青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
IMG_0744.jpg

大津プリンスホテル おおつぷりんすほてる
所在地:大津市におの浜四丁目
開設年月日:1998(平成10)年10月1日
付近:大津プリンスホテル 大津市水再生センター
キロ程:県立体育館から0.5キロ(大津駅から3.8キロ)




地上133m、38階建て、高いビルが少ない滋賀県内では1989(平成元)年の完成以来ずっと、最も高いビルであり、重要なランドマークの1つです。

瀬田川からの眺めも美しいです↓
IMG_3024.jpg

バス停はエントランスの片隅にあります↓

IMG_0748.jpg

IMG_0745_20130908203705c64.jpg

↓右の方は無料シャトルバスの時刻表です。平日は全便がホテル専用バスですが、土日は多くの便が近江鉄道バスの車両を使用した貸切バスです。

IMG_0747.jpg

なぜ系列の会社による運行が過半を占める路線バスの経営を圧迫させてまで全く並行するシャトルバス↓を、それも路線バスと同じ会社のバスを貸し切ってまで走らせるのかよく分かりません。

IMG_0721_20131020201503789.jpg

貸切にする経費の方が安いのでしょうか?少なくとも近江鉄道バスに関しては、例えばホテル宿泊客には特殊な乗車券を渡してホテル側で運賃を負担するとしても、グループ内でお金がぐるぐる回るだけ(燃料費と人件費だけが外に出て行く)で、大した違いはないと思うのですが。もしかすると、私が知らないような道路運送法、税法上の問題があってできないのかもしれません。

プリンスホテルの前の土地は、現在ドラッグストアとスーパーマーケットになっています。

IMG_0723.jpg

ここもプリンスホテルも、びわ湖大博覧会の会場跡でしたが、その後、いつの頃からかは分かりませんが、近江鉄道バスの大津営業所となっていました。プリンスホテルが建つのを前にして、瀬田の現在地に移転しました。

          §                         §

なぎさ公園線の採算性は非常に悪いといってよいでしょう。
人口密度が高い市街地で、各種の施設や大規模なマンションもあり、本当はちゃんとテコ入れすればそれなりの利用が望めるだろうと思います。

200円という運賃設定が割高感があるのでしょうか。堅田で江若交通に乗った時に、堅田駅から2つ、3つのバス停ですぐに降りる客を見ましたが、石山でこういう利用はあまり見ません。江若交通は初乗り160-170円程度で乗れるので、ちょっと疲れたな、という時には乗ってしまおう、ということなのでしょう。

なぎさ公園線だけ運賃を変えるというのは、他の路線を含めた全体の運賃体系に歪みを与えることになるので、簡単なことではないと思いますが、特殊区間制も善し悪しです。

この次の大型の特集は、膳所の旧市街を走っていた「旧大津市内線」を取り上げようと思っていますが、改築中の膳所駅や山手の鶴の里、池の里、朝日ヶ丘などとうまく結びつけ、市内中心部をめぐる、「現代の大津市内線」に発展するような路線設定も考えなければならないのではないでしょうか。
山が湖に迫り、そこに本数の多い鉄道が2本も走行しているという事情を考えても、今の大津旧市街のバス路線は、全ての都市を調べたわけではありませんが、都市規模に比して貧弱すぎるように思われてなりません。市役所-県庁、大津駅-大津市民病院などなど、歩くには遠い、タクシーを使うには贅沢、鉄道は直接つながっていない、バスが少なすぎる、という中途半端なところの何と多いことか。

こんな夕暮れの空の下で、なぎさ公園線の京阪バスを見ることはもうないのでしょうか。

IMG_2121 (3)

なぎさ公園線15周年の特集はこれで終わります。

次回からは中断していた京阪宇治バス石山線の特集を再開します。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なぎさ公園線完結
地元のおっちゃんと申します。
なぎさ公園線完結おめでとうございます。
このなぎさ公園線開通当初は、朝から晩まで約20分間隔で近江・京阪が
交互で走っていましたよね。今では、ダイヤ改正毎に本数が減り利用しに
くいダイヤになってしまいました。私も以前はなぎさ公園線を利用していた
のですが、本数が減ってからは自転車で大津駅に行くようになりました。
あ、そういえばなぎさ公園線と並行して一時期江若バスの唐崎駅から出ていたバスが浜大津経由でびわ湖ホールまで行っていましたよね。(いつみても
だれも乗っていなかったのですぐに廃止になりましたが(涙)
2013/10/26(土) 10:09:32 | 地元のおっちゃん | #EBUSheBA[ 編集]
Re: なぎさ公園線完結
「地元のおっちゃん」様、コメントありがとうございます。
利用者が減ったから本数が減る、本数が減るから利用者が減る、の典型的な悪循環でしょうね。
朝から晩までと言っても、確かラッシュ時間はなかったような気がします。駅からこの辺りのオフィスに勤めるひと、逆にマンションから駅に向かうひとがきっといるでしょうに。
よほど特定の需要しかないことがはっきりしているのでない限り、「ここは日中の需要しかないだろう」などという勝手な思い込みでダイヤ設定すると、地域への定着が悪くなるのではないかと思います。

あと、自転車で行こうと思えば行ける、という距離、地形もバスにとっては災いです。これを乗り越えるには運賃や、路線の張り方、ダイヤしかないでしょうね。

> あ、そういえばなぎさ公園線と並行して一時期江若バスの唐崎駅から出ていたバスが浜大津経由でびわ湖ホールまで行っていましたよね。(いつみてもだれも乗っていなかったのですぐに廃止になりましたが(涙)

これは私も知りませんでした。びわ湖ホールではなく、アーカスではないのでしょうか?
2013/10/27(日) 13:13:22 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
お返事ありがとうございます
喜撰猿丸さまお返事ありがとうございます。江若バスですが、何回か
びわ湖ホール前から出発する様子を見ていたのでびわ湖ホールまで運行がありました。写真が残ってないのでお見せ出来なくて残念です。
経路は、びわ湖ホールまで行くと折り返し唐崎行きになりNHKの前を通り湖岸道路から途中の停留所を止まらず浜大津に向かいました。
2013/10/27(日) 19:50:00 | 地元のおっちゃん | #mQop/nM.[ 編集]
Re: お返事ありがとうございます
びわ湖ホールの件、ありがとうございます。大晦日恒例のジルヴェスターコンサートの臨時バスとして走ったことはあるように聞いたことがあるのですが、定期路線というのはやはり聞いたことがないですし、ネットで検索しても残念ながらこれといった情報が出てきません。アーカスなら私も知っていたのですが、引き続き調べてみます。
ありがとうございました。
2013/10/27(日) 20:45:41 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/635-c40b9362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック