青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
三井寺 みいでら
所在地:大津市三井寺町
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:長等神社 長等山園城寺(三井寺) 大津市立長等幼稚園 大津長等合同宿舎 大津赤十字看護専門学校


(他の路線でも、所在地は市販されている地図やインターネットの地図で確認できる範囲ですので、100%の正確さは保証できませんが、本路線については特に、きっちりとしたポールの位置が確定できない場所がほとんどですので、あくまでも推定であることをご了解下さい。また所在地は特に注がない限り、2013年現在の町名に基づいています)



旧大津市内線の旅は、三井寺から始まります。
といっても、現在の「三井寺」バス停ではなく、三井寺の裏手、どちらかというと「長等神社」とでも言った方が正確な位置です。

三井寺は言わずと知れた大津市屈指の古刹です。一般には三井寺の名で親しまれていますが、正式名は園城寺(おんじょうじ)です。天智、弘文、天武三帝の勅願で建立され、天武天皇から「園城」の勅額を賜ったために、「園城寺」と呼ぶようになったということです(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P207)。

一方「三井寺」の通称は、天智、天武、持統三帝の産湯に使われたと呼ばれる霊泉↓があり、「御井」から「三井」になったと言われていて、こちらの由来は結構有名だと思います。

IMG_1951.jpg

因みに、京阪バスではほかに、寝屋川に「三井」「三井団地」というバス停があり、これらも「みい」と読んでいますが、そもそもはやはり「御井」だったのだろうということです。

長等神社は、もっと有名になっても不思議ではないのに、と思うような立派な構えです。

IMG_2261_20131205224127018.jpg

平忠度が、兄・平清盛を偲んで作った神社と言われています。

さざなみや 志賀の都は 荒れにしを 昔ながらの山桜かな

という和歌が大変有名です。「さざなみ」「志賀」「大津」の枕詞です。

IMG_7432.jpg

↓こんなふうに眺めていると、今しも神社の前をボンネットバスが横切りそうな気がしてきます。

IMG_2269_201312052241270e4.jpg

きっと絵になるでしょうね。

鳥居の右手にあるのは、三井寺の観音堂側の拝観入口に続く道です。
同行して下さった膳テツさんと、この辺りでバスが折り返していた雰囲気があるなあ、と話し合いました。

IMG_7429.jpg

普通は三井寺というと、京阪三井寺駅に近い北の三門から入るのですが、南側のこちらにも門があって、拝観料を払えば中に入ることができます。もちろん、中でつながっているので金額も同じです。

↓階段の途中から拝観入口を望む。

IMG_1921.jpg

階段が急ですし、実質的な本堂といえる金堂は遠くなりますが、西国14番札所の観音堂↓に先に行くのなら、こちらから入った方が早いです。

DSC_0089.jpg

↓観音堂といえば、近くの高観音近松寺(たかかんのんごんしょうじ)と並んで、大津市街を一望できる眺望スポットとして古くから知られています。

DSC_0097.jpg

昔はもっと湖がよく見えたのでしょう。大津市歴史博物館などで、古い時代のこの場所からの写真を見ることができます。

しかし、小説家・田山花袋はお疲れだったのか、あまりお気に召さなかったようです。

流石に多い名勝の說明に聞きつかれた私達は、倦んだ鳥が林に歸るやうな心を抱いて大津の町へと向った。從って三井寺の寶物も旣に多く興味を惹かなかった。(中略)
三井寺から湖の眺望を石山に比べて見て、矢張石山の方がよいと私は思つた。
(田山花袋『湖のほとり』P25)



正直、私も石山の人間なので多少の「贔屓(ひいき)」もあって、見慣れた石山の瀬田川の方が、地形に変化があって好きなのですが、それにしてもずいぶんな言いようです。元気な状態でもう一度見て欲しかったですね。

↓門の左脇には「大津絵民芸工房」。バスがあった当時は普通の民家だった、この建物の左手の道を通ります。

IMG_7430.jpg

↓振り返ります。これから新たな旅が始まります。

IMG_2260.jpg

次は、長等公園です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ボンネットバスが。
ボンネットバスが、旧大津市街を走っていた姿がぼんやり浮かんできます。、 今 思えば、こんな所にバスなんて。。想像も出来ないのですが。。バスが走るほどに 大津の中心地だったのでしょう。

私も昨秋、観音堂のところから 三井寺を拝観しました。 何度も三井寺を訪れていますが、恐らく始めての事でした。
本来は、ここからが正式なんだそうで、だからでしょうか。。 ここにバス停があったのは。
2014/06/05(木) 16:55:18 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
Re: ボンネットバスが。
yume様、コメントありがとうございます。きっと、yume様の特異な地域のはずなのに、コメントがなかったので不思議に思っていました(笑)。「御意見番」として、またいろいろ教えて頂ければと思います。

> ボンネットバスが、旧大津市街を走っていた姿がぼんやり浮かんできます。

リアルでご記憶されている方がいらっしゃるんですね。今も、小型の車両なら、何とか通れなくはないと思います。高齢化が進んでいて、京阪とJRの接続も悪く、病院も駅から中途半端な距離なので、何かうまく路線が引けないものかと思います。

> 私も昨秋、観音堂のところから 三井寺を拝観しました。 何度も三井寺を訪れていますが、恐らく始めての事でした。
> 本来は、ここからが正式なんだそうで、だからでしょうか。。 ここにバス停があったのは。

観音堂側が正式なんですね。確かに、その方が市街地側に近いですね。三井寺の駅が北の方にできてしまって、駐車場も北の方なので、そちらがメインのように見えますが、そうではないんですね。勉強になります。
2014/06/05(木) 17:11:55 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/690-0dcb4b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック