青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
6年前の昨日、2011(平成23)年3月19日大津比叡平線のうち、大津京駅-浜大津間が廃止されました(最終運行日18日)。早いものです。
ごく短い距離である上、三保ヶ崎や競艇場前は京都今津線の項で、既に大津比叡平線の廃線にも言及しているため、バス停として全く取り上げていないのは尾花川くらいなのですが、16号経路と統合する形で66、66A号経路が延伸して間もなく1年経ちますので、そちらとも併せて数回おつきあい下さい。

浜大津 はまおおつ
所在地:大津市浜大津一丁目
開設年月日:不明
付近:京阪浜大津駅 京阪大津ビル 浜大津港 明日都浜大津 スカイプラザ浜大津 NTT西日本滋賀支店(旧日本電信電話公社大津電話局) 旧大津公会堂 浜大津郵便局
キロ程:


↓大津比叡平線は、湖西方面の扱いで、2番乗場から発車していました。

ssIMG_3770.jpg

末期は1日1.5往復でした。
IMG_2656.jpg

恐らく、国道市民病院発着時代も、ここから発車していたのでしょう。

↓江若バス浜大津線同様、一旦スカイプラザ浜大津の駐車場に入ってから湖岸道路に出ていました。

IMG_2736.jpg

スカイプラザ浜大津がない時代も、T.F.様の京津国道線びわこホテル行きや、国道161号線回りの大津市内総合線の写真を見る限り、ほぼこれに近いルートを取っていたようです。

↓これに対して、内陸の三井寺、市役所回りの大津市内総合線は一旦京都側に顔を出して右折し、京阪石山坂本線に沿うようにして三保ヶ崎に向かいます。

IMG_2662.jpg

これは「西大津駅」時代に撮影しました。

昔の滋賀里行きや、びわこホテル行きには、石山駅始発でも三井寺・市役所前回りと、国道161号線回りと2つのパターンがあったようなのですが、少なくとも1980年代には石山駅以南発着便は全て市役所前回りになっていたので、国道161号線回りというのはこちらの方の地理や路線に疎いこともあってピンときにくくて、京津国道線や大津比叡山線など、「よそ行き」の路線の通り道、という印象があります。

↓発車待ちのB-1853

00000565.jpg

00000564.jpg

↓もう、運賃表ごと取り換えられてしまって、見ることのできない表示

IMG_3702.jpg

全区間通すと410円で、大津京駅より60円増しです。整理券5は三保ヶ崎から1区間だけの特区運賃です。

↓そして、大津比叡平線が来なくなって、2番乗場を定期的に使用する京阪バスの路線はなくなりました。

IMG_5394_20130303122846.jpg

次は、札の辻【京津国道線・京都今津線】/浜町勧銀前【大津市内総合線他】/市役所前【旧大津市内線石山駅方面】/川口町【旧大津市内線三井寺方面】/三保ヶ崎【大津比叡平線・大津市内総合線他】/西大津駅【大津比叡山線】です。

※本シリーズとしては次回は三保ヶ崎に進みます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/772-3334faa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック