青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
夏休みが終わってしまいましたね。
大学はまだ休みというところもありそうですし、最近は北海道・東北など冬休みが長くて夏休みが短いという地域以外でも、必ずしも8月いっぱいまで休みではないというところが結構ありますが、やっぱり8月が終わると、まだ多少暑い日が続いても、夏が終わったんだという気がします。

こないだの続きで、まんたろう様撮影、25年前の北海道からです。

↓まずは、北海道を代表する普通電車用の車両から。

Scan1437.jpg

1968(昭和43)年に小樽-滝川間が北海道で初めて電化された際に量産された711系電車。惜しまれながら2015(平成27)年に全廃されました。
クロスシートが中心で2ドアのため急行としても使用されました。

↓こちらは現在、乗降客がほとんどいなくて廃止の可能性も取りざたされている根室本線 尺別駅で撮影されたキハ183系の特急「おおぞら」

尺別

↓キハ54形 522  釧網線か根室線か区別はできません。

釧路2

北海道の極寒をこのステンレスで乗り切れるのか、と思いますが、ちゃんと寒さを意識した設計になっているようです。

↓こちらは珍しい北海道ちほく高原鉄道CR70形気動車

池田

2006(平成18)年、第3セクターの鉄道としては最も早い時期に廃止となってしまいました。

↓現在も主力のキハ40 

滝川

滝川駅での撮影、とのことなので、つい日本で最長距離を走った普通列車2427Dなのかと思ってしまいますが、知る由もありません。復活の日は来るのでしょうか。

↓キハ183系の特急「オホーツク」

Scan1438.jpg

先頭の表示は今もほぼ同じデザインです。なぜオホーツクなのに「OK」に見えるのだろう?と思っていましたが、本当にOKのようです。オホーツクがそもそもロシアの地名で、ロシア語などで用いられるキリルアルファベットをラテンアルファベット(私たちが普通、「アルファベット」と呼んでいる英語などのアルファベット)に書き換えると、Okhotskとなるようです。

↓こちらは何なのかを調べるのに少し時間がかかりましたが、キハ27 快速「ミッドナイト」です。

Scan1436.jpg

函館-札幌間で急行「はまなす」を補完していたようです。今もあったらそれなりに需要がありそうですね。基本的には3両編成で、カーペット車両もあったそうですが、フェリーの3等客室などのような感じでしょうか?

次回以降、また別な特集をしようと思いますので宜しくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/837-f723cb17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック