青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
坂本ケーブル乗場 さかもとけーぶるのりば
所在地:大津市坂本四丁目
開設年月日:1970(昭和45)年から1976(昭和51)年の間
廃止年月日:2006(平成18)年7月1日
付近:延暦寺学園比叡山高等学校・比叡山幼稚園 比叡山鉄道ケーブル坂本駅 叡山学院・叡山学院寮 比叡山文化研究所 天台宗務庁(天台宗典編纂所) 比叡山高校山家寮 琵琶湖病院精神衛生研究所
キロ程:琵琶湖病院前から0.3キロ




ケーブル坂本駅の真ん前にある、「ケーブル坂本駅」バス停とは別にその入口に当たるところにこのバス停がありました。

↓ここも匿名希望様の写真がありました。

坂本ケーブル乗場

これは京阪坂本方面のバス停です。

↓できるだけ同じアングルになるように撮影しました。

IMG_5074_20141109160007118.jpg

北行きは、1997(平成9)年まで、比叡山高校の入口付近にポールがあり、1998(平成10)年頃から廃止までは、上の写真の通り、南寄りの擁壁沿いにあったようです。

IMG_4974.jpg

今は「一隅を照らす」の大きな看板があって、本当にこんな位置にバス停があったのかよく分かりません。
確かにここでは、ケーブル坂本駅から下ってきたバスや車と鉢合わせになって、交通が停滞する可能性がありますね。

↓旧バス停位置から、石山駅方面の乗り場跡を望む。橋を挟んで、かなりの距離があることが分かります。

IMG_5079_20141004220210b28.jpg

↓ケーブル坂本駅方面を望む。

IMG_4973_20141004215725d0d.jpg

↓ケーブル坂本線のバスが下りてきて、比叡山坂本駅に向かっていきます。

IMG_5365_201410191837293ba.jpg

行楽シーズンは結構な利用者があって驚かされます。

逆に私は、ここで、運行最終日のW-1202 石山駅行きを撮影しておりました。

00000561_20121022215114.jpg

路線があった当時、ケーブルの接続を待つ関係で、少し停車する時間があり、私は普段滅多に運転手さんに話しかけたりしないのですが、この時はお願いして厚かましくも停車中に撮影させてもらいました。

↓乗り場全景 坂本向き。

IMG_5076_201410042202087b1.jpg

今路線が復活しても何も困らないようなバスポケットがちゃんと残っています。

↓逆に石山方面を望むと、見えますでしょうか?コンクリート舗装の標柱跡がよく分かります。

IMG_4979_201410042157290c7.jpg

↓跡のアップ

IMG_4978_20141004215726134.jpg

確かに私が撮影した写真でもここにポールがあったことが分かります。

↓南行き全景写真に両方向のバス停跡を描き込みました。

IMG_5078.jpg

因みに、南行きの停留所の位置は、はっきりした記録がある1985(昭和60)年頃から廃止の時までずっと変わっていなかったようです。

日吉大社からの、直角カーブしたこの坂を上ってくるシーンと、石垣の前を走るシーンはこの路線のハイライトの一つでしょう。

IMG_5173_20141018211937518.jpg

DSC_0805_2015010414141434d.jpg

京阪バスがあった頃にここで撮影しておいたらよかったとつくづく後悔しました。

次は、日吉大社前です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/765-02d89734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック