青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
今回は、私としては珍しく新鮮な話題???びわこ池田墓園延伸後の様子をルポしました。

20日9:54大石小学校発の記念すべき始発はF-3032でした↓

IMG_0184.jpg

「曽束」経由なのですが、書いてもらえていません。というかスペース的に無理なんでしょうね。きっと土地を提供したりされたのだろうに、残念な扱いです。

京阪バスの東の外れで、平日ということもあってかギャラリーらしいひとはいませんでしたが、営業所の関係者らしい方が、社内報に載せたりするためでしょうか、写真撮影などされていました。

↓側面はうまく撮れませんでしたが、内容は読んで頂けると思います。

IMG_0181_201605202224090a1.jpg

平日だというのにポンチョに乗り切れないほどの利用者で、どうするのだろうと思っていたら思いもよらない車が続行便として現れました↓

IMG_0202_2016052022240683a.jpg

N-1261 たまには新しい車も撮影しないと、と思いながらついさぼって、こんなところで初めて撮ることになるとは思いませんでした。

大型はローマ字入りなんですね↓

IMG_0185.jpg

Biwako Ikeda-boen Uchihata 

ローマ字は必要なんでしょうか。最近66号経路もローマ字表記がありますが、今回のダイヤ改正を機にそれを標準化していこうというほどでもないようで、他の路線では音沙汰なしです。

それにしてもboenて… フランス語か何かの単語みたい。eとnを入れ替えたらbone(骨)だし、ボーインとかボーンとか読まれそうですね。
宗派や設置主体、英米に関係なく通じる、「墓地」「墓園」を表す一番普通の英単語はcemetery(米sémətèri 英sémətəri)だと思います。

↓リア、白過ぎてしまいましたが、参考程度。表示はポンチョの前面と変わりません。

IMG_0194.jpg

↓側面。まあ妥当な線でしょうね。

IMG_0199.jpg

さて、翌日は土曜日ということで、今度は55号経路の初回運転日です。

IMG_0212.jpg

記念すべき初発はN-6243でした。これで、桜峠はノンステで越えられるのだということは分かりました。

やはりBiwako Ikeda-boenのローマ字が入っています。

思えば50番台というのは京滋らしい番号ですね。樟葉中書島線の52を除いて、大阪で50番台なんて聞いたことがないな、と思ってざっと路線図を見ましたが、不思議なくらい50番台は避けられています。

↓側面は京阪石山寺、野々宮、赤尾町、びわこ池田霊園の順に表示されます。

IMG_0213.jpg

赤尾町が側面表示に現れるのも、別途触れる運賃区界になるのも、始発のアナウンスで読み上げられるのも大津営業所史上初です。

↓一応乗ってみましたが、この時はさすがに赤尾町で降りました。

IMG_0215.jpg

この便は墓園に着くと回送になってしまい、次の石山駅方面のバスまで2時間ほど待たないといけないためです。
車内アナウンスではここからびわこ池田墓園まで止まらないことについての既製アナウンスはなく、運転手さんが注意喚起していました。
土曜日ながらこの日は通常の授業日だったらしい滋賀大の学生を中心に一般利用者もかなりいて朝ラッシュの4号経路の石山駅行きに匹敵するくらい混んでいましたが、赤尾町までに降りなかった、つまり墓園まで行くらしい客は約20人ほど、座席が8割方埋まる感じでした。

↓石山駅に取って返して第2便

IMG_0227.jpg

一人っ子?N-1252でした。
これは終点まで乗車しましたので、その時の模様と、バス停としての「びわこ池田墓園」については次回取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最近のローマ字表記
こんばんは N市民です。
最近ぼちぼちつき始めているしてるローマ字表記ですが、どうも新しくできた路線「だけ」ついているようです。
交野も昨年のダイヤ改正で登場した30.31A(大幅な経路変更).35.37はローマ字併記ですが、しれっと初町経由になった31.34.35号経路はそのままです。
(35号経路の忍が丘駅行きは表示が
忍ヶ丘から忍ヶ丘駅と変更されていますが、ローマ字併記なしです。)
ちなみに30号経路はたまに幕車も運用に入りますが、幕車の場合、リアもローマ字併記幕です。
2016/05/23(月) 21:17:53 | N市民 | #-[ 編集]
Re: 最近のローマ字表記
N市民様、こちらでは初めてですね。大先輩のコメント、恐縮です。

> 最近ぼちぼちつき始めているしてるローマ字表記ですが、どうも新しくできた路線「だけ」ついているようです。
> 交野も昨年のダイヤ改正で登場した30.31A(大幅な経路変更).35.37はローマ字併記ですが、しれっと初町経由になった31.34.35号経路はそのままです。

…ああ、もう長いこと大阪の京阪バスに乗っていなくてほとんど全く分からないです。これだけ大津かかりきりになるともう勉強不足です。
でも「経由になった」ということは新設ではなくても変更なわけですよね。…まあ大津の66も変更ですが、あれだけごっそり変わると新設も同然ということですかね。

山科も昔からローマ字があったりなかったり、法則性がよく分からないですね。
大津も、なぎさ公園線は例外的に前からローマ字があったかな、と思って見直しましたが勘違いで、ありませんね。

これからどうしていこうと思っているんでしょうかね。
2016/05/23(月) 21:56:07 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
こんばんは 
なぎさ公園線ですが、(幕車は)大津駅ゆきだけローマ字併記でしたよ。(プリンスホテルはなし。)
山科ですが、三条京阪や山科、六地蔵といった主要は行先にはついてましたが、
蚊ヶ瀬とか大宅にはついてませんでしたね。
山科も後のほうにできた系統(29Aなど)はローマ字表記が小文字併用になってますが、大多数は大文字のみでした。
2016/05/23(月) 22:22:38 | N市民 | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
N市民様、ありがとうございます。

> なぎさ公園線ですが、(幕車は)大津駅ゆきだけローマ字併記でしたよ。(プリンスホテルはなし。)

ああ、だから私もローマ字があったような記憶があったんですね。大津駅行きの写真はざっと見る限り私も持っていなさそうですね。
もしかしたら、今回の改正で、ホテル名の変更に合わせて地味にバス停名が変更になっている(大津プリンスホテル→びわ湖大津プリンスホテル)ので、表示もごっそり新調して、両方向ともローマ字併記のものにしているかもしれないですね。
もっとも、確認したいと思っても、平日の朝しかなくて、とても難しいです。

> 山科ですが、三条京阪や山科、六地蔵といった主要は行先にはついてましたが、
> 蚊ヶ瀬とか大宅にはついてませんでしたね。
> 山科も後のほうにできた系統(29Aなど)はローマ字表記が小文字併用になってますが、大多数は大文字のみでした。

私は、こと日本語の地名については大文字だけの方が読みやすく見えるのですが、ネイティブの感覚としてはどうなんでしょうね。
西中島南方なんて、日本語でも無理な合成にイラッとするのにNishinakajima-Minamigataなんて書いてあったら目がちかちかします。
それ以前に、結局ローマ字なんて日本人の自己満足でほとんどちゃんと読んでもらえないそうですね。
古い本ですが、『私たちの東欧記』(藤本ますみ 1981)に、ドイツ人に「ィウンコ」と読まれて憤慨した「Junko」さんの逸話が載っていたのを思い出します。この「ィウンコ」もどう発音するのか、と思いますが。
私が使っている英語のリスニング教材でも、「南雲堂」(なんうんどう)という出版社名をアメリカ人が、恐らくローマ字でNanundoと書かれていたからでしょう、「ナヌンドウ」と読み上げているのに気づきました。nの後の母音は確かに’とか記号をつけておかないと(もしかしたらつけてもかもしれませんが)ナニヌネノになってしまうんですね。
2016/05/25(水) 00:17:43 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/877-b4640161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック