青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
瓦ヶ浜 かわらがはま
所在地:大津市杉浦町
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:旧大津北浦郵便局


杉浦重剛の生家から西に進みます。これといった目印がないので、後で写真を見返してもどこなのか思い出すのに苦労しますが、道が僅かに広くなるここが瓦ヶ浜です。

IMG_0789.jpg

バス停名は瓦ヶ浜ですが、京阪電車の瓦ヶ浜駅からは遠かったようです。



『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』によると、中ノ庄村の一部で、膳所城築城の時に、ここを流れる篠津川沿いで多数の瓦を焼いたことによる地名だということで、ずっと小字として存続し、1951(昭和26)年から1964(昭和39)年まで膳所瓦ヶ浜町となりました。私の手元の1962(昭和37)年現在の「京阪神市街地図集」には、このような地名は見られません。

バス停は、この古い建物の前辺りにあったのではないかと推測しました。もちろん、先述の「京阪神市街地図集」に書かれている、ということもありますが、ここは道が少し広くて、バスが止まっても、反対からくる車が割合スムーズに離合できそうなためです↓
IMG_7333.jpg

上の写真はバス停があったと思われる場所から、浜大津方面を望んでいます。

↓もう少し浜大津方面に進んでから、先を撮っています。

IMG_0792.jpg

1962(昭和37)年の「京阪神都市地図集」によると、この建物が当時は郵便局だったようです。

IMG_0791.jpg

IMG_7335.jpg

もはや名残をとどめるのはポストだけです。

後で調べて、旧「大津北浦郵便局」だと分かりました。

IMG_7334.jpg

1966(昭和41)年5月いっぱいで京阪瓦ヶ浜駅前にある「大津中ノ庄郵便局」に移転、統合されています。

確かに玄関が普通の民家という感じの造りではありません。ただ、古い住宅地図を見ていると、閉局後一時的に個人の家として使われてはいたようです。

何年締め切られたままなのでしょうか?誰がカギを持っているのか分かりませんが、何だか開けるのが怖いです。でも開けたいです。中がどうなっているのか知りたいです。

かなり傷んでいます。

IMG_0790_20131104231951ae5.jpg

でも、どうして取り壊されずにそのまま残っているのでしょう?

私が「取材」していると、近くのおばあさんが散歩。でも退屈なのか、玄関から出てきた息子か婿らしい男性を、なぜか「お父さん」と呼んで、
「どこか行くんか?連れて行って…。アカンか?」
まるで土日に「パパどこか連れて行って!」とせがむ子どもみたいだな、と笑いそうになりましたが、たいてい家に引きこもりがちな高齢者が、外出したがるというのはいいことです。
答えは聞こえませんでしたが、どうも外出ではなかったようでした。
腰が曲がっていて、歩くのは大変そうですが、ちょっとスーパーマーケットに行くだけでも気が紛れて楽しいのでしょう。

何か郵便局だった当時の痕跡がないかと玄関をじっと見ていると、背中に気配を感じました。振り返ると、さっきのおばあさんが私を見ていて、話しかけてきました。
「それ、貼らはるのか?」
それ、というのは私が取材用に持ち歩いている地図のことです。
「いやいや、違います」
と答えると、建物にいろいろな張り紙があるのが汚いから剥がそうと思っている、と言います。

「お祭りの時に、ここでお神輿が一服しはるのに、こんなややこしいのが貼ってあったら汚いから」
確かに、個人の家ではないという気楽さからなのか、たくさんの張り紙があります。
「昔バス停があったんですか?」とか聞いてみたかったのですが、おばあさんは補聴器をつけていて、なかなか話が通じず、
「お神輿がここで一服しはるから、剥がそう思ってますねん」
を繰り返しました。でも、
「ここは昔郵便局やったんですね」
というと、
「そうや」
と答えてくれました。ここが郵便局だった当時を覚えている方がいらっしゃるのです。
「お気をつけて」
と言って、私を送り出してくれたおばあさん、いつまでもお元気で。

IMG_0798_20131104231954438.jpg

次は、中ノ庄です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/741-e27b64de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック