青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。

石山の奥、岩間のうしろに山あり、国分山といふ。そのかみ国分寺の名を伝ふなるべし。ふもとに細き流れを渡りて、翠微に登ること三曲(さんきょく)二百歩にして、八幡宮たたせたまふ。(松尾芭蕉『幻住庵記』(1690)



幻住庵 げんじゅうあん
所在地:大津市国分二丁目
開設年月日:2005(平成17)年4月1日
付近:幻住庵 近津尾神社 国分聖徳太子堂
キロ程:国分町から0.3キロ




「幻住庵」停留所は国分系統ではもちろんのこと、大津営業所管内全体で見ても本記事UP日時点で存在するバス停としては2番目に新しく、ついこないだの4月1日、10周年を迎えたばかりです。(一番新しいのは滋賀大構内の「滋賀大学」バス停)

しかし、バス停名の由来である「幻住庵」は、江戸時代に松尾芭蕉が暮らしていたころから300年を軽く超える歴史があります。滞在期間こそたった4か月という短さですが、『奥の細道』と並んで著名な『幻住庵記』を書いています。

1991(平成3)年9月、芭蕉没後300年記念事業で建物が復元されました↓

IMG_1663.jpg

しかし残念なことに、2013(平成25)年9月の台風18号により大きな被害を受け、1年半以上経った現在も復旧工事が続き、立入禁止となっています。上の写真は、災害の前に撮影したものです。
京阪バスの公式HPでは「げんじゅうあん」とされていて、Wikipediaなどの読み仮名も「げんじゅうあん」とされているのに、指月の旧アナウンスは驚いたことに「げんじゅあん」と放送されていました。この2月から入ったレシップのアナウンスでは「げんじゅうあん」と発音されています。

上別保【大津市内総合線 国道系統3】の項で書きましたように、別保には国分の幻住庵を1705(宝永2)年に移築したその名も「幻住庵」があり、同書では芭蕉門弟の菅沼曲翠(曲水 1659-1717)が移築し、芭蕉の肖像画、古額などが秘蔵されている尼寺と紹介しています(P767)。

IMG_1020.jpg

IMG_1022.jpg

JRの線路のそばですが、国分の幻住庵に負けないくらい静かな佇まいで、ずっとこんなところで心静かに暮らせたら、と思われてきます。

(リアルで私を知っているひとに読まれたら、噴き出されそうだな…)

↓石山駅方面のバス停は、幻住庵とその隣にある近津尾神社の階段の真下にうまく収まっています。

IMG_6063_201411292208348ed.jpg

IMG_6064_2014112922083291b.jpg

↓国分団地方面のバス停は、ここにある、と覚えていなければ見落としそうな電柱の影です。

IMG_6060_20141129221142883.jpg

「恥ずかしがってないで、出ておいでよ」と言いたくなる雰囲気です。

でも、通りから見ると、普通です↓

IMG_6061_20141129220834855.jpg

↓付近の崖は急で、崩れたというのも分かります。

IMG_6062_20141129220836f99.jpg

↓付近を走行する石山駅方面、W-3016

IMG_6096_20141129220837add.jpg

家並みが続きますが、開通した頃は何もなかったのでしょう。

↓少し国分町寄りから、聖徳太子堂に上がる道があります。

IMG_6133_20141207194149d81.jpg

こんなところを登ることを想定していない格好だったので、難渋しました。

↓堂は丘の頂にあります。

IMG_6120.jpg

↓神仏分離令により1869(明治2)年に石清水八幡宮から移されたという「聖徳太子二歳像」などが収められています。

IMG_6128.jpg

↓東レなどの工場群が見えます。

IMG_6122_201412071941468c4.jpg

このお堂は驚いたことに1957(昭和32)年には既にできていたようなので、国分系統が開通した頃には、ここからこうして景色を眺めることはできたのだろうと思います。

その頃、どんな景色だったのでしょう?工場はもうかなりあっただろうと思いますので、あそこでお父さんが働いているんだ、と思いながら佇む子どももきっといたことでしょう。

↓視線を転じて、こちらは北大路中学校方面

IMG_6123_20141207194147c90.jpg

国分と焼野の間のこの辺りはは公共交通機関の空白地帯です。こういうところこそ路線バスの活躍の場のように思うのですが。

次は、国分団地 終点です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
幻住庵
一度行ってみたいと思いつつ、実は場所をよく分かっていませんでした...

今は修復中なんですね。
2015/06/01(月) 07:11:51 | じゅうしまつ | #-[ 編集]
Re: 幻住庵
じゅうしまつ様、いつもありがとうございます。

> 一度行ってみたいと思いつつ、実は場所をよく分かっていませんでした...
> 今は修復中なんですね。

念のために、もう一度確認しましたが、やはりまだ再開の見通しが立っていないようです。もう何だかんだ言っている間に2年経ってしまうので、いくらなんでもそんなに時間がかかるものかな?と不思議です。技術的なことより予算が付きにくいとか、資金的なことが大きいのかなと思ったりするのですが、よく分かりません。
庵(いおり)そのものがダメージを受けているとすると、茅葺の伝統技法に拠らなければならず、そういう材料を集めたり、それを扱える職人を探したりするだけでも大変なのかもしれません。

確か、「先づ頼む 椎の木も有り 夏木立」「山路来て何やらゆかしすみれ草」など、数々の小さな句碑もあったと思います。今思えば、もっとゆっくり味わっておいたらよかったなあと思います。
2015/06/01(月) 23:01:00 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/672-5d05d679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック