青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
前回の続きです。

20年くらい前は朝の7時台、8時台に多数の京阪石山寺止まりの便があり、石山団地始発もあったはずですが、ダイヤ改正の度に漸減し、到頭新浜始発の1本だけになりました。

なお、石山団地始発用の「1 京阪石山寺」という幕は交通規制やダイヤが乱れた時などの非常用のつもりなのか、単に消されていないだけなのか、更新された新幕でも残されています。

はっきりしたことは分かりませんが、京阪石山寺で運転を打ち切るのは、乗り換えの需要に応えるということの他に、石山商店街の渋滞をできるだけ避け、回送で少しでも早く石山団地や大石方面に車を送り返して、なるべく北行きのダイヤを乱れさせない、という意味があったのだろうと思います。

ところが乗換客の中で大きな割合を占めていた高校生が減ったこと、道路事情がそれまでより改善し、大きな渋滞が減ったことで、京阪石山寺止まりで運行する意味があまりなくなったといったことから、本数が激減したのだろうと思います。
京都市営地下鉄東西線が開通(1997年)するまでは京都の高校に通うというと、運賃が安い京阪電車が結構利用されていたのが、開通によって運賃が高くなるは、スピードは遅いはで何のメリットもなくなってしまい、ただでさえ減った高校生がそれまでほどに乗り換えなくなった、というのも大きいと思います。

少なくとも20年ほど前は、唐橋前まで北上して踏切を渡らずに右折、唐橋西詰で再度右折して湖岸道路に入る、という形で折り返しており、折り返しは必ず回送でしたが、いつの頃からか、名神と新幹線のガード下の細道を使うようになりました↓

IMG_5545.jpg

↓道の入口にはこんな看板が。

IMG_5546.jpg

書かれている時間帯から見ても、やはりもっと多くの本数が運行されていたのであろうことが推測されます。

↓来ました。

IMG_5548.jpg

こんな誰も見向きもしないような道なのに、驚いたことに暫く様子を見ていると、結構入っていく車があります。どうも、螢谷の交差点の石山駅方向は青の時間が長く、浜大津方向は短いので、浜大津方面が赤なのを見た車が、わざわざこちらに走ってきて、ここで湖岸道路に出れば先回りできる、と考えているようです。

IMG_5550_20130311222232.jpg

湖岸道路に顔を出します↓

IMG_5424_20130310124737.jpg

↓螢谷の交差点

IMG_6307.jpg

↓京阪石山寺の乗り場に着きます。

IMG_5421_20130414183301.jpg

ここまでの流れを撮るのに4日かかりましたw

このように折り返し便が営業運転に入るようになったのは、2001(平成13)年5月21日のダイヤ改正からです。当時は7:47発、現在は7:45発で、学休期運休であるところは変わっていません。

現在はほぼ中型車固定運用ですが、かつてはいろいろな車両が使われていました。中型は、長尺を除いて見たことがありませんでした。ラッピング時代のW-1999、2006(平成18)年7月10日撮影↓

IMG_0332.jpg

一応2号経路の区間運転便なのですが、なぜか南行きのLEDの表示は「新 浜」で、幕はちゃんと2という経路番号が入っています。尤も、突発的、または継続的な車両運用の変更ない限り、なかなか実際に営業運転でこれを見ることはできないでしょう。私も残念ながら写真は持っていません。

朝日の煌めく瀬田川沿いを南下します。

IMG_5429.jpg

次は、石山寺山門前
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
かつて高校に通ってた頃、普段は自転車通学でしたが、雨の日はたまにバス通学でした。
バス停で会った友人と話しに夢中になって、ちょうど来たバスに乗りましたが京阪石山寺で終点でした。
友人は京阪石山寺で京阪電車に乗り換えなのでそのバスでよかったのですが
私は唐橋前で降りるつもりだったので、仕方なく京阪石山寺から歩いた記憶があります。
今は1日1便しかないのですかぁ。かつては間違えて乗ってしまうほど本数があったということなんですね。
私と同じ経験した人いると思いますよ(笑)懐かしい高校時代のエピソードでした。
4日かけて1ショットずつ撮影しはったんですね。根気のいる作業ですね。お疲れ様です。

2013/04/26(金) 02:04:23 | まんたろう | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
まんたろう様、いつもお世話になります。

> 友人は京阪石山寺で京阪電車に乗り換えなのでそのバスでよかったのですが
> 私は唐橋前で降りるつもりだったので、仕方なく京阪石山寺から歩いた記憶があります。

石山地区を含む定期券等の場合は何度乗っても降りても一緒なので、ひとによっては自分が利用したのとは違う方向から来る石山駅行きに乗り継いで少しでも早く石山駅方面に行けることを期待して、京阪石山寺止まりだと知りつつわざと乗るということは、昔からあります。…うまくいかなくて、結局新浜始発の京阪石山寺行きから、大石始発の石山駅行きに乗り継ぐ羽目になることもあるのですが。
でも現金や回数券ではもう一度払い直さないといけなくなってしまいますね。まんたろうさんと同じような経験をされて困ったひとはきっといるでしょうね。

> 4日かけて1ショットずつ撮影しはったんですね。根気のいる作業ですね。お疲れ様です。

1日1本、学休期運休ですから、撮影チャンスが少なく、大変でした。例えば、名神のガード下に入るところを撮影したら、すぐに出るところが撮影できるかと言ったら、当然それは無理なわけで、朝は1分でも長く寝ていたい私にとっては結構苦痛でした。
でも、こう書きたい、というのが一応頭の中に組み上がっていると、それに合わせた写真を撮りに行かざるを得ないので、本当にとんでもないブログを始めてしまったなあ、と我ながら呆れています(^_^;)
2013/04/26(金) 23:53:07 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
雪の日の朝
余談ですが、昨日朝は30分待って来たのが、南中経由石山、南中、そしてこの京阪石山寺行だけで、今思えば一番始めに来た54系統に乗ればよかったのですが、あきらめて京阪石山寺行きに乗りました。
30分もバスが来てなかったので、途中からは満員通過となり、あんなりぎっしり乗客の乗った京阪石山寺行きは初めて見ました(汗)
2014/01/11(土) 15:36:14 | じゅうしまつ | #-[ 編集]
Re: 雪の日の朝
じゅうしまつ様、いつもありがとうございます。

10日の朝は確かにすごかったですね。雪は屋根や畑にうっすら積もっていた程度なのに、なんでこんなにバスが来ないのだろう?と不思議でした。凍結でバスの出庫が遅れたのでしょうか?
ロケーションシステムがないので、こういうとき何があったのかわからなくて困りますね。(かといって、それを導入するタイミングで、アナウンスを変えられることには絶対反対。)

私は、行列や集団を見ても、それが何人ぐらいなのか?というのがよくわからないし、あまり考えたこともないのですが、たぶんどのバス停にも30-40人くらいのひとが待っていました。
私は幸い、空いたバスが次々来るようになったころにうまく乗ることができました。

>あきらめて京阪石山寺行きに乗りました。
> 30分もバスが来てなかったので、途中からは満員通過となり、あんなりぎっしり乗客の乗った京阪石山寺行きは初めて見ました(汗)

朝の30分は大きいですね。
定期券があればいくら乗っても降りても関係ないから、とりあえず石山寺まで行けば、石山団地から来る石山駅行に乗って少しでも早く石山駅に行けるかもしれないとか、何ならもう京阪電車に乗ってしまおう、というひとは普段からいますね。

ただ、私が行ったときはもう石山寺辺りから渋滞で動かなくなってしまって、本当に珍しいくらい遅くなってしまいました。

2014/01/12(日) 12:58:49 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/812-b05fb900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック