青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
五百羅漢前 ごひゃくらかんまえ
所在地:大津市中庄一丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:中ノ庄会館 篠津神社 光源寺 (現在ないもの)五百羅漢〔圓福院〕


旧東海道が、岬のように大きく湖側にせり出した網町からまた大きな屈曲を右に曲がったところが、五百羅漢前です。

IMG_1286.jpgIMG_1285_20131103081549a15.jpg



その角にあるマンションには、ATMコーナーが設置されています。
IMG_1281.jpg

マンション用のATMとはすごいです↓

IMG_1280.jpg

ここから右に首を振ると、こんな町並みです↓

五百羅漢前?石山向

「五百羅漢前」とは、何やらいわくありげな停留所名です。圓福院というお寺の通称だったようですが、今はここ中ノ庄にそのような寺院は影も形もありません。

いろいろ調べて、上の写真の右手に見える、この「フォレストヒル」という賃貸マンションの位置が圓福院だったことが分かりました↓

IMG_1269.jpg

因みに、手前に「七五三詣り」などと書かれたのぼりがありますが、これはここが篠津神社の入口であるためです。

圓福院がいきなり「フォレストヒル」になったのではありません。1981(昭和56)年のゼンリンの住宅地図ではこの位置に「ビワコストアー」というマーケットがありました。ネットで検索してもこれといった情報は全くヒットしませんでしたが、石山のパルのような個人商店の集まる店だったようです。

何の表記も痕跡もないので、下調べをしていないと、どこに五百羅漢があったのだろう、と思ってしまうことでしょう。

羅漢の意味は一義的には説明しにくいのですが、サンスクリット語のアルハンが「阿羅漢」となったものがさらに縮まったもので、「尊敬に値するもの」といったニュアンスだそうです。東南アジアの仏教(上座部仏教)においては最高の悟りに達した聖者とされますが、日本のような大乗仏教では菩薩にまでは及ばないということになっています。
ただ、釈迦のたくさんの弟子のうち、500人の高弟であることは間違いないようです。

↓バス停があったのは、1962(昭和37)年の「京阪神市街地図集」(大阪人文社)によると、湖岸に続く細い道が北に分かれるところです。

IMG_1259_20131230215436f12.jpg

ご覧下さい。驚いたことに当時の地図に描かれている屈曲がなんとそのまま残されています↓

IMG_1261.jpg

奥の方(といっても現在はふつう表側と認識されている湖岸側)はマンションばかりで、昔の面影は跡形もなく、もしこの辺りで昔生まれ育ったひとが久しぶりに帰ってきたら、がっかりしてしまったり、がっかりを通り越して、本当に自分の故郷か分からなくなってしまうかもしれませんが、この屈曲だけが、あなたが探している場所はここだ、と指し示しているかのようです。

↓ここがその路地の前、石山方面を望む。

IMG_1260.jpg

↓路地の前、浜大津方面を望む。左手の黄色い建物が「フォレストヒル」、圓福院跡です。

IMG_1258_20131230215438c65.jpg

右手の消火栓の標識が出ているところから右に折れるのが、先の路地です。
この消火栓の辺りにバス停のポールがあったのでしょうか?

それにしても、圓福院はどこに行ってしまったのでしょうか?バス停名になるくらいですから、観光寺院ではないにしてもそれなりに地元では有名で、親しまれてきたのでしょうに。

これについては次回取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ビワコストア
順を追ってコメントしようと思っているのですが、ビワコストアについてです。

自宅から近江大橋西詰にあった社会保険センター(現 近畿健康管理センター)まで週に一度自転車で通っていた時期があったので このあたりはちょっとわかります。
7.8年前まで フォレストビルの場所は小さなスーパーでした。「ビワコストア」だったかどうかはわかりませんが、「パル」というより 南郷のワコーのような規模のお店でした。
それでもなんでも安く揃うので 帰りによく買物をしていました。 通わなくなって久しぶりに通ったらビルになっていました。
2014/06/17(火) 20:56:19 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
Re: ビワコストア
> 7.8年前まで フォレストビルの場所は小さなスーパーでした。「ビワコストア」だったかどうかはわかりませんが、「パル」というより 南郷のワコーのような規模のお店でした。

そんな最近だったんですね。
「膳所プラザ」といったところでしょうか。
前にも書いた気がしますが、地震や台風などの災害が多いので、建物を取り壊して建てて、の繰り返しで、簡単に跡がなくなってしまうのが日本の特徴ですね。

2014/06/18(水) 22:05:15 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
ハッピーびわこ
お久しぶりです。

ビワコストアについては、その後、ハッピーびわこという
名前に変わり、後に閉店しています。90年代半ばぐらいに
閉店したように記憶しています。当時、錦駅の直近に
ハッピーぜぜ(旧共栄ストアだったかな?)という店が
ありましたから、系列店だったのではないのでしょうか。
2014/06/21(土) 18:52:41 | 膳テツ | #-[ 編集]
Re: ハッピーびわこ
膳テツ様、こちらこそご無沙汰しております。
情報ありがとうございます。ネットが普及する直前ということもあってか、検索してもほとんどヒットしないですね。私は聞いたことがあるようなないようなという感じで、今一つピンと来ないのですが、地域の方の記憶の中には今もある大切な店なのでしょうか。
2014/06/21(土) 23:02:17 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
他の記事をいくつか読ませていただきましたが、大変興味深いです。

たまたま其処にいたのですが、今年の撮影でしたら篠津神社前の車を見るとお見かけした方だと思います。

地元を取り上げて下さってありがとうございます。
2014/06/24(火) 09:23:18 | とことこ | #YzsZgp7A[ 編集]
Re: タイトルなし
とことこ様、備忘録程度の内容なのに、興味を持って下さってありがとうございます。
写真の件ですが、4年前の撮影なので、残念ながら見かけられたのは別の方だと思います。
2014/06/24(火) 20:20:24 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/792-a9dab2f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック