青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
※本来、前回の末尾に書きました通り、雲雀ケ丘を先に取り上げるべきでしたが、記事の投稿設定を誤っており、湖城が丘が先になってしまいました。 記事UPから10時間以上経って気づき、今更取り下げて順序を変えられないので、雲雀ケ丘は次回改めて取り上げることに致します。
 悪しからずご了承のほどお願い申し上げます。申し訳ありませんでした。

湖城が丘 こじょうがおか
所在地:(浜大津方面)大津市湖城が丘
    (石山方面)大津市相模町
開設年月日:不明
改称年月日:不明(大津市立病院⇒膳所平尾町⇒湖城が丘)
付近:滋賀県接骨会館 (現在ないもの)大津市立病院(大津市民病院)
キロ程:雲雀ケ丘から0.6キロ




「湖城が丘」の地名は比較的新しいもので、1967(昭和42)年4月1日に、膳所池ノ内町の一部を住居表示制の施行時に分離させ、「湖城」(=琵琶湖文化館)を望む丘に位置する丘、という意味合いで「湖城が丘」と命名されたことに始まります(『角川日本地名大辞典 25滋賀県』P758)。

IMG_5768_20141206220810608.jpg

この点、元を辿ると古代史にまでルーツが遡れる隣の雲雀ケ丘とは一味違います。しかし、現在正式な行政地名となっているのは「湖城が丘」の方です。

昭和40年代の地図で、このバス停は「膳所平尾町」と記載されております。現在の膳所平尾町は、名神高速道路より山手のほんの小さな一角にすぎませんが、この当時は国道付近まで膳所平尾町でした。

この「平尾」の伝承については同書に詳しく書かれていました。
壬申の乱の後、敗れた大友皇子の第二子与多王(よたのおほきみ)が、茶臼山に「滋賀寺」今の西ノ庄の「法伝寺」を建立した時に、
「自分は王ではなく、平王だ」
と言ったことによる、とのことです(P420)。平王って…?
因みに三井寺も与多王が開基と言われていて、大津市内には与多王を祭る神社や、ゆかりのある寺院が多いということです。

更にその前はこの付近に大津市民病院があったため、「市民病院前」という停留所名でした。1964(昭和39)年現在の路線図では確かにここが、「大津市民病院前」となっています。

大津市立病院の場所を特定するのが大変だったのですが、大津市民病院『35周年記念誌』の以下の記述がヒントになりました。

「旧大津市立病院が膳所平尾町の一角(現在コカコーラの営業所)に所在、公立病院として漸く頭角を現した頃であって国道一号線は工事半ばでバラスが路面一杯に敷き詰められていた時代である」(磯貝正栄「旧大津市民病院の回想」大津市民病院『35周年記念誌』P18、1983)

しかし、これだけですぐ分かったわけではなく、住宅地図を確認して、コカコーラの営業所を探し、それが今何になっているのかを確認する必要がありました。

↓その結果、現在の「ネッツトヨタびわ湖㈱」の大津店が旧大津市立病院(大津市民病院)跡地だと分かりました。

IMG_5750_201412062208075b3.jpg

1964(昭和39)年1月に現在地に移転しているので、私が見ている1964年の路線図は、改定される直前だったのでしょう。

大津市歴史博物館公式サイト内に、国保直営 大津市民病院(昭和30年代)という、湖城が丘時代の大津市民病院の写真があり、真ん前にバスの待合所らしいものも写っています。

なお、1949(昭和24)年の路線申請時の「大津市立病院前」の図は、明らかに今とは道の通り方や土地の形状が違っており、せっかく調べたのに、本当にこの場所なのかとまたも私に疑いを持たせるようなものでしたが、現在それをきっちり調べる余裕がありませんので、今後の課題とさせて頂きます。

現在の浜大津方面のバス停は、それよりも浜大津寄りにあります。

IMG_5766_201412062208123b5.jpg

ただ、2001(平成13)年の版までの住宅地図では、青く示した位置にバス停があったようです。

ややこしいのですが、更に1985(昭和60)年版では、もっと浜大津寄り、現在、滋賀日産自動車大津店の出入り口になっているあたりにバス停があったようです。

石山駅方面の全景を見ながら撮影すると、手前(ここでは浜大津側)から1985年当時のバス停、2002年以降現在のバス停、そして1986年から2001年までのバス停が並びます↓

IMG_5762.jpg

石山駅方面もややこしくて、1985(昭和60)年版だけ現在「焼肉でん」の出入り口になっている辺りに描かれていましたが、ということはそれまで数年間その位置が続いていたのでしょう。現在のバス停を入れて撮影するとこんな感じです↓

IMG_5744_20141206221532307.jpg

↓浜大津方面全景。

IMG_5745_2014120622153198e.jpg

↓一方1986(昭和61)年から2008(平成20)年までの位置がまた大きくずれていて、もっと石山駅寄りです。

IMG_5752_201412062212345ae.jpg

IMG_5756_20141206221233376.jpg

IMG_5758.jpg

↓現在のバス停から撮影してもかなり遠いです。

IMG_5746_20141206225508e5d.jpg

IMG_5759_20141206220808180.jpg

次は、国道膳所です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/633-906fc42a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック