青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
三条京阪 さんじょうけいはん
所在地;京都市東山区五軒町
開設年月日:1928(昭和3)年3月14日設置、同26日営業開始
改称年月日:1981(昭和56)年1月17日「京阪三条」→「三条京阪」 
付近:京阪三条駅 京都市営地下鉄東西線三条京阪駅 京阪バス三条案内所 三条大橋 京都三条大橋郵便局 檀王(だんのう)法林寺 だん王保育園 三条市営住宅 京都市教委体育健康教育室(旧京都市立有済(ゆうさい)小学校)
キロ程:東山三条から0.5キロ




京阪バスの「三条京阪」バス停としては、旧京津国道線や旧三条六地蔵線の停留所としての歴史の方がはるかに長いですが、今回は京都比叡平線のバス停として取り上げます。

「三条京阪」と私たちは何気なく言っていますが、関東では「京成金町」「京急田浦」のように会社名を先に言うところしか恐らくないだろうと思います。多分、関東のひとには「三条京阪」はじめ「七条京阪」「野田阪神」といった表現はものすごい違和感があるのではないでしょうか。
ウィキペディアによると、もともと三条駅付近一帯を「三条通京阪前」と呼んでいたことに由来するのだそうです。

現在の京都比叡平線は、京阪三条駅10番乗場を京都比叡山線と共用しています。

IMG_4398.jpg
この写真↑は平成24年2月に撮影したのですが、今年3月に再確認することがあって撮影した時には、この時から5年以上経過したのかと思われるほど汚れていてびっくりしました。

IMG_4998_20130324001428.jpg

IMG_4997_20130324001428.jpg

IMG_5003.jpg

↓雨の夜、濡れるB-3979。こんな夜にあんな道を運転するのは大変なことでしょう。

IMG_0498_20120504200641.jpg

ターミナルが現在のような形に整備されたのは、1997(平成9)年10月12日、京津線が廃止されて以降のことです。

それまでは、今駐輪場となっているところや、飲食店が並ぶ“KYOUEN”の辺りが京津線の「京津三条駅」とこれに隣接するバスターミナルでした。

IMG_4395_20120213171950.jpg

IMG_4397.jpg

…古い住宅地図や、「京阪時刻表」の乗り場案内図を見ても、もはやそれが今のどこに当たるのか、何の跡形もないためさっぱり見当がつきません。強いてやってみるとするなら、古い住宅地図を見て、昔の京阪バスの乗り場の東西南北に何が見えたのか、川端通からどのくらいの距離なのかを確認することでしょうか。しかし、住宅地図もどのくらい当てになるか分かりませんし、分かったところで、そこが立ち入れない場所ならどうしようもありません。

なお、貸切バスの時代の1975(昭和50)年1月1日の滋賀日日新聞の広告には時刻表が載っており、京都側のほとんどの貸切バスが百万遍を発着点としている中、8:36発と18:30発の2本だけが「三条京阪ベラミ前」とされています。

「ベラミ」というのが何なのかすぐ分かるひとはある程度年配の方でしょう。調べてみると、有名なナイトクラブだったようです。古い住宅地図にもバス停は書かれていないので、本当に貸切バス専用だったのかと思われます。

1970~80年代の住宅地図を確認すると、今の血管外科クリニックの辺りのようです↓

IMG_5633.jpg

ここでこうして貸切バスを待っていたのでしょうか。画面奥の方の市バスの5系統などが停まるバス停の位置は変わっていないようです。

IMG_5637.jpg

東方向。なるべく余計な車が写りこまないように撮りたいのですが、よほど早朝に来ない限り、ここはいつもこういう感じで、車列が途切れることがありません。

IMG_5635.jpg

市バスの臨時の京都駅行きの表示がきれいに撮れたと思い込んでいたらパソコンで見たら全然ダメでがっかりしました。その市バスの更に右に写っている郵便局は、ベラミがあったころは三条通を挟んでほぼ真向かい、つまりベラミの隣にあったようです。

   §                       §

11月から続けておりました、大津・京都比叡平線開通30周年の記念特集は、今回で終わります。5か月も続くと、もう30周年やら何やらわからない感じですみません。

特集の最後に、昨年9月のダイヤ改正以後の大津・京都比叡平線の連絡時刻表をUPします。ブログも新聞紙の調査もやっていなくて、今よりずっと暇だった頃、こうして自分なりに連絡時刻表を作って、環境定期券制度を使って片道200円で大津京駅から三条京阪まで行ったりしたものでした。

sScan0580.jpg

sScan0581.jpg

緑色の所が約20分以内で比較的連絡がよいところ、赤いところは一応連絡はしますが、かなり待ち時間があるところです。

以前は大津側から京都側に抜ける方が圧倒的に連絡がよくて、その逆はうまく連絡する便が非常に少なかったのですが、今はあまり変わりありません。

基本的にうまく連絡する便しか載せていません。逆に連絡がよいものは、京都比叡山線についても掲載しています。山中町を散策したり、木下美術館を見学したり、比叡平にいくつかあるカフェ等を回って時間をつぶすつもりならもっと他の便も利用できることでしょう。

※素人ですので、100%の正確さは保証できません。この時刻表の利用によって損害が発生しても責任は負えません。あくまでも参考としてご利用頂き、最終的には公式HPの時刻表等をご確認下さい。

残念ながら京滋地区用の1dayチケットは使用できませんが、環境定期券制度が適用され、比叡平に関係のない通勤定期券でも持っていれば土曜・休日ダイヤ適用日は1乗車につき大人100円、子供50円です。この他、京阪グループバスカードはもちろん、スルッとKANSAI2day、3dayチケットも使用できます。

こんなもので需要喚起できるのか分かりませんが、1人でも小さな旅に出てみようと思われる方がいらっしゃれば幸いです。

末筆になりましたが、ご協力頂いたぽんた3号様はじめ比叡平自治会の方、ありがとうございました。特集はこれで終わりますが、また新しい発見があり次第随時取り上げて参りますので、今後とも宜しくお願い致します。

4月からは南郷、大石方面とこれに連続して宇治田原方面を取り上げていきます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます
終点三条京阪に無事到着おめでとうございます。こちらの比叡平線ダイヤ改定の度減便でこの先どうなるか心配です。大津市内総合線も特に国道経由は、次の改定でなくなりそうなダイヤだし心配です。
2013/04/01(月) 10:00:45 | タカリン | #mQop/nM.[ 編集]
Re: おめでとうございます
コメントありがとうございます。

>比叡平線ダイヤ改定の度減便でこの先どうなるか心配です。

人口から見てもともとが採算を維持するのが厳しかったはずです。今後も予断を許さない状況なので、自治会の方々も必死に取り組まれているのだと思います。

>大津市内総合線も特に国道経由は、次の改定でなくなりそうなダイヤだし心配です。

大津比叡平線の車両の送り込みとなっている便が多いので、すぐにそういうことにはならないと思いますが、前の減便でもこんな減らし方あるか、と驚いて、これ以上はもう減らしようがないと思っていたのに、今はどんな田舎かと思うようなダイヤです。全国的に路線バスの減便や廃止は大きな問題ですが、大津市は特に状況がひどいのではないかと思われます。

国道1号は、京滋バイパス全通、山手幹線の開通等で、以前に比べて定時性が確保されやすくなっているはずなのに、道路が空き始めてからどんどん本数が減ったこの皮肉さ。かつて近江だけで日中10分間隔で走っていたのだから、潜在的な需要はきっとあるはずなのに、掘り起こせていないのが歯がゆいです。

2013/04/02(火) 00:28:49 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
三条京阪到着おめでとうございます。
関東では会社名が後になるバス停は「宇都宮東武」があります。関東自動車、東野交通、JRバス関東のバス停です。東武鉄道の駅名は「東武宇都宮」ですので「東武宇都宮駅前」でもよさそうに思いますが、バス停は「宇都宮東武」です。
関東自動車、JRバス関東は途中のバス停ですが、東野交通は東武鉄道グループのバス会社で、ここが始発、終着となるため「宇都宮東武」の方向幕が見られます。

また、東野交通には京阪バスの中古車がA、B、Cの3種類を見ることができましたが、最近は見かけません。関東自動車には京阪宇治交通の中古車がありましたが廃車されました。最近は大阪市バスの中古車をよく見かけます。
2013/04/03(水) 20:44:37 | T.F | #-[ 編集]
Re: 三条京阪到着おめでとうございます。
T.F.様、いつも貴重な写真や情報の提供、ありがとうございます。

> 関東では会社名が後になるバス停は「宇都宮東武」があります。

そうでしたか。これは不勉強で失礼致しました。
これは、駅名というより「宇都宮東武百貨店」を中心とする駅前の通称、というニュアンスなのかもしれませんね。

> また、東野交通には京阪バスの中古車がA、B、Cの3種類を見ることができましたが、最近は見かけません。

私は、発達心理学でいう「物の永続性」(見えないものであっても、その時の状況から、存在し続けているであろうと推測し、認識する力)がない乳児みたいに、目の前からなくなってしまうともうそこでお終いで、そのあとどうなっている、ということに対する関心がないのですが、さすがにここは有名なので知っていました。

もうないんですね…。
2013/04/03(水) 23:17:16 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/795-536c7cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック