青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
湖岸住宅前 こがんじゅうたくまえ
所在地:大津市晴嵐一丁目?
開設年月日:不明
廃止年月日:不明(1980(昭和55)年前後?)
付近:日本精工大津工場 瀬田川水道橋
キロ程:粟津中学校前から0.6キロ


もはやインターネットで検索してもほぼ何もヒットしない、謎のバス停ですが、1964年(昭和39)年1月6日付の路線図に掲載されているキロ程や、各種の古い都市地図を見る限り、この辺りにあったバス停だろうと思われます。



JRのガードの北、日本精工などの工場と瀬田川に囲まれた一角の住宅街です。

IMG_5291_20141021212700cfc.jpg

現在、この付近の住宅を特に「湖岸住宅」と呼んだりするのを聞いたことがありませんし、ネットで検索してもやはり何もヒットしませんが、開発当初はそういう名称で売り出されていたのかもしれません。

↓粟津中学校寄りから見た全景

IMG_5296_20141021212701f8a.jpg

40年、50年前は、このようにして撮影すると、どこかにバス停が写り込んだのだろうと思われます。

このバス停が掲載されている住宅地図はないため、掲載がある僅かな都市地図を参考に位置を推定するしかありません。

↓日本精工の大津工場は1953(昭和28)年に操業を開始していますので、湖岸道路ができる前からあったのでしょう。

IMG_5295_201410212126587e1.jpg

守口の「天辻工場前」バス停の由来である「天辻鋼球株式会社」は、同社の子会社です。

IMG_5289.jpg

そばの路面に、「歩行者専用」標識と同じデザインの絵↓

IMG_5279_20141021212532666.jpg

ここまで忠実に焼き付けなくても、と思うのですが…。
この標識は、誘拐犯が子どもを無理やり連れて行こうとしている絵だという都市伝説がありますが、全くのデタラメのようです。世界共通デザインですが、旧西ドイツでは、デザイン制定当時の大統領が「誘拐犯のように見える」と苦言を呈してデザインを変えたといういきさつがあり、それが誤解されたり話に尾ひれがついたりして、「誘拐犯」伝説が生まれたようです。
言われてみれば確かに、子どもが心なしか身をよじらせて嫌がっているように見えなくもありません。

↓バス停があったのではなかろうかと思われる辺りの、北向き全景

IMG_5276_20141021212530e58.jpg

↓同じく南向き全景

IMG_5280_201410212126566fc.jpg

先ほど書きましたような事情で、場所はよく分かりませんが、JRのガードと、湖岸住宅の北端の中間地点ではないかと思います。

↓湖岸住宅の北で、琵琶湖と瀬田川の管理境界が分かれます。

IMG_5294_201410212125302b6.jpg

琵琶湖の幅が一番狭いところ、というと、必ず琵琶湖大橋がかかっている堅田-守山間だと何を見てもそう書いてあります。でも私が子どもの頃からここにはこの看板が立っていたので、私はずっとここが琵琶湖の幅が一番狭いところじゃないか、と思っています。ちゃんと測る技術なんて持っていませんが、どこからどう見てもこっちの方が狭いです。

↓ここには1972(昭和47)年から水道橋がかかっています。正式名称は「瀬田川共同橋」というそうですが、何がどう共同なのかよく分かりません。

IMG_5286.jpg

京阪電車で最近、「中二病でも恋がしたい」のラッピング電車が走っていますが、何とこの水道橋をはじめとする瀬田川沿いや、日野町鎌掛(かいがけ)など、滋賀県・福井県の各地が舞台となっているそうです。

↓最近、琵琶湖の環境と生態系に悪影響を与えているということで話題になっている、ホテイアオイ(緑色の厚みのある葉っぱの方)などの水草が多数ありました。

IMG_5287.jpg

昔はカワニナが護岸にたくさんへばりついていたのですが、今回訪問した時は全くいませんでした。時期の関係ならいいのですが、環境が少しずつ変わっていくのが不安です。

次は、石山乗船場前です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/779-a10e9c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック