青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
1998(平成10)年6月9日付日経流通新聞に、
「幹線バス、2社共同運行」
という気になる見出しの記事が掲載されました。

西武鉄道グループと京阪電気鉄道グループは、今秋から大津市内の幹線となる路線バスを共同運行することで合意した。秋に琵琶湖ホテル、びわ湖ホールなど新しい集客施設が相次いで開業するのに合わせ、行政からの働きかけもあって、ライバル同士が手を結ぶことになった。



そう、後の「なぎさ公園線」のバスのことなのです。
「幹線」ということばに驚かされますが、確かに普通に考えれば、県庁所在地の代表駅と大規模有名ホテル2つに大型商業施設や県内、いや国内屈指の音楽ホールを沿線に抱えるとなれば「幹線」と目されて当然です。しかし、開業から15年、実際には「幹線」どころか「閑散」ということばの方がぴったりくる路線となってしまいました。

当初は京阪バスと近江鉄道バス半々の本数の予定だったのが、今や京阪バスは平日の3回だけです。

京阪宇治バス石山線の特集が間もなく終わるのに焦らすようで恐縮ですが、今月は、15年目を迎えたなぎさ公園線の小特集を組みたいと思います。

大津駅 おおつえき
所在地:大津市春日町 (びわ湖競艇無料送迎バス用のバス停は大津市京町三丁目、現在のバスターミナルが建設される前の石山方面バス停は大津市末広町)
開設年月日:不明
付近:JR大津駅 アル・プラザ大津(旧平和堂大津店) 逢坂市民センター(大津市役所逢坂支所・大津市立逢坂公民館) 大津市立逢坂小学校 プエルタ大津 大津地方裁判所 大津びわ湖合同庁舎(大津地方法務局・大津税務署) 大津署大津駅前交番 大津駅前郵便局 愛光幼稚園 (現在ないもの:滋賀大学附属小学校・中学校




言わずと知れた大津市の代表駅、大津駅の前のバス停です。

駅勢圏が狭いため、バス路線の集中度は低く、本数も減少傾向です。

ご覧下さい。夏の真昼、県庁所在都市の代表駅の前のバスターミナルで、バス待ちのひとが1人もいないなんて、よそであり得るでしょうか?
駅勢圏の広さは石山駅が昔から圧倒的で、乗降客数も草津や石山に追い越されてから20年や30年どころではないはずです。

IMG_0217.jpg

↓平日の朝でも、電車が着いてから時間が経つとこんな状態です。

IMG_0531_20130926004227ea2.jpg

多くの都市の市役所は、代表駅の徒歩圏か中心市街にあると思いますが、大津市は例外的に、早くから広い土地を求めて浜大津から郊外に移転してしまっているので、駅前にあるのは逢坂市民センターだけです。

ここから市役所に行くには、1日数本しかない大津京駅行きに乗らなければならないという有様。私はこれはどう考えてもおかしいと思っています。

「大津」の地名は少なくとも平安期には見られるとされています(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P171)。平安以前に合った都を、「大津京」とよく言いますが、はっきりと「大津京」と書かれた文献はない、とも言われています。いつも参考にしている同書でも「近江京」と書かれています。

泉大津や、博多大津などの用例もあることから、もともとは大きな港を指す一般名詞という考え方も同書で示されています。それが固有の地名になってしまったのでしょうか。

吉田金彦は『京都滋賀古代地名を歩くⅡ』で、大津は、「大きな津」というだけでなく、「津に逢う」という意味の「アフツ(逢津)」であろうとしています(P163-164)。

しかし、大津駅から琵琶湖は遠い…。

IMG_0523.jpg

ビルの向こうにほんのかすかに見えるかどうか…。

その遠い湖岸に向かって走っていくのが、今回から取り上げる「なぎさ公園線」です。

↓バスは2番乗り場から発車します。

IMG_0527_20130926004303534.jpg

IMG_0222_2013082014080415e.jpg

IMG_0187.jpg

↓当初30往復程度の運行が見込まれていたようですが、今やその半数以下の本数です。

IMG_0525.jpg

↓近江鉄道と共同運行だからなのか分かりませんが、系統番号はありません。

IMG_0191.jpg

次は、中央大通りです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大津駅前広場
現在の大津駅前広場は2005年、皇居周辺道路景観整備や門司港周辺の一連の環境整備を手がけられた方のデザインで竣工したのですが、駅前の平和堂も閉鎖が決まり、寂しくなる一方なのが気になります。
せめて浜大津駅まで100円バスであることなど、分かりやすく掲出して欲しい情報もあるような気がするのですが...
2013/10/01(火) 12:54:23 | じゅうしまつ | #iJnJxzS.[ 編集]
Re: 大津駅前広場
じゅうしまつ様 お世話になります。確かに、本当にどうなってしまうのだろう、と思いますね。
大津市も真剣に考えているのか疑問です。

浜大津まで100円であることの目立つ掲出は大賛成ですが、肝心の浜大津の地盤沈下が激しくてその需要さえも危ういですね。
2013/10/02(水) 01:22:44 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
大津京駅
お久しぶりです。
大津駅で降りても、バスは少ない、京阪電車に乗り換えるのも遠い。
一体どうしろと?(笑)

最近 京阪電車皇子山駅を利用する機会が何度かあったのですが、隣接する湖西線大津京駅も含めて周辺の賑わいぶりに驚きました。
ひっきりなしに人が歩いています。
勿論 駅前風景も変わりお店も増えました。
どうやら、湖西線と京阪電車の乗り継ぎの人が多いようです。
御無沙汰の 皇子山、大津京駅でしたが、「人の流れが変わったなぁ。。」と実感しました。

大津駅前には大きなタワーマンションが建築中ですし、再開発中です。
それに伴い、また人も戻ってきてバスも増えるでしょかねぇ。。?
2013/10/07(月) 20:50:10 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
Re: 大津京駅
yume様、お世話になります。

> 大津駅で降りても、バスは少ない、京阪電車に乗り換えるのも遠い。
> 一体どうしろと?(笑)

本当にその通りですね。いくらバス離れが進んでいても、県庁所在地の代表駅で、人口の規模から考えても異常だと思います。山口市でももう少しはましだったと記憶しています。

> 最近 京阪電車皇子山駅を利用する機会が何度かあったのですが、隣接する湖西線大津京駅も含めて周辺の賑わいぶりに驚きました。

乗換客と、イオンに出入りするひとなんでしょう。

> 大津駅前には大きなタワーマンションが建築中ですし、再開発中です。
> それに伴い、また人も戻ってきてバスも増えるでしょかねぇ。。?

それはなかなか難しいと思います。

ただ、市街地の北部の拠点として、京阪電車やJRだけでは「手が届かない」隙間を埋めるように、大津京駅、市役所、三井寺、浜大津、日赤、大津駅、県庁、市民病院、膳所駅などの中心部をきめ細かくうまく結ぶような路線があっても悪くないと思います。この規模の都市なら、たいていそういうものが何かしらあるのではないかと思うのですが…。また勉強しておきます。
2013/10/07(月) 21:56:52 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
ご無沙汰しています。
快速205号の名で投稿していましたが、パソコン買い替えを機に名前を快速きらら205号に統一しますのでよろしくお願いします。

県庁所在地中心駅でこれはひどいww
京都のベッドタウンともいうべき大津市ではあるものの、さすがにこれでは…やる気のなさが感じられます…。
京阪接続のないというのもあるのでしょうが、浜大津までの路線をもう少し増やして、それを乗客に大々的にPRすれば、まだ利用は増えると思うんですがね…。
京都市バスでは実際に太秦を走る路線においてモビリティ・マネジメントとやらで乗客を増やすことができているわけであり、このように自治体が働きかけることでなぎさ公園線や、もっというとその他の路線も本数や乗客を増やすことができると思います。
現在の大津市内で使い勝手のいい路線といえば、石山以南の京阪バスや下阪本あたりを通っている江若交通ぐらいですね。
特に市内中心部は本当に何らかの対策が必要だと思います。
2013/10/26(土) 05:53:07 | 快速きらら205号 | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
「快速きらら205号」様、コメントありがとうございます。

> 県庁所在地中心駅でこれはひどいww

山口駅の方がまだましな気がします。全体の運転本数はまだ大津駅の方が多いのかと思いますが、駅の利用者数や市の人口を考えると、山口の方がはるかに本数や路線が充実しているという考え方もできるかもしれません。JRの本数が少なくて競争相手がないこと、鉄道にぴったり並行する路線ではないということがよいのかもしれません。

2013/10/27(日) 13:59:32 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/711-9924f878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック