青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
京阪滋賀里駅前 けいはんしがさとえきまえ
所在地:(坂本方面)大津市滋賀里一丁目 (浜大津方面)大津市見世二丁目
開設年月日:1957(昭和32)年8月1日?
廃止年月日:2006(平成18)年7月1日
付近:京阪滋賀里駅
キロ程:郵便局前から0.8キロ 




大津線の駅では数少ない、「京阪○○駅」式のバス停がある駅でした。
他には「京阪坂本駅前」があるだけで、石山寺は「京阪石山寺」です。

思えば京阪南滋賀からまるまる1駅分です。京阪石山寺と唐橋前の間と同じですね。

ここも、匿名希望様が浜大津・石山駅方面のバス停があった時の写真を撮影されていました。

京阪滋賀里駅前

あまり余裕がある土地とは言えませんが、それでもベンチが据えられていたことが分かります。
↓できるだけ同じアングルになるように撮影。

IMG_4353_20121203205955.jpg

雑草がすっきりしていることに気が付きます。

↓匿名希望様の写真からも、埋め込み式だったらしいことが分かりますが、今も痕跡が残っています。

IMG_4355_20121203205956.jpg

IMG_4354_201409280916020da.jpg

↓坂本方面のポールがあったと思われる場所も描き込んだ、浜大津方面全景。

IMG_4356_20140928091605562.jpg

↓坂本方面全景

IMG_4359_20140928091603e79.jpg

名前が変わる交差点も多い中、ここの交差点は昔から「滋賀里電停前」と、路面電車のような呼び方をしています。

尚、この辺りは昔の山中越えの東側の出入口でもあります。

↓少し山手に入ると、もうこんな農村風景です。紅葉した比叡山と古くからの家並みが、ここに住んだことがあるわけでもないのに懐かしいです。

IMG_4343_201409280916547ab.jpg

↓山中越えの道祖神と考えられている「志賀の大仏」

IMG_4337.jpg

IMG_4335_201409280916559e3.jpg

IMG_4334.jpg

↓この上には、祟福寺跡があります。

IMG_4313_201409280918503cc.jpg

IMG_4319.jpg

IMG_4320.jpg

平安時代から室町時代にかけて、3つの尾根に伽藍が建ち並んでいたと言いますが、こんな山の中で、なぜ、どのようにして建てられたのか不思議です。火災に見舞われたり、三井寺と延暦寺の抗争に巻き込まれたりして、結局室町時代にはなくなってしまったようです。

散り行く紅葉に栄枯盛衰を感じさせられます。

次は、滋賀里です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/770-4e9cc463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック