FC2ブログ

青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
IMG_6577.jpg

今からちょうど5年前の今日、2013(平成25)年3月23日に、「実証運行」の形で鏡山循環バスの運行が始まりました。
実証運行から2年目の2015(平成27)年3月23日から正式な路線として本格運行を開始、2017(平成29)年9月には、バス路線維持に尽力した鏡山学区自治連合会と山科区役所が、近畿運輸局の「交通関係環境保全優良事業者表彰」に選ばれて共同受賞することになりました(2017(平成29)年9月3日付京都新聞復活バス、住民が増客にひと役 京都、国から表彰へ)。この直後の2017(平成29)年10月1日には従来の2本に加えてもう1本増発されました。

今回と次回は、この路線の様子や、遠い先祖である寺内町系統を簡単ですがご紹介したいと思います。

行き先の表示は、冒頭の写真の通り、「循環 山科駅」となっています。既に「くるり山科」が別のルートで走っているので、何とも呼びようがないのかもしれませんが、自治連合会が通称としているらしい「鏡山循環線」でもいいような気がします。

↓リア

IMG_3610.jpg

↓側面はだいぶワープして、岸ノ下町からスタートしています。

IMG_3609.jpg
↓時刻表

IMG_3613_20180310210743166.jpg

↓山科駅の時刻表なのに「山科駅」は分かりにくい気もしますね。

IMG_3614.jpg

地元のひとは、このバスだと分かるのでしょうし、私のような天邪鬼以外よそ者が乗ることなどほぼ皆無なのでしょうけれど。
一応、開通したばかりの頃だったと思いますが、1回か2回は乗車しています。F車では利用者がさばききれない感じでした。

↓路線開通から1年ほどたったある日は、もう今はないであろうS‐1069が用いられる珍しい光景が見られました。

IMG_3039_2018022520063103e.jpg

車体にせめてこのくらいのボリュームはないと苦しいのではないかと思います。

この路線の直接の祖先にあたる路線は、1997(平成9)年に廃止された20B号経路です↓

IMG_2814.jpg

これは1994(平成6)年の路線図です。
大宅を出て、蚊ケ瀬から外環状線を北上、現在は外環渋谷交差点の南側にある竹鼻バス停が、この当時は北側だったのか、竹鼻には止まらずに左折、渋谷街道を西進して現在の鏡山循環バスの経路に沿って走り、北花山で大石道に、更に三条通に入って現在の外環三条の東行き乗り場に当たる国道山科西詰には、恐らく右折の関係で停車せず、国道山科南詰、今の外環三条の南行き乗り場に停車して、再度外環状線を大宅に向かっていました。

山科駅に立ち寄らない路線自体はこの当時珍しくありませんが、住民が乗りたい方向と逆のようで、利用者が減るのも当たり前に思われます。

↓因みに、こちらが山科駅のバス乗り場に掲げられた現在の路線図

IMG_3611.jpg

現在この路線の単独バス停は、西今屋敷、岸ノ下町、中道町の3カ所で、94年当時の路線図と配置も名称も異なっています。

20B号経路についてネットで検索しても、ネットやデジカメが普及する直前のことで、全くそれらしい写真は見つかりませんでした。今の20代くらいの世代ではほとんど記憶がないことでしょう。

一体どんな車が使われていたのでしょう?この時代だとせいぜい、山科では少数派だったエアロミディくらいしかないことでしょう。次回取り上げますが、もっと昔はボンネットバスが走っていました。ただ、ボンネットバスとエアロミディなどのいわゆる「中型車」の中間の時代、昭和40年代後半から50年代にかけては、無理やり大型車や、せいぜい短尺車を使うしか仕方なく、大津の国分団地系統でも、今となっては考えられませんが、大型車が使われている写真が新聞紙上に残っています。
従って、ここでも無理くり大型車を走らせていたのではないかと思いますが、山科区の東西の抜け道となっている今、もう大型車を使うのは難しいでしょうし、また、大きくすると採算性にも難が生じるかもしれません。

ただ、途中まで並走する29号経路はなかなかの猛者で、こんな車がぐいぐい走って行きます↓

IMG_3063.jpg

IMG_3090_201803112137147fe.jpg

次回は、この路線独自のバス停や、表彰に至った秘訣?とも思われる沿線の応援ぶりについて取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/827-2ef9efd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック