青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
ちょうど60年前の今日、1953(昭和28)年7月21日付朝日新聞滋賀版↓

S28.7.21A バス会社黒字ホクホクb

60年で、世の中の何と様変わりしたことでしょう。

京津国道線は1キロ走るごとに55円の利益?????各社とも現有路線の半分は1キロあたり5-10円の利益。

…運転手、事務サイド他バス会社関係者はため息をつきそうな素晴らしい営業成績です。

因みにUP日時点で最新の「自動車輸送統計月報」は平成24年8月号ですが、これによると、1か月のバス利用者は1,455,000人なので、県民全員が月に1回程度はバスを利用しているということになり、その点では意外にもこの当時と変わりません。

何が違うのかはこの新聞記事中の統計と単純に比較できる資料がほかに見当たらないのですが、恐らく乗車率で考えると、とても当時に及ばないのでしょう。

車両の平均寿命がたった4年というのがまた驚きです。
「新車でなくては徒歩で用を足す人が多くなり」
いや古くても歩くよりいいだろう、と思うのですが、この当時の日本人はひょっとするとまだどこに行くにも歩くことに今の日本人ほどの抵抗感がなかったのかもしれません。
しかし、何だかんだ言ってもやっぱり日本人は新しいものが好きなんですね。

「田舎のバスはおんぼろ車」という誰でも耳にしたことのある『田舎のバス』(三木鶏郎作詞・作曲 中村メイ子・唄)がリリースされるのはこの2年後、1955(昭和30)年のことです。

「車体も故障しても損の少ない旧型車を使用」
とありますが、「田舎のバスはおんぼろ車」というのは、おんぼろ車しか用意することができない会社の体力だけでなく、修繕費や減価償却費などを考えると確かに合理的なのでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/816-42401c5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック