青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
書きためていた「連載」を小出しにするのが終わって、最近記事を書くのが「自転車操業」になりつつあり、ネタが切れないかハラハラしたり、でもまとまったものを書こうとすると結構それなりに下調べが要ったりで、なかなか悩ましいのですが、無理がない程度に暫く細く長くいこうと思いますので、宜しくお願いします。

東レの専用線について書いたのが、驚いたことにもう6年以上も前なんですね!
完全撤去間近?東レ滋賀事業場専用線

「この線路はいつ使うのだろう?」と思うようなめったに使われないレールが昔から好きなのですが、この専用線は私の中では極めつけの聖地でした。

2週間くらい前でしょうか、橋上駅化目前だった膳所駅の南側に2本残されている貨物線に、チキ…いわゆる長物車が止まっていました。

ああ、珍しいなと思いながら、通勤の時間帯で急いでいたので写真も撮れずじまいでした。

ふと「錆びたレール」への関心が再び呼び覚まされ、正に自分の中の錆びたレールに再び列車が走り出したような感覚で、YouTubeをいろいろ検索したら、何と時期はもっと前のようですが、膳所駅のチキの入れ替え作業を撮影されている方がいました↓



いいですね…。今は車籍がない保守機械が止まっています。
ちゃんと使われている、ちゃんと通ることができる線路なのだと分かると一応私の中で納得なんです。

分かってもらえないでしょうね…。この感覚。でも『ブラタモリ』でタモリが車体そのものより実は線路が好きな「線路マニア」を自称していたので、そういうひとには何となく分かってもらえるかもしれない、と思うのです。

↓石山駅のスイッチャーも出てきました。



私も一度だけ見ました。ああ、ちゃんと使われているんだ、と思うとそれだけで嬉しいのです。

↓こんなの最高級ですね



調べてみるとその筋では結構有名なようで、栃木県小山市の株式会社東光高岳(とうこうたかおか)の工場専用線で、年に数回(!)変圧器などの特大貨物を運ぶのに使われているようです。4.8キロという長さも魅力です。



「廃線のような」というタイトルの言葉通りですね。草ぼうぼうで大丈夫かな?と思いますが、一応支障なく走行しています。

↓こちらも同じ専用線ですが、線路がもうヨレヨレのような感じに見えるのがまた何ともいい感じです。



地元の方にとっても珍しい光景なのか子どもとお母さんが見守っています。
これは行きたい、行かなアカン…とまたお金のなくなる要らんことを考えついてしまう…。


↓こちらも草の生え具合がたまりません。本当に廃線かと思うのに、ちゃんと使われています。



よく見掛けるコンテナですが、実はこんな細い小川の源流のような専用線の奥から出てきているのかもしれないと思うと感慨深いです(などと思うのは私だけか)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日電硝の貨物入れ替え作業
喜撰猿丸様こんにちは

石山駅の日本電気硝子への貨物引き込み作業、懐かしいです。
中学生時代、石山駅から上り列車に乗って通学していました。
寝坊かなにかで朝9時半時頃石山駅に到着した時、ちょうど貨物の入れ替え作業が始まるのを見かけました。
確かガソリン専用タンク車を会社へ運び込む作業をされていたと記憶します。
滅多に見られない作業ということもあり、もう学校はそっちのけで作業を見入ってました。
日本電気硝子・東レ共に引き込み線が撤去されてしまったようですね。
もう、石山駅では入れ替え作業が見れなくなり、寂しい限りです。
当時学校サボってまで観た甲斐がありました。(親・担任にはこっぴどく叱られましたが・・・)
2017/07/05(水) 11:35:50 | 「滋賀大前」元住民☆哀愁 | #mQop/nM.[ 編集]
Re: 日電硝の貨物入れ替え作業
「滋賀大前」元住民☆哀愁 様、コメントありがとうございます。

> 寝坊かなにかで朝9時半時頃石山駅に到着した時、ちょうど貨物の入れ替え作業が始まるのを見かけました。

いいですね…。と羨ましがる感覚が、なかなか分かってもらえないのですが(笑)。
私も学生時代の時間が比較的自由な時に、ゆっくりそういう光景を見て見たかったものです。
今のようにネットが普及し始める前で、情報もなかったですし、その時はその時なりに忙しかったのかとは思いますが。

東レにも昔は更に複雑な専用線網があったみたいですね。そういう普段はさび付いているような「毛細血管」までしっかり利用されているというのがたまらないのですが…。

今思い立ったのですが、国土地理院の古い空中写真でもそうした専用線を見てみると面白いかもしれませんね。
2017/07/05(水) 23:22:32 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/847-db0b1a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック