青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
樋ノ口 ひのくち
所在地:(石山団地方面)大津市石山寺五丁目 (石山駅方面)大津市石山寺四丁目
開設年月日:1991(平成2)年4月1日?
付近:フレンドマート(平和堂)石山寺辺店 滋賀銀行石山研修所・滋賀銀行健康保険組合石山グランド 
キロ程:野々宮から0.3キロ


他の停留所と違い、開通当初はなかったバス停です。野々宮と石山団地口の間の距離が長く、周辺の宅地開発が進んだために設けられたようです。
昭和末期から平成初期の住宅地図や路線図を確認する限り、平成2年の開設ということでほぼ間違いないと思われます。



小字だと思われますが、『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』(1979)の「小字一覧」には記載がありません。石山寺辺町の範囲の小字は、「石山村寺辺」として「北田」「寺津」「別所」「伽藍山」「大平山」が上がっています。このうち別所は郵便局名などに今も広く用いられています。

2013(平成25)年4月29日付拙稿大浜【石山外畑線・宇交石山線7】にて、「大浜バス停以上に由来が分からないバス停名はない」と書きましたが、よく考えたらここも、何の文献にも出てきません。
古い地名がこういう形で残るのはいい面もありますが、反面、どうしてこういう誰も分からないものをバス停名にしてしまうのか不思議です。

尚、2011(平成23)年8月11日付の瀬田川畔のメン羊王国 石山寺辺町?もこの辺りを取り上げた記事ですので、初めてご訪問下さった方は是非ご覧下さい。
逆光で、うっとうしい写真になってしまいましたが、石山駅方面の全景。

IMG_4248.jpg

IMG_4242.jpg

新しい停留所ながら、どうにかこうにか土地をひねり出して、石山団地方面はちゃんとバスポケットがあります。朝は渋滞しやすいポイントなので、石山駅方面も欲しいところです。

IMG_4240.jpg

↓石山団地方面のポール全景

IMG_4245.jpg

↓石山駅方面のポール、石山団地向き

IMG_4246.jpg

↓同じく石山駅向き

IMG_4244.jpg

↓石山団地方面に2、300m歩くと右手に、フレンドマート石山寺辺店が見えてきます。

IMG_4250_20140721172150871.jpg

店内には、樋ノ口バス停の時刻表も掲示されていて、利用者の便が図られています。

石山学区は、かつて平津のバス停前にあり、今は洛和会関係のグループホームになっている「滋賀銀行平津保養所」をはじめ、なぜか滋賀銀行関係の施設が多く、左手の木立は、「滋賀銀行健康保険組合石山グランド」です。

IMG_4251_20140721172153489.jpg

↓奥の建物は年季が入っています。

IMG_4254.jpg

IMG_4253.jpg

それもそのはずで、驚いたことに何と石山団地が開発されたばかりの1968(昭和43)年版の住宅地図には、既に記載があります。今の寺辺を前提に考えたらだめです。昭和43年ですよ!恐らくその当時は、今の30~40歳以下の世代の人間にはもはや想像もできないくらい何もなかったのではないかと思います。先見の明があったのか、こんなところしか土地がなかったのか。

ちゃんと使われているのか?と思ったら、昨年も社会人サッカー大会が開かれたりしているようです。

大津市の避難所に指定されていますが、住民にしたら、グランドなんかじゃなくて銀行そのものがほしい!と思いますね。その肝心の銀行は、寺辺出張所が後年設置されたようで、次の石山団地口が最寄です。
その寺辺出張所もつい先だって6日に、「寺辺代理店」に改組され、融資、国債、投資信託や外貨預金などは扱わないことになったようです。

次は、石山団地口です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/646-3ee52edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック