青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
山中 やまなか
所在地:大津市山中町
開設年月日:1982(昭和57)年11月7日
付近:


山中町を出て、紅葉を見ながら京都方面に歩きます。

IMG_4187.jpg

↓途中には、懐かしいホーローの町名板もあります。(プライバシー保護のため画像を一部加工しています)

IMG_4186_20130101132558.jpg

山中町集落の大津市側の出入口であった「山中上」に対して、こちらは京都側の出入口です。集落の外れですが、「山中上」と違って、若干の民家が見えます。



IMG_4863.jpg

「山中上」と同様、通行止めの標識があります。

↓並んで立つバス停ポール。
IMG_4191.jpgIMG_4857.jpg

この「山中」というネーミングは何とかならなかったのでしょうか。ここも1982(昭和57)年の京都比叡平線開通時に開設されたバス停だと思われますが、「山中町」と「山中」の区別は微妙で、慣れないひとには厳しいものがあります。どうせなら、「山中上」に対して、「山中下」とか、集落の入口ということで「山中口」、或いは西にあるから「山中西」とか、何とでもしようがあったでしょうに。

ポールはどう使い分けているのかというと、向かって左の京都バスと共用の方が京都比叡山線と京都比叡平線のそれぞれ山中バイパス経由の京都方面で、向かって右の共用でない方が、山中町経由の京都比叡平線用で、比叡平行きと三条京阪行き共用です。

これとは別に、バイパス経由の比叡山、比叡平方面行き用のポールが、バイパスを挟んで向かい側にあります↓

IMG_4203.jpgIMG_4865.jpg

ややこしい。
住宅地図によっては、この交差点の京都寄りの角にバス停のポールのマークが付けられているものもあるので、それが間違いでないなら、昔は山中町経由の京都方面行きはそこに停まっていたのだと思いますが、何らかの事情で移設されたのでしょう。
一番困るのは、山中町経由の三条京阪行きに乗りたいひとで、京都寄りの角辺りに立っておかないといけない(乗るひとを一度だけ見ました)のですが、事情が分からないと、正直にバス停の方に立ってしまい、通過されてしまうかもしれません。

下の写真は、交差点をバイパス寄りから京都方面に向けて撮りました。山中町経由の三条京阪行きを利用したい時は、ガードレールの左端の辺りからやや集落寄りで待つようです。

IMG_4868_20120505200738.jpg

この写真に写っている街灯のついた電柱の辺りから、もう京都府です。
電柱の裏側に回り込むと、滋賀県の標識。

IMG_4192.jpg

そして更に、上の写真にも写っている凍結防止剤の置かれた物置の影にこんなものまで。

IMG_4193.jpg

古い府県境の杭です。字体からして戦前からあるものでしょうか。

こういうものを見つけると何だかうれしくなってしまいます。

南側には「役行者(えんのぎょうじゃ)」の祠↓ 

IMG_4199.jpg

本名は役小角(えんのおづの/おつの)といって、奈良時代の呪術者で、一般に修験道の開祖と言われています。いつからある祠なのでしょう。何人の旅人を見送ったのでしょう。白川の紅葉を見ながら、山を下ります。

IMG_4197_20121203205441.jpg

次は、岩坂です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/574-03bb4b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック