青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
栄町 さかえまち
所在地:大津市栄町
開設年月日:1988(昭和63)年7月1日?
付近:日本キリスト教団石山教会 清和幼稚園 大津栄町郵便局
キロ程:松原から0.2キロ(石山駅から0.5キロ)


『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』によると、東海道はかつて膳所城の「瀬田口総門」からこの栄町まで松並木道が続き、一里塚もあったとのことです(P759)が、今はもうその面影はありません。

栄町は、松原とともに、鳥居川に5つあった小字(上之町、中之町、下之町、栄町、松原町)のひとつで、明治22年以降1933(昭和8)年の大津市との合併までは石山村(町)大字鳥居川字栄町と呼ばれていました。合併後1951(昭和26)年までは「大津市石山鳥居川町」として松原などとともにまとまり、その後「石山鳥居川栄町1~3丁目」となり、1967(昭和42)年から単なる「栄町」になりました。

石山駅より、この辺りの方が古い集落だったようで、明治、大正期の地形図を確認すると、この付近に人家が集中していて、それが時代を経るにつれて駅の方に伸びて行っているのが分かります。古い地形図は滋賀県立図書館などで見ることができますので、ご興味のある方はご覧ください。

今は「鳥居川町」と「栄町」や「松原町」は同等の単位ですが、昔は「鳥居川町」の方がより上位(優劣善悪でなくより範囲の広いという意味で)の地名概念だったことになります。



1972(昭和47)年5月13日付読売新聞滋賀版の「わが町再見」で、この栄町が取り上げられています↓

「東レとともに生きる町」ともいわれ、戦後の繊維業界の景気回復に伴って、町は順調な発展を続けてきた。最近はドル・ショック以来、業界が不振に陥っているが、これまでにつちかわれた活気は衰えそうになく、地元では東レの消費がなくても大丈夫と自負。商業地域としては中町通より発展していると自慢する。
国鉄と京阪電車が接続するうえ、路線バスも商店街の中を走っているのが強み。大津市千百の商店のうち、三分の一が集中、東側の松原町には県下一のスーパーができたことも手伝って、日中から買い物客の波が続く。周辺はおろか膳所、瀬田、草津、守山方面からもでかけてくる主婦が多い。



この時代、近江鉄道バスは最低でも草津からは直通、ひょっとすると守山や八日市辺りからも乗り換えがなかったのかと思われます。果たして今、守山や草津からわざわざ栄町に買い物に来るひとがいるでしょうか?今では考えられないくらい殷賑(いんしん)だったことが文面からも伝わってきます。
それでも、やはりこの当時から既に滋賀県民は、高価なものや、贈答品などは京都や大阪で買う癖があったようで、そういう客をどう取り込むかが課題、とこの後書かれていましたが、今ほどに時代が大きく変わるとは予想されていなかったことでしょう。

バス停そのものは古くからあるはずですが、停まるのは近江鉄道バスと帝産湖南交通だけで長らく京阪バスと京阪宇治交通は停車しませんでした。しかし、1988年7月1日現在の路線図には記載があり、その前の1987年現在の路線図には記載がないことから、1988年7月に設置と思われます。私の記憶ともほぼ一致します。京阪バスが停まるようになると、宇治交通も停まるようになりました。キロ程は両社同一です。

↓南行きのバス停側に立って撮影。向かいが石山駅方面

IMG_4174.jpg

IMG_4173_20130127111350.jpg

松原と栄町だけでみられる特製の3社共用ポールです。

京阪バスが停まるようになる前、バス停は「東劇前」と呼ばれていて、南行きバス停の東側の駐車場が、「東洋映画劇場」という映画館でした↓

IMG_5552.jpg

1985-1986年頃に閉館したと記憶しています。

唐橋前のバス停との間には、「明治天皇 鳥居川御小休所」が異彩を放っています。

IMG_5439.jpg

IMG_5437.jpg

これについては、『大津市史 中巻』(大津市役所 1941 P989)に

明治元年十二月車駕東京より京都に還幸あらせられ、同二十一日石部行在所後發輦(はつれん)、草津驛にて御中餐の御後滋賀郡鳥居川村御小休



とあります。因みに、この「驛」は鉄道の駅ではなく、宿駅のことです。翌年にも、また1878(明治11)年にもここで休憩された記録が残っていますし、皇后陛下の行啓の時にも何度か使われているということです。

今、中はどうなっているんでしょうか。もう、ここに天皇皇后両陛下をはじめ、皇族方が行幸啓されることはないのでしょうか。


N-6221とW-3796が離合していきます↓

IMG_5431_20130310150305.jpg

今でこそこうして簡単に離合できますが、20数年前はこうはいかなかったでしょう。

栄町バス停のすぐ南、A-3789が走っているこの辺りは20数年前の道路の改修で道が拡幅される前は、それ以北の石山駅寄りより幅員が狭く窄(すぼ)まったようになっていて、1.5車線くらいしかなく、交通に難渋していたのを幼心にも覚えています↓

IMG_5443.jpg

道の東側に卵の専門店があって、バスが軒を擦りそうにしていた気がしますが、古い住宅地図を見ると、確かにそれらしい名前がありました。1971(昭和46)年の住宅地図では同じ名前で「八百ヤ」(原文ママ)と書かれていたのですが、私は卵の店のような記憶があって仕方ありません。今はどこでどうされているのでしょう。

次は、唐橋前。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/654-388d3130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック