青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
膳所本町 ぜぜほんまち
所在地:大津市膳所二丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:京阪膳所本町駅 滋賀県立膳所高等学校
 



膳所本町とは、もともと膳所町大字膳所だった地域のことで、JRの膳所駅とその前の京阪膳所駅がそもそも「馬場」地域であるのに対して、本当の意味での「膳所」なのだという意味であり、文字通りの「本町」、膳所の中の膳所と言えましょう。

↓膳所神社前の方向を望みます。

IMG_0880.jpg

今独立した町名となっている丸の内町や膳所平尾町も、当初は膳所本町の小字にすぎませんでした。それが、その他の小字とともに、1951(昭和26)年に整理されて、膳所を冠する膳所丸の内町、小姓町、坊主町、大工町、浜田町、上浜田町、上清水町、下清水町、北相模町、南相模町、平尾町、行啓町、山添町、北大手町の14町となりました(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P420)。このうち、小姓町、坊主町などは今も京阪電車の踏切の名前として残っています。
他にも「膳所」を冠する町名はたくさんありますが、これは膳所本町の小字とは別の起源ということになります。
膳所が、「陪膳浜」(おものはま)という、天皇家に献上する魚を獲った場所だという説は有名ですが、なぜそれが「膳所」になって「ゼゼ」と読むようになったのかという一番知りたい部分を教えてくれる本やサイトは意外になくて、たいてい先述の通り一遍の説明でおしまいです。

吉田金彦は「御物所(おものどころ)」を漢語で「膳所」と書いて「ぜんしょ」と読み、それが「ゼンゾ」「ゼゾ」などと変化し、最終的に「ゼゼ」に落ち着いた、または、日本語や中国語でよくある「畳語」(「ひとびと」「淡々」など、似た音を重ねることば)で、「膳々」が訛って「ゼゼ」になったのではないかと説明しています(P172)。

↓京阪膳所本町駅の北口付近にバス停があったようです。

IMG_7354.jpg

↓膳所本町といえば県内屈指の進学校・膳所高校と…

IMG_0884.jpg

↓美富士食堂

IMG_7355.jpg

私も何年か前にカレーを食べたことがあるのですが、皿にてんこ盛りの白飯に、どうしたものだろう…と思いましたが何とか食べました。最後の方は食事をしているという感じではなく、無心に詰め込み続けるだけでした。私は結構よく食べる方なのですが、今はもう自信がありません。

↓膳所本町駅の裏手には都市計画道路の用地。大津市内のところどころにこうした実現可能性がないような計画道路用地があります。

IMG_7358.jpg

近江大橋付近と国道を結ぶ「丸の内平尾線」の一部なのでしょうか。確かに国道側と湖岸側の行き来というのはかなり難しくて、複雑なルートを通らなければならないため、私も県道56・103号線などからなる本宮町―打出浜間の通りと、浜大津-上関寺間の国道161号、松原の交差点以外どこで国道と湖岸を行き来してよいのかはっきり分かりません。

↓膳所本町のバス停を出て浜大津に向かおうとしたバスも突き当たったであろう、全国的にも珍しい十字路上の踏切、「本町下手」踏切

IMG_0890.jpg

垂直に交わる十字路ではなく、X字なので、切り口が広く、線路上を走る時間が長くなるため、怖いような感じがします。また、交差点で曲がるときにも踏切上に出る必要があるため、右左折するためにも踏切を待つ必要がありますし、踏切上でモタモタしたくないのに、でも右左折時の安全確認もしなければならないという厄介者です。

↓このアングルで見ると、遮断棒が二手になっているのが分かります。

IMG_7361.jpg

これを渡って、錦へと向かいます。

IMG_0899.jpg

次は、錦です。

※曽束系統が間もなく50周年の節目を迎えますので、編集の都合上次回別の話題を1回挟んだ上で、次々回から7回に渡って、先に曽束系統を取り上げます。それが済んでから、旧大津市内線に戻ります。予めご了承のほどお願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/713-f11a6fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック