロディというか、オマージュのような写真を撮っているひとがやっぱりいますね!

私は、どうしても光の帝国みたいな景色が、どこかにあるような気がして仕方ありません。

IMG_8560.jpg

会期はまだ1か月ほどあります。ぜひ、読者の方も、自分だけのマグリットを探して下さい。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/894-ae244380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック