青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
石山駅 いしやまえき
所在地:大津市粟津町
開設年月日:(京阪バスとして)?
      (京阪宇治交通として)1962(昭和37)年11月1日
付近:JR石山駅 京阪石山駅 京阪バス石山駅前案内所 大津署石山駅前交番 石山駅前郵便局 平和堂石山店 滋賀銀行石山支店 




いよいよ京阪バスの東の砦、大津営業所の背骨である大津市内総合線2、4号経路を取り上げる機会がやって参りました。本当は京阪バス全体の中でも最古級の歴史を持つこの路線を真っ先に取り上げなければいけなかったのかもしれません。

↓T.F.様が提供して下さいました。はっきりした撮影年月日は分かりませんが、80年代だと思います。私はこのくらいの時期が一番懐かしく、一番「石山駅」という感じがします。

滋22か799

車両はA-1488 K-MP118M 昭和55年式のいわゆる「ブルドッグ」です。
1993(平成5)年の大津営業所移転時まで、このように「石山寺」の経由地表示が入っていたのも懐かしい。

この路線は「京都比叡平線」「京都八日市線」と同じような社内路線名で呼ぼうとすると、現在は「大津市内総合線」という石山団地や浜大津なども含む漠然とした路線名で呼ぶしかないため、表題をどうするかというところから迷いましたが、過去には「浜大津外畑線」「石山外畑線」と呼称されていましたので、外畑の開通が最も古いという歴史的な経緯も考慮し、古めかしくはありますが、敢えて「石山外畑線」とします。

また、以前にもお知らせしました通り、大石小学校・寿長生の郷(すないのさと)までは京阪宇治交通(京阪宇治バス)の石山線の記事を兼ねるものとし、それ以遠は宇治バス石山線単独の記事として番号を通したまま継続します。こうした記事構成の都合があるため、白洲不動尊前と外畑は別立てで取り上げますので、ご了承願います。

「石山駅」は、もともと大津営業所管内では一番乗降客が多かったはずですが、大津駅や浜大津の地位が相対的に大きく低下した今、石山駅の存在は圧倒的です。

日中にひとがいない状態で写真を撮るのは苦労しました↓

IMG_0627.jpg

↓近江鉄道ビルの前が乗り場です。

IMG_0629.jpg

1番乗り場と言えば聞こえがいいですが、駅から「一番遠い」乗り場です。

IMG_0624_20130127104013.jpg

1番乗り場付近から見ると、駅舎が遠いことが分かります。南海から転属してきた帝産のエアロスターMと並んでいるのは、今は亡きA-1799です。

00001769.jpg

↓2005(平成17)年に大きく改築され、京阪石山駅はバスターミナルの真南の踏切そばから、西のJR石山駅の駅舎南隣に移転しました。

IMG_0635.jpg

↓京阪石山駅の真向かいのペデストリアンデッキ上にも時刻表が掲示されています。

IMG_0633.jpg

↓かつてバスターミナルを眺めるように立っていた松尾芭蕉の像は、ペデストリアンデッキ上に移されています。

IMG_0634_20130127104848.jpg

いつごろからある像なのかなど、謂(いわ)れはよく分かりませんが、晩年を国分の幻住庵で過ごし、近江の地を愛した芭蕉の像がないと、やはり石山駅が石山駅らしくなくなってしまう気がします。
かつての松尾芭蕉像は、冒頭のA-1488の影になっている京阪電車の線路沿いにありました。今、南側のバス降り場になっている歩道だろうと思います。
この場所になってから姿を拝みやすくなった反面、移動直後だったと思いますが、何者かに青いペンキでいたずらされるという残念な事件がありました。
プロの腕は大したもので今はすっかりきれいに掃除されています。

↓「回送」ですが、立木観音の臨時バスのプレートを付けています。T.F.様が80年代に撮影されたものです。

滋22か1170

A-1466 MP117M 帝産の旧塗色も懐かしい。

後ろに写っている「京阪グリル」の位置には現在、セブンイレブンがあります。1999(平成11)年頃までは、この京阪グリルの他、京阪交通社の滋賀営業所がありました↓

IMG_5607.jpg

私はもう少し東寄りのような気がして、今パチンコ店がある辺りかな、と思っていましたが、住宅地図で見ると、「石山駅前近江鉄道ビル」の道を挟んで真南の位置だったので意外でした。定期券や回数券を「京阪交通社」で買った記憶がありますが、その窓口が、建物の東寄りだったからそういう印象があるのかもしれません。

現在は乗場近くに小屋のような案内所があります↓

IMG_5553.jpg

せめて山科駅前案内所くらいに営業時間が長いと助かるなと思うのですが、無理なのでしょうか。

どこかでまた詳しく取り上げたいと思いますが、石山駅のバスターミナルの歴史は、本数の割に狭いロータリーをどう活用するか、またどう拡幅するかの歴史でした。2005(平成17)年11月30日まで、約2年半この西側広場が使われていました↓

IMG_5380_20130303122845.jpg

当初の計画では、ここがバスターミナルとしてずっと使われ続ける予定でしたが、結局今はタクシーとバスの操車場のような形で使われています。

石山駅については、語り出すときりがないので、また随時取り上げることにして、そろそろ南郷、大石方面に向けて出発します。

IMG_0639.jpg

次は、松原
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
石山駅
管理人さんこんにちは
いや〜懐かしい石山駅前のロータリーあの頃のごった煮のロータリーの風景昭和な感じがして好きでした。
帝産バスの塗装も懐かしいですね!
!一回だけ河原町御池に行く時にのりました。
2013/04/03(水) 16:23:09 | タカリン | #mQop/nM.[ 編集]
私の記憶の石山駅です
ご無沙汰しています。
石山駅、ずいぶん変わったんですね。80年代辺りの写真が、私が記憶している石山駅の姿で、とても懐かしいです。
こういう記事をみると、大津にも行ってみようかなーという気持ちになりますね。続きを楽しみにしています。
2013/04/03(水) 22:11:50 | れお | #pamUQ3n2[ 編集]
Re: 石山駅
タカリン様、れお様、コメントありがとうございます。

私と同じように懐かしまれる方がいらっしゃって嬉しいです。ご期待に添えるような記事になるか分かりませんが、鋭意「取材」中ですので、今後とも宜しくお願い致します。
2013/04/03(水) 23:21:11 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
胸が熱くなりました
「京阪グリル」でhitし、お邪魔しました。
幼少期、亡き父に手を引かれ連れて行って貰った懐かしの京阪グリル。
そうなんですね!
今はもう無き建物になってしまったのですね。
でも、80年代の貴重なお写真を拝見出来、とても嬉しい。
ありがとうございました。
2013/10/10(木) 00:02:05 | romicco | #-[ 編集]
Re: 胸が熱くなりました
romicco様、初めまして、コメントありがとうございます。
こういうご感想は筆者としてたいへんうれしいです。ブログをやっていてよかった、と思います。

> 「京阪グリル」でhitし、お邪魔しました。

いろいろなキーワードで検索されているものなんですね。
どこかにも書いた気がするのですが、80年代というちょっと昔の届きそうで届かない時代の情報が意外に少なくて、もどかしいですね。

路線バス、交通関係というよりは、もう少し広く地域全体を見ることができればと思いますので、また宜しければご覧下さい。
2013/10/10(木) 21:32:06 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/726-bf098843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック