青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
10月1日というのは、区切りがよいせいか、京阪バス関係でもいろいろなことがあったようで、1965(昭和40)年以降の京滋地区だけでも、ざっと見る限り、

1966(昭和41)年  びわ湖競艇場無料送迎バス 傭車契約締結
1971(昭和47)年  運賃改定
1976(昭和51)年  京都市域共通回数券発売開始 
1983(昭和58)年  運賃改定、京滋地区に特別定期券導入
1985(昭和60)年  大津観光一日乗車券発売開始
1987(昭和62)年  運賃改定
1991(平成3)年   運賃改定、大津市域共通回数券制度実施
1993(平成5)年   運賃改定
2001(平成13)年  13号経路(国道・湖岸連絡系統)開設


といった具合です。
今回は、1983年10月1日にスポットを当てようと思います。

この時の運賃改定は、既に7月から取りざたされており(読売、産経7月2日付)、京阪バス以外の民営4社(近江、帝産、滋賀、江若)が先に申請し、京阪バスが少し遅れたようです(産経、京都7月7日付)。

今読んでいて分かったのですが、特別定期券の他、今は常識となった、通学用の学期定期券もこの時から発売となったようです。この当時は2-3年ごとに値上げが繰り返されていたので、その度に、少しでも割安感や、便利さをアピールしようと、付随していろいろ新しい試みを実施していることが窺えます。

京阪バス特殊1区間は130円⇒140円にアップ。それでも今の目で見れば、まだまだ安いですね。新聞で例示される区間も、時代を感じさせます。

主な路線の申請運賃は次の通り。(カッコ内は現行)
国鉄石山駅-石山団地百四十円(百三十円)▽浜大津-京都・四条烏丸百八十円(百七十円)▽西大津駅-大石小前二百二十円(二百十円)

(産経新聞7月7日付)


石山駅-石山団地は分かるのですが、京津国道線がまだ「主な路線」とされています。
西大津駅(大津京駅)から大石小学校が220円!5区の運賃が、現在の1区の運賃に当たるということですね。
この当時のダイヤは恐らく、日中1時間に1回か2回、西大津駅発国道経由大石小学校行き(28号経路)があり、逆に大石小学校始発は、1回を除いてすべて浜大津行き(26号経路)だったと思います。

そして更に、

定期券と回数券の中間的な性格の「特別定期券」を新設。これは、特殊一区間で月五十二回乗車できるもので、一カ月五千百円(三割引)となっている

(産経新聞7月7日付)



私の印象でしかありませんが、大津は他地区に比べ、これがよく普及している気がします。今は50枚つづりですね。

一カ月に二十六日通勤するサラリーマンらがこれを利用すれば、通常の一カ月定期5880円よりちょっぴり割安と、きめ細かいサービスをする
(京都新聞7月7日付)



26日!?そうか、まだ週休2日がそれほど一般的でなかったんですね。今はだいたい20から、多くて23日ですね。26日も仕事なんて、厳しいなあ…。
今は出勤日数が少なくなり、余りがちですが、それでも、特殊1区間であるなら、割安な6カ月定期券と比較しても、通勤定期券より安いです。また、券面の表示地区に左右される通勤、通学の地区定期券と違って、大津市内特殊1区間なら、江若交通の県庁前-際川間も含め、全て通用するので、普段は石山駅-南郷間でしか使わないひとも、浜大津に用事があったら、石山駅から浜大津までの間で使ったりすることが可能、といったメリットがあります。


特別定期券  特別定期副券  学期定期

写真 左から 特別定期券表紙、副券、学期定期券 (画像を一部加工しております)

特別定期券は、表紙を見せて、副券を入れる、というルールで、数年前からこれをはっきりさせるため、
「特別定期券をご利用の際は、必ず表紙をお示しの上、副券を、運賃箱にご投入下さい」
というアナウンスが流れていました。今は、「特別定期券をご利用の際は、表紙をお示しください」と簡略化されています。どういう規則性があるのかよく分かりませんが、時々表紙と副券の色が変わります。大津は緑か青しかなかったのでは?と思いますが、違う色をご存知の方、お知らせください。

また、学期定期券の方ですが、かつては、学期定期券に限らず、地区定期券はこのように、地区範囲図が券面に示されていました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/71-9237d320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック