青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
土曜の夕暮れ、栄町との間の「鳥居川」交差点。混んでいます。平日の朝もこういう感じです。
「石山駅」の項で取り上げた、都市計画道路が開通すると、大分車の流れが変わって、すっきりするかもしれません。

IMG_5530.jpg

これほど渋滞していない時でも、浜大津方面から京阪電車に乗ってきて、京阪石山ではバスにタッチの差で乗り換えられそうにないという場合、唐橋前で降りて乗り換えると、まずほとんど間違いなく乗り換えられる、というのは石山・南郷方面の住民の「豆知識」?? これが石山寺では行き過ぎで、なかなか青に変わらない横断歩道で待ちぼうけを食らっている間にバスに追いつかれてしまうことがあるのです。

ここにも写っている中途半端な植え込みスペース、何とかならないのかと思いますが、80年代は何と民家でした。しかし、1971(昭和46)年の住宅地図を見るとこんな形にはなっておらず、手前のショートカットするような道もなくて普通に家が建ち並んでおり、なぜ、どういう事情でこうなってしまったのか不思議です。

なお、びわ湖放送でリバイバル放送された『近江風土記』の第12回「東海道をゆく」で唐橋の西詰が映りましたが、当時はそこが「鳥居川」交差点だったようで、信号機の下に「鳥居川」と書かれていました。今の感覚だと、「鳥居川」というには東に寄り過ぎている気がしますが、もともとは「栄町」の項にも書いたように、もっと広い範囲を指す地名だったということで、そこを「鳥居川」と呼んでもおかしくなかったのでしょう。

ここを過ぎて、踏切を何とか渡ると、目いっぱいハンドルを切っての右折↓

IMG_5526.jpg

乗っていていつも、こんなアングルで曲がり切れるのか?角のビルにぶつかるのではないか?と不安になりますが、さすがプロで、事故が起きたなんて聞いたことがありません。

ここからはもうこっちのもの、よほどのことがなければこれより南で渋滞が起きることはなく、すいすいと走れます。

一方、国分方面のバス停ポールは、先ほどの鳥居川の交差点を右折してすぐの全く別の場所にあります。

↓国分方面を望む。

IMG_5432.jpg

↓石山駅方面を望む。

IMG_5436_20130310124617.jpg

これらのポールは恐らく、1965(昭和40)年4月22日の、国分町方面延長開通の時に設置されたのだろうと思われます。

↓石山商店街が歩行者天国となる夜市の時の迂回用ポールは唐橋の東詰のすぐ南にあり、他のポールよりずっとから橋に近い、文字通りの「唐橋前」です。

IMG_3593_20130127113655.jpg

IMG_3594.jpgIMG_3592_20130127113654.jpg

未だに「JRバス」「宇治交サービス」の文字が見えます。

1、2、4号経路などが使用する石山駅向きのポールについては、るうパパ様が20数年前の写真を撮っていらっしゃいました↓

唐橋前CP出力前停留所

できるだけ同じアングルで2013年3月現在の様子を私も撮影しました↓

IMG_5523_20130310095229.jpg

背景の電気店はほとんど変わっていません。向って左隣の福井銀行大津支店は建て替えられたようです。なぜか市内中心部でなく、2006(平成18)年に草津支店ができるまで長らくの間滋賀県唯一の店舗としてここに存在し続けています。1987(昭和62)年の住宅地図ではまだ「福井銀行用地」となっているので、るうパパさんの写真は、福井銀行ができた直後かもしれません。
よく見たら帝産と近江の位置が入れ替わっています。何のタイミングでいつ替わったのでしょう?

因みに、帝産湖南交通(旧湖南交通)が設立されて、上田上の牧、及び田上の里から石山駅まで路線バスを運行するに当たり、京阪自動車と重複する石山駅―唐橋前間について、1949(昭和24)年7月30日付で京阪自動車株式会社が湖南交通株式会社に対して、この間のクローズドアを条件に乗り入れに同意する旨の「路線競合に關(引用者注 =関)する同意書」が取り交わされています(国立公文書館蔵)↓

ssScan0577.jpg

ssScan0578.jpg

「京阪神急行電鉄」の文字が時代を感じさせます。

DSC_0007.jpg

明日もいい日でありますように。

次は、京阪石山寺。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
停留所ポールの数
こんばんは。いつもお世話になっています。
大津市内で1つの停留所名につきポールが6ヶ所(近江・帝産の東行きと京阪の臨時停留所を含む)もある停留所は珍しいのではないでしょうか。近江・帝産の臨時停留所は別にありましたっけ? そうすると7ヶ所?
2013/04/15(月) 23:14:06 | METEOR | #-[ 編集]
Re: 停留所ポールの数
こちらこそお世話様です。

> 大津市内で1つの停留所名につきポールが6ヶ所(近江・帝産の東行きと京阪の臨時停留所を含む)もある停留所は珍しいのではないでしょうか。

珍しいと言いますか、他にないと思います。駅でもここまで多数のポール、乗り場はありません。

>近江・帝産の臨時停留所は別にありましたっけ? そうすると7ヶ所?

いや、京阪と一緒だと思います。
2013/04/16(火) 00:37:55 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/777-10c140a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック