FC2ブログ

青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

早速ですが昨年からの続きで、T.F.様の写真からスタートしたいと思います。

↓京22か2234 A-1446 1979(昭和54)年式MP117M 

京22か2234

同じ車のカラー写真がありました。やはり山科駅前で、こちらは24号経路の運用に入っています。

京22か2234

車体自体は後の「かまぼこ」のデザインと同じですね。これで大型幕化したら、その幕の部分が「かまぼこ」のように見えるので「かまぼこ」と言われたのでしょう。

京22か2297 B-1455 1979(昭和54)年式MP117M 前回のB-1453と同じく4枚の写真がありましたが、その中でこれだけがモノクロでした↓

京22か2297④

大型幕の時代になり、この辺りの車種からだと私もはっきりした記憶が出てきます。

↓三条案内所かと思ったら、三条京阪バスターミナル内です。

京22か2297②

後ろに高山彦九郎の像があり、恐らく当時から位置は変わっていないでしょうから、今はKYOENがなくなって空き地になっているところだと思います。

↓こちらは案内所構内です。

京22か2297③

↓そしてとっておき?の横川(よかわ)行きです。

京22か2297

この当時はシャトルバスがなく、京都比叡山線の中には横川まで直通するものがありました。大津比叡山線は更にそこから仰木を経て堅田まで行っていました。シャトルバス化する以前の横川の幕の写真でネット上にUPされているものはUP日時点でこれしかありません。

ここから同じ年式同じ車種の「観光3兄弟」が続きます。

↓京22か2534 C-1483 1980(昭和55)年式K-MP518N

京22か2534

三条京阪にて、競艇場の無料送迎バスです。後ろは大津のB-1620と思われます。「びわこホテル」と表示されているので、京津国道線か西大津バイパス線でしょう。

↓京22か2535 C-1484 1980(昭和55)年式K-MP518N

京22か2535②

1年後輩で同じ車種のC-1520と並んでいます。
「市内早回り」と「京の冬の旅」いずれもげんざいにつながる定番コースです。

↓こちらは同じ車が、「京の新名所めぐりコース」に就いています。

京22か2535

後ろは車体の柄から見て市バスの定期観光バスでしょうか?

↓京22か2536  C-1485 1980(昭和55)年式K-MP518N

京22か2536

「名園鑑賞東コース」 現在は直接これに相当すると思われるコースはありません。どこの社寺の庭園も素晴らしいですが、京都で庭園が特に有名というと龍安寺の石庭を筆頭に、天龍寺とか桂離宮、苔寺など洛西の方が多い気がします。東側で名園というとどこを回っていたのでしょうか。

今年も暫く山科の車両を取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/819-26b356b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック