青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
松ヶ枝町 まつがえちょう
所在地:(現行バス停)
    (石山駅方面)大津市京町四丁目
    (大津駅・浜大津方面)大津市梅林一丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:滋賀県庁東別館 滋賀県知事公舎 滋賀県庁前郵便局 滋賀県公館 滋賀県厚生会館本館 大津土木事務所(大津市立打出中学校跡) 滋賀県農業教育情報センター (現在ないもの)滋賀県警本部 大津市立打出中学校




現在の大津市に、「松ヶ枝町」という行政地名はありません。つまり、郵便物に書くような住所地名ではありません。1951(昭和26)年から1965(昭和40)年までは正式な町名で、大津市大字松本の一部とされていたのを、住宅の増加で東松ヶ枝町と西松ヶ枝町に分割した、とされています。後に前者が松本1-2丁目、後者が京町四丁目、梅林一丁目となりました。明治21年に付近に滋賀県庁が移転してきたことから発展した町です(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P643)。

私の中では「松本」は影が薄くて、急に「松本」と言われても信州かと思ってしまい、なかなかこの「松本」は思い出せません。「松ヶ枝町」の方が分かりやすいのですが、「松本」の地名も歴史は古く、また今の本宮町辺りまでを含むかなり広域を指す地名です。もともとは大津の一部とはされていなかったのが江戸時代にはもう何かにつけ大津と合同することが多く、明治期には既に連担していたことから明治21年の大津市制施行時も最初から市域でした。

ここは、少なくとも戦後、旧国道2号線、現在の1号線が開通してから後、浜大津から来ると国道方面と旧東海道方面のバスの分かれ道で、現在は、国道経由と湖岸道路経由の系統が分岐するポイントです。
付近は、皇族などの大切な来賓を迎えたり、表彰式などの重要な行事を行う「滋賀県公館」や、各種のビルが建つビジネス街、官庁街です↓

IMG_2081_201312071941596f7.jpg

公館↓は一般にはなじみが薄く、私も何をしているところなのか調べるまで知りませんでしたが、事前に申し込めば見学できるそうです。今年開館20周年です。
IMG_1571.jpg

スポーツ選手がオリンピックなどの大きな大会から凱旋して、知事を表敬訪問したとか、県民栄誉賞の表彰式をしたなどという時にテレビや新聞の写真に写っているのはたいていこの公館です。


旧大津市内線がどのように停まっていたのかまでは分かりませんが、現在の石山駅方面のバス停は、「アソルティ大津京町」という賃貸ビルの前にあります↓

IMG_1556.jpg

1階の滋賀県庁前郵便局は、昨年9月12日にそれまでの滋賀会館から移転してきました。

↓バス停から県庁の方向を眺めると、県庁前の浜大津方面のバス停が見えます。

IMG_1567.jpg

↓滋賀県知事公舎の真ん前です。

IMG_1570.jpg

公舎は無駄だと県議会からやり玉に挙がったこともありますが、嘉田由紀子知事は、全国の8割の県に存在し、災害などの有事に臨機応変に対応するために県庁に隣接した公舎は必要、と言って、現在も存続しているようです。

なお、先ほど紹介した「滋賀県公館」は、この公舎の敷地を分割して建設したようです。従って、公舎は今よりまだ倍以上広かったのだろうと思います。

浜大津方面のバス停は、もっと東寄り、名神大津と湖岸道路を結ぶ道にぶつかるT字路の「松本一丁目」交差点に近い位置です↓

IMG_1553_2013120719420246d.jpg

↓石山駅方面を眺めています。ちょうどB-3969の国道経由石山駅行きが右折するところです。

IMG_1560_20131207195232b76.jpg

白地にこの赤い曲線の入ったお尻を見せながら、この何十年間、何台のバスがここをこうして曲がったことでしょう。

浜大津方面のバス停そばには、「文福」という料亭があります。調べてみると完全予約制なのですが、そんなことを知らなくても、庶民中の庶民の私は雰囲気的にまず近寄らないタイプの店ですねwww

IMG_2080_20131207194200666.jpg

いつの創業なのかよく分かりませんが、きっと幾代もの県知事や幹部職員たちの御用達なのでしょう。

↓石山駅方面のバス停は、10年ほど前までは現在地より東寄りにありました。

IMG_2085_20131207195234ad8.jpg

IMG_2083.jpg

青い四角で囲ったのがバス停の跡と思われる位置です。
そう言えば確かに浜大津方面と石山駅方面の位置はもっと近くて、ほとんど向かいといってよい位置だった気がします。


↓湖岸道路方面を望んでいます。旧大津市内線があった当時は湖岸道路は全通していません。旧大津市内線は、この写真の中でいうと、中央左寄りに写る青い大きな案内標識のある信号で右折していました。

IMG_1574.jpg

次は、有楽座前です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「松ヶ枝町 松ヶ枝町」
「松ケ枝町」
もしかすると、私が始めて友達同士で乗降したバス停だっかもしれません。
最後の写真の右側手前に「打出中学」があり、そこで珠算の検定試験がありました。 日曜日の朝 友達と一緒に「松ヶ枝町」って降りるの。。「松ヶ枝町」と。。 念を押し、緊張しながらバスに乗っていたのを覚えています。

また 父の会社の最寄のバス停が「松ヶ枝町」だったので、何故か「松ヶ枝町」という響きには懐かしさが漂います。

県の公館がここにあるとは、知りませんでした。。。 意外に何も見てないものですね。
2014/06/06(金) 22:08:21 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
Re: 「松ヶ枝町 松ヶ枝町」

> 最後の写真の右側手前に「打出中学」があり、そこで珠算の検定試験がありました。 日曜日の朝 友達と一緒に「松ヶ枝町」って降りるの。。「松ヶ枝町」と。。 念を押し、緊張しながらバスに乗っていたのを覚えています。

算盤なんてできはるんですね。すごいですね。私は算盤なんて全くわけわかりません。というか、その前に算数、数学が全くできません。ついこないだまで、マルチーズだのペルシャ猫だのが描かれた細長い「計算ドリル」を泣きながらやっていて、今も数学アレルギーです。

> 県の公館がここにあるとは、知りませんでした。。。 意外に何も見てないものですね。

ええ、私も、このブログをしていなければ何も知らないままだったと思います。
2014/06/07(土) 22:17:15 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/707-03fcc342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック