青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
IMG_4741_20120503201831.jpg

榧尾 かやお
所在地:大津市南滋賀町字榧尾
開設年月日:1982(昭和57)年11月7日
付近:琵琶湖大霊園


京阪バスの数あるバス停の中でも指折りの難読バス停で、他のバス停名にはルビがなくても、ここだけはルビがある路線図もあります。



「榧」とは、イチイ科の常緑樹「カヤ」のことで、実は食用になるそうですが、特にこの辺りにそのカヤの木が多いのかどうか分かりません。「榧尾」は小字ですが、こんな何もないところにまで律儀に地名をつける日本人はすごいです。

↓比叡平方面を望む

IMG_4736.jpg

向かって右手が、琵琶湖霊園です。私が比叡平行きのバスに乗るのは年に1、2回ですが、それでも2、3回ここで降りる客を見たことがあり、周囲に他に何もないので、墓参の需要も少しはあるのだろうと思われます。たいてい、比叡平まで行った同じバスが引き返してくる運用なので、そのバスで大津京駅に戻ろうとすると慌ただしいだろうと思います。

IMG_4737_20120503201712.jpg

1981年版のゼンリンの住宅地図には、既に琵琶湖霊園が掲載されていますが、それ以前の住宅地図には、この付近が住宅地でないせいか、地図自体がなく、どういう状況だったのか詳細が分かりません。バス停の記載もありませんので、先に開通していた大津比叡山線にはこのバス停はもともと存在せず、やはり新聞記事通り、大津比叡平線の運行開始に伴って設置されたのだろうと思われます。住宅地図に記載が現れるのは1983年版からであることからもそのことが裏付けられると思います。

バス停ができた時点で既に霊園があったのですから、バス停名は「琵琶湖霊園(前)」であったとしてもおかしくありません。

IMG_4738_20120503201711.jpg

↓大津京駅方面のバス停から、近江神宮前、大津京駅方面の眺め。工事は霊園の拡張なのか、また別の何かなのでしょうか。

IMG_4742.jpg

↓比叡平方面。傾斜のあるところにポールが立てられているのがよく分かります。

IMG_4739.jpg

↓大津京駅方面。どうしても京都側に向かうひとが多いため、京都側よりも減便の本数が多く、だいぶ歯抜けになってきた気がします。

IMG_4740.jpg

次は、展望台前
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
僕は京都市内在住の中学生でアメブロをやってます。
京阪バスの大津比叡平線・京都比叡平線って今年、開通30周年なんですね。

つい最近、初めてこの路線に乗って、非常に面白い路線だと感じたので、非常に興味深いです。
特に京都側は山中町経由のバスが面白いです。

このブログでは京都比叡平線も取り上げられるのでしょうか?

見た限りでは大津京駅から比叡平までのバス停を全て取り上げられるようですが、それぞれのバス停はどのようにして回られてるのですか?

ブログやってますので、ぜひご覧ください。
そしてコメントをくれると嬉しいです。
http://ameblo.jp/sotetsukirara917/
2012/12/03(月) 20:46:33 | 快速205号 | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
快速205号様、初めまして、コメントありがとうございます。

> 京阪バスの大津比叡平線・京都比叡平線って今年、開通30周年なんですね。

ええ、ただ記事でも書いていますが、貸切で運行を始めてからだと40年ほど経ちます。

> つい最近、初めてこの路線に乗って、非常に面白い路線だと感じたので、非常に興味深いです。
> 特に京都側は山中町経由のバスが面白いです。

そうですね。1,000年を超える歴史を持つ山中町を通り過ぎたかと思うと、突然新しい住宅街が現れ、変化に富んでいますね。

> このブログでは京都比叡平線も取り上げられるのでしょうか?

はい、その予定で順次「取材」を進めています。

> 見た限りでは大津京駅から比叡平までのバス停を全て取り上げられるようですが、それぞれのバス停はどのようにして回られてるのですか?

いい質問です(笑)。
大津京駅から近江神宮前までの間は徒歩です。近江神宮前から先はさすがに歩くのは危険なため、車を使っています。比叡平の中だけを回るときはバスで登って、団地内を歩くなど、いろいろ手段を使い分け、また何回かに分けています。順番も、必ずしも記事の通りではなく、あとから編集して組み立てていることがあります。

ブログ拝見しましたが、私でも実物を見たことがない市バスの旧16系統のことなんて、若いのによく知っていますね。また宜しくですm(__)m
2012/12/03(月) 21:32:14 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/579-093150e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック