FC2ブログ

青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
大津比叡平線の記事の準備に暫くかかりそうなので、先に久しぶりに山科の古い写真を取り上げます。撮影は以前もご紹介しましたが、T.F.様です。1975‐76(昭和50-51)年頃のものと、1980‐81(昭和55‐56)年頃のものです。

↓京22か1089 A-1294 1974(昭和49)年式MR470

京22か1089

24号経路醍醐三宝院行きです。 比較的最近まで「醍醐寺前」は「醍醐三宝院」でした。醍醐三宝院止まりも石田止まりも24号経路でした。醍醐三宝院止まりは他にも多数あって、当時の記憶のある方のお話では、どうも今山科急行や29号経路が発着している「醍醐寺」のロータリーを使っていて、後に普通の駐車場になったのを、再度山科急行などの折り返し用にバスロータリーにしたということのようです。

因みに奥に止まっているのは、京22か1714 A-1376 1977(昭和52)年式MR470です。

↓京22か1186 C-1309 1975(昭和50)年式MR470

京22か1186

浜大津です。純喫茶黒鷲の位置がいつの間にか八ッ橋の店になっています。

↓京22か1314 C-1347 1976(昭和51)年式MR470

京22か1314②

三条京阪と思われます。下の写真も同じ車両ですが、京都駅前です。

京22か1314③

背景に写っている松本旅館は今もあって、雰囲気は変わっていないと思います。

↓この車についてはカラー写真もありました。

京22か1314

↓京22か1315 C-1348 1976(昭和51)年式MR470

京22か1315

三条京阪で、競艇場の無料送迎バスとしての運用です。

↓京22か1498 B-1345 1976(昭和51)年式MR470

京22か1498

B-1346はナンバープレートで言うと1つ若い京22か1497です。時々車番とナンバープレートとで順序が逆になることがあります。
側面広告の「ヘアサロンオカダ」の流れを汲むと思われる理髪店は今もあるようです。

↓京22か1513 B-1352 1976(昭和51)年式MR470

京22か1513

『京阪』幕で、「ワンマン」の札には「A-202」?と書かれています。定期観光バスでしょうか?貸切でしょうか?

↓同じ車です。

京22か1513②

後ろにスケルトンボディの車が見えます。時代の移り変わりを感じさせます。


↓京22か1529 A-1364 1976(昭和51)年式MR470

京22か1529

貴重なカラー写真です。最初どこなのか全く見当がつかなかったのですが、京阪六地蔵だと分かりました。33号経路は途中、町並、石田団地、大受団地南(現 石田駅)、小栗栖にだけ止まる短距離路線で、1992(平成4)年3月20日時点の路線図ではまだ存在しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/818-e6d885e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック