青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
大津市民会館 おおつしみんかいかん
所在地:大津市島の関
開設年月日:1998(平成10)年10月1日
付近:大津市民会館 大津建設会館 なぎさ公園
キロ程:浜大津アーカスから0.4キロ(大津駅から1.5キロ)


大津市民会館は、正直なところもともとあまり冴えない感じなのに、びわ湖ホールができてからすっかり影が薄くなってしまったように思います。

しかし、有名アーティストのコンサートもまだしばしば行われているようですし、ニッチな感じのイベントや講座などそれなりに稼働しているようです。

IMG_5495.jpg



↓バス停は、開館の正面から直角カーブを琵琶湖側に曲がったところにあります。
IMG_5497.jpg

↓琵琶湖ホテルも見えます。

IMG_5500.jpg

↓道を挟んで反対側から見ています。

IMG_5491.jpg

↓大津プリンスホテル方面のバス停すぐそばに、花登筺(はなとこばこ 1928-1983)の文学碑があります。

IMG_5485.jpg

大津市出身で、市立図書館に特設コーナーがあります。「細うで繁盛記」「ぼてじゃこ物語」などの脚本を多数書き、昭和30-40年代のテレビドラマを語るのに欠かせない存在です。間寛平、チャーリー浜などは孫弟子にあたるのだそうです。

「泣くは人生 笑うは修行 勝つは根性」という座右の銘が書かれています↓ 

IMG_5486.jpg

↓一方こちらは大津駅方面のバス停。

IMG_5487.jpg

↓もともとは市民会館裏口のすぐそば、大津プリンスホテル方面のバス停も見える位置なのですが、ご覧の通り、工事で移動中、と書かれています。

IMG_5492.jpg

IMG_5490.jpg

工事期間も書かれておらず、当分はこの位置が続くのでしょうか。

次は、びわ湖ホールです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/782-f916d25d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック