青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
野々宮 ののみや
所在地:大津市石山寺三丁目
開設年月日:1966(昭和41)年6月1日?
付近:京滋バイパス石山インターチェンジ 石山別所郵便局 石山南郷交番 市営住宅寺辺団地 生鮮マートかねまん (現在ないもの)大津市役所石山支所
キロ程:石山幼稚園前から0.3キロ




『大平山のあゆみ』に引用されている、「石山寺円乗院所蔵大地図所載地名表」には記載がありますが、その他の文献では全く見られない地名です。一体どこでどうやって調べてこんな地名をバス停名に採用したのか、基準が分かりません。

IMG_4297_201408231941040b9.jpg

小字を残すことは悪いことではないと思う半面、バス停名にわざわざ誰も知らないような地名を選ばなくても、という気もします。その点が「大津百町」など、もともと正式な住所として使われていたりして、生活の中に根付いていた旧町名とは少し事情が違う気がします。いや、こういう小字も元々みな使っていたのかな。

このバス停とその周辺は、1988(昭和63)年の京滋バイパス開通前後から大変貌を遂げたため、住宅地図を見ても、以前の何と現在のどこが対応するのか、はっきりしない部分が多いです。このため、意外に思われるかもしれませんが、私にとっては最も取材しにくいバス停の1つでした。
ただ、それでもバス停のポールの位置自体はほとんど変わっていないものと思われます。

↓石山団地・南郷方面のバス停から見た、石山小学校前・石山駅方面

IMG_4295.jpg

石山団地方面全景↓

IMG_4296.jpg

京阪バスなら大阪方面でもよく見られるこのタイプの上屋も、昔から使われているものだろうと思います。
ただ、バスポケット↓は京滋バイパス開通前後の道路整備をきっかけに後からできたものだと思われます。

IMG_4287_20140810121921565.jpg

IMG_4294_20140823194106543.jpg

↓バス停の後ろの植え込みも新たに整備されたもののようです。1986(昭和61)年版の住宅地図では交差点の形状が今と違って、ほぼ東西南北に直行する十字路で、植え込みとその北側は商店や民家だったようです。

IMG_4288_20140810121821493.jpg

更に後ろに見える「生鮮マート かねまん」は、10数年前は「フードショップ マルミ」だったと思いますが、今ネットで検索しても何もヒットしません。「かねまん」は曽ては石山商店街のパルの中など、何店舗かあった気がしますが、今はここだけです。ただ、平和堂のような大型のチェーン店とは違う、独自の仕入れルートがあるのか、特に生鮮品はいい品物が多く、大きなチェーン店では飽き足らないひとや、そこだけでは揃わない珍しいものを求めるひとで、それなりに混み合っています。

この交差点で、南中系統が分岐・合流します↓

IMG_4568_20140823194101a0c.jpg

もともとは京滋バイパスの石山インターチェンジのうち宇治方面の入口を含む変則的な五差路で、信号の制御や通行の仕方が複雑でした。石山団地方面からバイパスの側道に左折する場合は信号に関係なく左折できた気がします。今も古い標識にその名残が見られます。

また、上の写真のようなちゃんとした右折レーンは90年代後半にはまだ存在せず、特に雨の日など滋賀大西門バス停付近まで深刻な渋滞が起きて、バスが石山駅に着くころには30分ほど遅れている、などということもざらにありました。
これは、右折レーンがなかったということだけでなく、交差点が変則的なため、千町方面からの北行きの青信号が短かったということもあるのかもしれません。

こうした複雑な通行・制御方法もあり、渋滞のため信号が青の間に急いで通行しようとスピードを上げる車が多かったのか、もう10年以上前だと思いますが、深刻な死亡事故が発生しました。
さすがに危険と判断されたのか、2004(平成16)年頃に現在の形状に変更されました。

それまでは、この写真でN-3154が滋賀大西門からの坂を転がり下りてくる背後に見える木立がかつてのインターチェンジです↓

IMG_4585.jpg

↓現在、宇治方面の入口は滋賀大寄りのこの1か所になっています。

IMG_4586_20140823181153f6d.jpg

京滋バイパス開通当初からこの入口もあることはあったのですが、千町など南側から入る車しか利用できず、「南の方向から来て、また南に向かう」という格好になるせいか、インターチェンジが今の形状になるまでは、ほとんど利用する車を見たことがありません。今は思いがけず役に立っています。


平津 【石山外畑線・宇交石山線10】の項で紹介させて頂いた、ケンジ様からご提供頂いた昭和58年頃の当バス停時刻表写真は、私が知る限り初めての、本記事UP日現在唯一の、「平津行き」が存在したことが確認できる大変貴重な資料です↓

野々宮 S58頃

文字がつぶれてしまっていますが、恐らく8:07発が平津止まりだと思われます。
当時は石山市民センターが付近にあったため、「石山市民センター前」が副停留所名でした。

↓恐らくこの「さんはうす」の位置がかつての石山市民センターです。

IMG_4588_20140823190225e52.jpg

現在は、石山小学校の南側に移転しています。

1986(昭和61)年版の住宅地図だと、石山駅方面のポールが、この前にあったようにも見えるのですが、道が狭くて、両方向のポールの絵が道いっぱいに書かれていて、どちらが石山団地方面なのか何なのかよく分からず、あまりあてにできません。

車内で広告アナウンスが流れる司法書士事務所が入っているのがこの建物です。
郵便局は今の樋ノ口バス停付近から移ってきたもので、その向こうに見えるのが石山南郷交番、おそらく石山寺駐在所と大平駐在所を統合移転したものだろうと思われます。

公的機関や店舗など、中心的な建物がある程度集中している南郷や大石と違って、石山学区にははっきりした核がありませんが、やはり国道422号線から石山団地に向かうこの通りが基軸と考えるのが自然でありましょう。

IMG_4301.jpg


次は、樋ノ口【石山団地系統】/滋賀大西門【南郷中学校系統】です
※本シリーズでは樋ノ口を取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/778-cb79b331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック