青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
12月6日付朝日新聞滋賀版に「道路陥没 なぜ復旧進まないの?」という記事が載っていたのをお読みになった方もいらっしゃると思います。近隣の住民の方がなぜ復旧が進まないのか?と困っているということです。9月18日の大雨で崩れ、その後に一度私も状況を見に行ったのですが、それから3か月近く経つのに何も変化がないようです。逆に、まだ復旧していなかったのか?と驚かされました。

↓こちらは私が10月に東向きに撮った写真

IMG_1141_20161219222440e97.jpg

本来ならこの陥没しているところの中央辺りがT字路で、左折したところが「一丁目南」のバス停です。

比叡平一丁目も休止中でした。

IMG_1142_2016121922244160d.jpg

IMG_1138.jpg

記事によると、補助金の認可や工事の手続きで復旧に1年以上(!!!)かかるとか。さすがお役所というべきか、いや1か月単位のバカンスが当たり前の欧米なら日本みたいにとんとんと話が進まなくて当たり前だからこんなものが世界標準なのだろう、と思うべきか……。少なくとも物理的、技術的な問題ではないようです。

仮のバス停を設置するという話も載っていますが、これも一筋縄にはいかないようで、道路管理者の大津市に「道路占用許可」を、その後大津警察署に対して「道路使用許可」を申請して許可をもらう必要があるということです。

そしてこの記事で「(仮バス停の)設置は12月下旬になりそう」ということでしたが、下旬というべきか中旬というべきか、何とか昨日の設置に漕ぎつけたようだったので、様子を見てきました。

IMG_1346.jpg

↓自治会の掲示板でも案内されていました。

IMG_1345.jpg

↓早速京都比叡平線両方向とも利用者がいました。待ちに待ったバス停なのでしょう。

IMG_1352.jpg

image2 (2)

「一丁目南」の仮設停留所なので、当然ながら「一丁目南」の名称を継承しています。

IMG_1355.jpg

↓「このバス停は12月19日(月)より止まります」

image2_2016121921341401c.jpg

…う~ん、しゃべりことばではついこう言ってしまうこともあるかもしれませんが、やっぱり何か変ですね。

現在の正規の「一丁目南」の停留所の様子なども撮っているのですが、続きは次回とさせて頂きます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/866-7fcb7476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック