青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
東山二条 ひがしやまにじょう
所在地:京都市左京区
開設年月日:1982(昭和57)年11月7日
付近:イオン東山二条店 京都外国語専門学校 法鏡山妙傳寺 西方寺(さいほうじ) 京都市勧業館(みやこめっせ)京都会館 細見美術館




熊野神社前を出て南下、川端警察署の前を過ぎると「東山二条」の交差点で、その南にあるのが「東山二条」のバス停です↓

IMG_4048.jpg

南行きは上の写真の通り、市バスの乗り場と共用ですが、北行きは、東山二条交差点の北側にある市バスに対し、南側に単独のポールがあります↓

IMG_4054.jpg

『角川日本地名大辞典 26 京都府上巻』P1111によると、二条通は平安京の「二条大路」に相当する通りで、大内裏以北と以南を分割させる、或いは上京と下京を分割するという重要な役割を持っていたとされ、道幅もほかの通りより広かったそうです。
ただ、徐々に荒廃し道幅も狭まってしまいました。再び脚光を浴びるのは江戸時代で、二条城前のメインストリートとして商家が立ち並び、やはり上京と下京の境を成す重要な通りだったといいます。鴨川以東にも伸びたのは宝永年間で、18世紀の中頃の文献では、永観堂あたりから西は二条城の前までの通りとされていて、ほぼ今の姿と変わらないことが分かります。

↓更に南の東山仁王門寄りから見ると、北行きと南行きがだいたい向かい合っているのが分かります。

IMG_4047.jpg

京阪バスにも市バスにも二条通に右左折する路線があるわけでもないのに、なぜこのようになっているのかよく分かりませんが、京阪バスが停車しない、市バスの1つ南の「東山仁王門」からの距離が非常に短いことが関係あるのかもしれません。

↓京阪バスの北行きのバス停からは、東山仁王門の北行きの停留所で客扱いする市バスの様子がよく見えます。

IMG_4055.jpg

↓東山仁王門

IMG_4049.jpg

↓南行きのバス停から、北行きのバス停を撮っていますが、こうして撮ると、どこなのか分かりません。こんな幹線道路沿いでなく、もっと静かな古い集落のように見えます。

IMG_4051.jpg

少し引くと、背景の「西方寺」(さいほうじ)の堂宇が美しいです。普段は非公開ですが、秋に特別公開をすることもあるようです。

IMG_4050.jpg

この辺りは特別に有名というわけではありませんが、地図を拡大してご覧頂くと分かるように、寺院が非常に多く、東山通の一本西側は「西寺町通」と言って1708年の京都大火の後、寺町通から移転した寺院が並んでいます。

↓比叡平行きが近づいてきました。

IMG_4057(2).jpg

次は、東山三条
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/609-49a4d616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック