青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
別所 べっしょ
所在地:大津市御陵町
開設年月日:不明
付近:滋賀県立大津商業高等学校 大津市歴史博物館 大津市民文化会館 別所合同宿舎 大津市伝統芸能会館(旧大津営林署跡)
キロ程:三井寺から0.3キロ


私も改めて調べて軽い驚きを覚えたのですが、別所というのは現行の正式な行政地名ではありません。大津市内に住んでいると、京阪電車の別所駅がイメージにあるので、町名のように感じてしまっていたのかもしれません。



『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』(1979)には、
「園城寺の別所」(P623)
と書かれていますが、「別所」というのはよくある「○○別院」というのと同じようなもので、寺の分院や離れた領地、というくらいの意味のようです。
もともとは村の名前で、明治22年から昭和初めまでは大津市の大字とされていました。大字が残らずに消えてしまうのは珍しいのではないかと思いますが、1961(昭和36)年に、今の市役所や県立大津商業高校などがある御陵町が成立して、そちらに取り込まれてしまったようです。
1992(平成4)年版の住宅地図までは、南行きは現在よりかなり南に下がった、大津市歴史博物館に通じる道とバス通りが交差する位置にポールがありました。翌年から現在の位置になっています。

1971(昭和46)年版の住宅地図には当バス停の記載がありませんが、都市地図からはあったことがはっきり分かっているので、不正確なのでしょう。

また、1980(昭和55)年版の住宅地図では大津営林署、現在の大津市伝統芸能会館の角の所に、「滋賀交通 別所停」と書かれたポールが描かれていて、逆に他の会社の「別所」バス停は描かれていません。

これらのバス停の推定位置を写真の中に書き込むと、以下のようになります↓

IMG_5803.jpg

上は三井寺、浜大津方面、下は市役所前、坂本方面です↓

IMG_5810.jpg

赤い丸が滋賀交通用だったと思われるポール、青い丸が各社の南行きのポール推定位置です。

他の年度にも「滋賀交通」とは書かれていないもののポールの記号は断続的に書かれていました。

先ほども触れましたが、大津市伝統芸能会館↓は、以前大津営林署があった位置であり、大津銀閣寺線の開通当時の新聞記事など、いくつかの資料に「営林署前」というバス停があったことが分かる記載があるため、「営林署前」とは、現在の「別所」バス停のことではないかと思われます。

IMG_0851_20150101105641351.jpg

当時のダイヤで浜大津から営林署前までは5分かかったことになっているのですが、驚いたことに、現在も浜大津から別所までは所要時間5分でダイヤが設定されています。

田ノ谷峠、山中町など、山間部は道路や車両の改良もあるのか、多少の前後があります。

↓改めて、旧浜大津方面バス停位置

IMG_5804.jpg

↓大津市歴史博物館から下りてくると、このように見えたのでしょうか。

IMG_5806.jpg

↓一方こちらは市役所前方面のポール 市役所前方面を望んでいます。

IMG_0805.jpg

↓浜大津方面を望む。

IMG_0806_20140809074825059.jpg

この位置は少なくともここ30年ほどはほぼ変わっていない様子です。

↓右奥の方に、浜大津方面のポールがあるのが見えますでしょうか。

IMG_0804.jpg

↓別所と言えば何と言ってもこの旧駅跡です。1967(昭和42)年9月24日、その半年ほど前に移転していた市役所により近い現在地に移転しました。

IMG_0808_201408090748274f3.jpg

現在の別所駅の最寄バス停は「市役所前」で、バス停としての「別所」だけが取り残されたような格好です。

↓現在の浜大津方面バス停 浜大津方面を望む

IMG_0811.jpg

↓対向車線から見ると、すぐ後ろに旧駅があることが分かります。

IMG_0807_201408090748263e6.jpg

↓何と少なくなってしまったことでしょう。

IMG_5816.jpg

上の写真の通りのような本数なのに、土地は広々しているので、両方向ともバスポケットや点字ブロックがしっかり整備されています。

IMG_0812_201408090818135c3.jpg

次は、市役所前/市民文化会館です(本シリーズとしては次回は市役所前に進みます)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/689-62c0fd5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック