青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
滋賀マツダ前 しがまつだまえ
所在地:(石山駅方面)大津市馬場二丁目 (浜大津方面)大津市竜が丘
開設年月日:不明
改称年月日:不明 (馬場⇒滋賀マツダ前?)
付近:京滋マツダ(旧滋賀マツダ)大津店 大津市立やまびこ総合支援センター セレマ大津シティホール 関西アーバン銀行竜が丘支店 コープしが膳所店(2014年10月21日~2015年春新築のため休業中) JR膳所駅 竜が丘俳人墓地
キロ程:国道膳所から0.3キロ
 



移転や名称変更が比較的少ない学校などの公的機関に比べ、いつ移転したりなくなったりするか分からない民間企業の名称をつけることがあまりない京阪バスの中で、ここは例外的に民間企業名、それも東レのような大規模な工場でもなく、ただの販売店なのにバス停名に採用されているのは極めて異例だろうと思います。全国レベルで見てもそうはないだろうと思います。
他にも国道沿いはディーラーがたくさんあるのになぜここだけがバス停名に採用されているのかはよく分かりません。何らかの広告料でも発生しているのでしょうか?

「滋賀マツダ」というのは実は旧称で、2003(平成15)年に㈱マツダアンフィニ京都と合併して、現在は「株式会社京滋マツダ」の大津店ということになっています。

↓取材を行った2014(平成26)年11月現在は工事中で、奥の仮店舗で営業しているようでした。

IMG_5805.jpg

同社の公式HPによると、1951(昭和26)年に前身である「㈱滋賀マツダモータース」が上百石町に開店、1961(昭和36)年、現在地である大津市竜が丘に本社工場を新築し、湖東マツダ販売など、別のマツダ系の販売会社と合併し、「滋賀マツダ」になったのは1982(昭和57)年と比較的最近です。
しかし、バス停名はそれ以前から「滋賀マツダ前」のようです。
1961(昭和36)年以前がどういう名称だったのか、そもそもバス停があったのかということもよく分かりませんが、ただ、1954(昭和29)年の路線申請時の図面で、このバス停と最も近い位置関係にあるのは「馬場」というバス停です。これについては後ほど触れます。

比較的ポールの移動などの変化が多い国道1号線にあって珍しく、少なくとも1983(昭和58)年頃からの約30年ほどはどうもほとんど位置が変わっていないらしいバス停です。

↓石山駅方面全景
IMG_5810_201412071008247c4.jpg

青く描きこんだのが、先ほど書きました、路線申請時の図面に描かれていたバス停位置と思われる位置です。うまく描けなくて、浜大津方面の方が少し前に出ているように見えますが、実際は、石山駅方面のバス停とほとんど向き合っていて、僅かに石山寄りだったようです。

↓浜大津方面全景

IMG_5820.jpg

↓浜大津方面のポールは店舗工事の直前に反対側の歩道から写真を撮っていました。

IMG_3843.jpg

IMG_3841.jpg

↓浜大津方面標柱

IMG_5809.jpg

↓滋賀マツダを背景にした、石山駅方面バス停

IMG_5797.jpg

ここはちゃんとしたバスポケットがある数少ない停留所の1つです。

↓石山駅方面のバス停の近くに、膳所駅に通じる道があります。

IMG_3844.jpg

通じる、と言っても直接駅に出入りできるわけではなく、もともとは貨物駅のホームとなっていた場所で、最近までコインパーキングだったと思いますが、現在は工事用の車両や資材が置かれています。市民病院の遠景とともに↓

IMG_5837_20141102221746259.jpg

ここが南広場になるようです。もしそちらにバス停を作ってバスを立ち寄らせるということになると、「滋賀マツダ前」のバス停はどうなってしまうのでしょう?

ただ、この機会に山手の方の公共交通空白地帯の交通を真剣に考えないと、車の運転ができない高校生以下の子どもや高齢者がいる世帯に敬遠されて、ただでさえ日本全体としては人口が減少傾向なのに、どんどんゴーストタウン化していくのではないかという気がします。

↓石山駅方面のバス停のすぐ近くには、「竜が丘俳人墓地」があります。

IMG_5796.jpg

IMG_5798.jpg

IMG_5800_20141102202720f89.jpg

昔のおもかげはすっかりなくなった…その通りですね。この辺りが、この説明文に書かれているような雑木林だったなんて、信じられません。

↓石山駅方面のバス停のほぼ向かいの「馬場荒堀墓地」の入口。

IMG_5821.jpg

……「トラック、軽運搬車進入禁止」って、そうでないなら入っていいんだ? この狭い急坂はなかなか上りたくないですが。

↓ひょんなことで手に入れた古い時刻表

IMG_3800.jpg

私は「国道市民病院」だろうと思っていたのですが、時刻を調べてみると滋賀マツダ前でないと辻褄が合わないことが分かりました。日祝日ダイヤで夜にここから上千町行き?こんなところから、こんな時間に上千町?日中はあったのを覚えていますが、夜は私も知らない存在です。


↓まんたろう様撮影の写真を再掲します。くどいようですけれど、赤川で国道422号線に出てくるこの場面は、8号経路のハイライト中のハイライトと言えましょう。

ssH2.5.18 千町口‐赤川

もう運転手さんでも若い世代だと、そもそも市民病院-上千町間が8号経路、というのがピンと来ないのではないかと思います。本数の少ない、文字通りの支線である狭隘路線なのに石山駅を越えて天下の国道1号線にまで足を延ばしていたのは、車掌が乗務していた頃、ボンネットや短尺などの固定運用だった名残で、普通に大型車が使われるようになってからも営業所の出入庫を兼ねたダイヤが続いていたからではなかろうかと言われています。

次は、大津市民病院(国道市民病院)です

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/736-0dd38189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック