青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
銀閣寺道 ぎんかくじみち
所在地:(比叡平方面)京都市左京区北白川久保田町
    (三条京阪方面)京都市左京区浄土寺西田町
開設年月日:1958(昭和33)年9月13日以前
付近:銀閣寺(東山慈照寺=とうざんじしょうじ) 京都銀行銀閣寺支店 メルシーマルギン 大国屋白川店 京都信用金庫銀閣寺支店 京都北白川郵便局 橋本関雪記念館


1958(昭和33)年に開通した、大津銀閣寺線の終点でもあった銀閣寺道。こんなところでどう折り返していたのか、或いは、京津国道線などほかの路線の運用とつながっていたのか…。



「道」というのは関西、特に京都に特徴的な停留所名で、名称となっている寺社や施設が少し停留所から離れている場合に用いられます。関東には私が知る限り存在しません。

市電は時期によっても違うようですが1961(昭和36)年時点では4系統乗り入れていて、ここが起終点だった系統もありました。今は中途半端に見えますが、曾てはそれなりに重要な交通の拠点だったのでしょうか。

大津銀閣寺線と同じ年に開業し、北白川の住民に古くから親しまれてきたメルシーマルギン(旧丸銀百貨店市場)や、1951(昭和26)年6月1日から営業している京都銀行銀閣寺支店など、観光客相手というより地元の生活に密着した商店や銀行が多少集まっています。三条京阪方面のバス停↓

IMG_5058.jpgIMG_5076_20130203204024.jpg

背後に写っている特徴的な建物は、知るひとぞ知る私設図書館です↓

IMG_5065.jpg

IMG_5066.jpg

“since1973”とありますから、昭和48年、市電がまだある時代からここにあったんですね。学生の街ならではですね。専用の自習室がある大津市立図書館など僅かな例外を除いて、公共図書館は無料で入れる代わり、図書館資料を使わない「自習」はお断りというところがほとんどなので、コーヒー代を含む250円の入館料は、喫茶店に入ることを思えば安いです。

↓比叡平・比叡山方面

IMG_5069_20130203204025.jpgIMG_5068.jpg

IMG_5061_20130203205035.jpg

道の反対側から撮影。一緒に写っている電話ボックスとポストも歴史が古くて、少なくとも1978(昭和53)年の段階ではすでに住宅地図にこの位置で記載があります。

ただし、曾て京阪バスと京都バスの北行きはもっと東寄りに停車していました↓

IMG_5071.jpg

赤い矢印が、およその位置です。電柱1本、木3本の奥に、現在の「銀閣寺道」バス停があるのが小さく見えます。

私が確認できた限り、1983(昭和58)年から2008(平成18)年まではこの位置でした。それ以前、1978(昭和53)年の住宅地図ではこの位置で「比叡山ドライブ行き銀閣寺道」なる記載がありました。


↓左の電柱とその隣の木の間にバス停があったようです。

IMG_5060.jpg

それより更に前、1966(昭和41)年の住宅地図では逆にこの位置にしかバス停がなく、市バスもここに停まっていたのかと思われますが、残念ながらこの頃の住宅地図は精度に難があり、実際の所はよく分かりません。市電は西⇔南のみ走っていて、南行きはこの前の路上に停まっていたようです。西行きは交差点の南側に停まっていました。

せっかくなので銀閣寺に行きました。私は出不精で、銀閣寺も清水寺も行ったことがありません。
思っていたより遠い…。市バスの「銀閣寺」のバス停からすぐかと思ったら、こんな賑やかな参道が、銀閣寺道のバス停に行くのと同じくらいの距離続きます。

IMG_5116.jpg

DSC_0118.jpgDSC_0109.jpg

DSC_0095.jpg

次は、京大農学部
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/604-31eba319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック