青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
唐崎駅 からさきえき
所在地:大津市唐崎二丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:2006(平成18)年7月1日
付近:JR唐崎駅 大津市営唐崎駅前団地 全国市町村国際文化研修所 大津市立唐崎中学校 唐崎市民センター(大津市役所唐崎支所・大津市立唐崎公民館)
 



終点、唐崎駅に着きました。

DSC_0570_20140505103244c2f.jpg

湖西線開通当時の鉄建公団の幹部が、これほど遺跡が多いところに鉄道を敷くのは初めて、というほどの遺跡地帯だったそうです(1974(昭和49)年4月20日付滋賀日日新聞)。

現在はJR西日本の子会社が委託管理する有人駅ですが、長らく旧志賀町以外の大津市内のJR駅で唯一「みどりの窓口」が設けられていなかったばかりか、開通当初は無人駅にする計画で、地元住民が反発していました。

「最近の住宅化の進み具合からみても、将来は西大津駅よりも、唐崎駅の方が必ず乗降客は増加する。国鉄の見通しは甘い」(1974(昭和49)年4月20日付滋賀日日新聞)

湖西線開通から40年を経た現在、大津京駅の利用者数は9,000人余り、唐崎駅は3,500人程度。
憤慨していたという地元住民の見通しは……?

ただ、それでも開通当初は有人駅として採算が取れるとされていた800人を下回ると予想されていたことを思えば大きな伸びです。
DSC_0571_20140505103242fbc.jpg

ここは、本当の最終運行日である2006(平成18)年6月30日にある程度写真を撮っておりました。

↓車両も今となっては懐かしい、エアロミディです。

00000537_20121022213630.jpg

00000534_20121022213631.jpg

00000541_20121022213629.jpg

00000542_20121022214915.jpg

そういえば、当時はまだW-1999と1202と、N-3154、3155くらいしかLEDの行き先表示が入った車両がなく、唐崎駅行はたいてい中型車の運用だったので、LEDの「唐崎駅」の表示は、私が知らないだけで使用事例はあるのかもしれませんが、印象がありません。

この日は、同時に江若交通の大津駅-唐崎駅系統も運行休止になりました。

00000543_20121022214914.jpg

京阪バスの「廃止」と違って、こちらはあくまでも「休止」です。
鉄道の隙間をうまく縫っているいい路線だと思うのですが…。

↓きれいな路線図と時刻表がありました。

00000544_20121022214914.jpg

左端の堅田駅行だけは、その後更に3年近く走り続け、2009(平成21)年1月31日で運行を終了しました。正直、何のために走っているのかよく分からない路線でした。

京阪バスは、80年代でも、これに近い形で、朝夕しか走っていなかったと思います。
それでも、最後の日ということもあったからかもしれませんが、滋賀里との間の西唐崎バス停を含め、それなりに利用者がありました。

00000545_20121022214914.jpg

00000547_20121022214913.jpg


↓もう見られない、「唐崎駅」の運賃表。整理券7の170円、というのは、滋賀里、西唐崎から乗車した人だけに適用される、江若交通の対キロ区間制運賃です。

00000535_20121022213631.jpg

対キロ区間制と特殊区間制を跨って乗車するときは、対キロ区間制で計算することの方が多いと思いますが、ここと比叡山坂本駅-京阪坂本駅間にかかる区間については、恐らく京阪バスと江若バスで何らかの契約をし、陸運局の認可も受けた上で、滋賀里以南の区間だけで乗車した場合と、唐崎駅、西唐崎が含まれる区間を乗車した場合とで極端な運賃差ができないように特殊区間制に準じた調整がかけられているのではなかろうかと思われます。
同様の事例は、旧京阪宇治交通(京都京阪バス)との間の、「町並特区」にも見られます。


唐崎駅

そして、路線バスは去りました。

IMG_4378_20121203210056.jpg

IMG_4379_20121203210056.jpg

↓ここに路線バスがあったことを物語る以降は、この駐車禁止の標識の下の、消えかけた補助標識だけでしょう。

IMG_4377.jpg

このあと、本線上に戻るので本シリーズとして次回は穴太です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/599-96f8c82b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック