青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
大津署前 おおつしょまえ
所在地:大津市打出浜
開設年月日:不明
付近:滋賀県警大津警察署 大津パルコ 国際経営情報専門学校 呼次松児童公園
キロ程:商工会議所前から0.3キロ




その名の通り、大津警察署の前のバス停で、湖岸道路がなかった時に、旧道を経由していたころから継承されているバス停名と思われます。湖岸道路ができてから玄関が湖岸道路側に移りましたが、以前は旧道側に玄関があったようです。

副停留所名は「大津パルコ」とされていて、寧ろ今はパルコの最寄りバス停と認識されているのではないかと思います。「大津パルコ」↓の前には、今は瀬田にある「大津市公設市場」がここにあったことを覚えている方も多いと思います。

IMG_5780.jpg

↓パルコのまん前にある石山方面の乗り場から、石山の方向を望むと、浜大津方面のバス停があるのが見えます。大津市公設市場の移転、大津署の改築など、周囲はいろいろな動きがあったはずなのですが、確認できる限り、80年代からこの位置で、「大津署前」と言いながら、特に浜大津方面のバス停はかなり離れています。
IMG_5789_20130331133241.jpg

上の写真で見るとそのずれがよくお分かり頂けるだろうと思いますが、この付近では湖岸道路が「町」の境界となっていないため、これほどにずれているのに同じ「大津市打出浜」に所在しています。

IMG_5791.jpg

↓大津警察署の庁舎をバックにした、石山方面のバス停。

IMG_5787.jpg

新築されて多分10年くらいは経つのではないかと思います。

↓浜大津方面のバス停。浜大津方面を望む。

IMG_5779.jpg

↓警察署と京阪石場駅の間にある「呼次松児童公園」

IMG_5793_20130331194324.jpg

IMG_5795.jpg

「呼次松」という名前はもはやここにしか残っていませんが、もともと対岸の矢橋との間に通っていた定期船が着く船着き場があり、大きな松の木の根元で船頭が、船の着発を呼び次いでいたからその名がついたと言われています。

ここと矢橋の間を船で行き来すれば、瀬田の唐橋をわたるよりはるかに時間が短縮できますが、反面天候に左右されやすい船に乗るより、安全な陸路を取る方が確実だ、という意味で、

「急がば回れ」

ということわざが生まれたことは、最近テレビなどでも有名になりました。

公園と警察署の間に在る、この細い道から2006(平成18)年までの約5年間、13号経路が左折で顔を出していました。石山駅方面は逆に義仲寺方面から来て、この道に入っていました。

IMG_5792_20130331212546.jpg

この奥、警察署の裏手の旧道を、旧大津市内線が経由していました。

↓コメダコーヒーでちょっと一服すると、義仲寺はすぐです。

IMG_5777.jpg

初めてハンバーガーを頼んだのですが、デカいですね…。

次は、義仲寺です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/797-8a6a5378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック